50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
ささやか
at 2017-04-26 09:18
アニバーサリー
at 2017-04-25 09:31
ナイトメア
at 2017-04-18 17:08
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

膿を出す人

人間が排出できるものといったら、おしっこやウンチや汗や涙や、あるいは耳や鼻からの。うちの息子、それにプラスして皮膚から膿が出るんです。

アトピー治療で使用していたステロイドの副作用から脱出するため、いわゆる「脱ステ」を自己流でスタートさせた2年と数ヶ月前。激しいかゆみ、むくみ、リンパ液が染み出てジクジク。それが過ぎると湯船の表面を覆い尽くすほどの皮膚の落剥、眉毛はなくなり、顔中のかさぶた、鼻につくリンパ臭。皮膚が張って起き上がることさえ困難で、高熱が数日続いて学校は休みがちに。そして改善に向かったとほっとしたら、またはじめから。

そういうサイクルを何度か繰り返すうち、わかってきたのです。熱が出たと思ったらぐっと改善すること。そして、皮膚から膿が出ること。最初はドロッとした目やにが出ていたのが、傷もなにもない脚や腕から膿がドロッ。一番酷い状態から回復傾向にあった時にはおなかとか胸とか、いろんなところから膿が吹き出したのだそうな。
先日、ちょうど学校が休みの日に38度程度の熱を出してゴロゴロしていた息子。保湿のために手放せない生薬クリームを切らして、安定していた状態からまた皮膚の状態が後退したせいでしょうか。クリームが届いて3日ほど経つと今回の発熱、そして膿、改善……

「人より排出機能がひとつ多い」と笑う息子。またトンネルの中ではありますが、出口まであとわずかとなり、ちょっとくらいの皮膚炎じゃこたえません。ステロイド性の白内障と診断され、受験期はほとんど見えない状態で教科書に向かうことになったのも昔。手術しか手立てなしと言われたのに、なぜか今では普通に見えて生活に支障なしという「???」な状態なのです。
人間のからだって不思議だわ。





[PR]
by miraicci | 2012-03-08 09:36 | 健康生活 | Comments(2)
Commented by おばおば at 2012-03-08 17:17 x
私の友人も、喘息の薬を飲むのをやめてから全身が似たような状態になって、かさぶたが取れると肌が綺麗になって、関節の動きも良くなる…というのを繰り返して体が改善してきたようです。体に溜まっていたものが出てきたのでしょうか。
Commented by miraicci at 2012-03-08 18:41
おばおばさん!喘息の薬、ステロイドですから一緒です〜
ステロイドの本には必ず「使用をこわがるのはよくない」とか「使い方を間違わなければ」とありますが、これはホルモン剤なのだし、体内に物質をためこむことになる薬ってどうよ!!と思います。韓国などはステロイドを医師が避けるのだそうで、日本でこれほど蔓延してるのは製薬会社との関係があるせいなのかなーと不安になります。