50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
しいたけちゃんに教えられたの..
at 2017-09-20 14:31
素材集めもたのし。
at 2017-09-06 10:29
子どものように自由に描く日
at 2017-08-31 00:09
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

言いなりにならないカナダ人

昨日は私の誕生日。ほしいものはないし特別なディナーも必要ないからと断り、普通に山に泊まってきたらいいよと言っていたのに、心優しいBは「だってあなたの誕生日なんだよぅ」と1日一緒に過ごすという。前日の土日は一緒に山で1泊してきたわけで、いやいや、もうべったりと過ごす理由はないんだけど。で、同じ部屋でただただのんびり過ごした昨日。

私は仕事したりあれこれ用事したり。Bは長時間PCでお勉強。山小屋に窓を取り付けるため、どういう方法がいいかを調べている。YouTubeってほんとにすごいなぁ。家一軒建てるのも、これを見て勉強したら大体できそうな(実際、山仲間のイギリス人はド素人のくせにこういう情報だけで建築中。すばらしいのができている)。それから世界のきのこ栽培のあれこれ。これもおもしろい情報がいっぱいあって、日本の常識を遥かに超えている。しいたけはアジアのきのこだけど、世界にはきのこの栽培おたくのような人がいて「おれはしいたけマッシュルームをこうやって作ってるんだよー」と紹介している映像も。ほだ木なんて積んだり並べたりするもんだという常識がぶっ飛ぶような、吊るして育てている人までいて、なんで???と。Bは「なるほどー。これで虫の問題はないねー」と笑っていたけど、どうやったら「吊るす」というアイデアがわいて来るんだろう。世界のきのこギークたちは自由。

そんな中に、すっごく楽しそうに自分の菌床栽培のあれやこれやを紹介する人がいて、見ているだけでも「この人、根っからきのこが好きなんだな」と。そしたら、その人こそまさにBの心の師。カナダできのこ研究をしていたときに、大学内に専門家がいなかったことから学外の専門家や資料を頼っていた、その中のひとり。
実際にコンタクトを取ったことはないそうだけど、彼の著書はボロボロになるほど読み込んで、彼の研究システムを参考にラボを整えたりもしたんだそう。普通なら設備を整えるのに数千万とかかるため、大きな研究機関や一部の研究者にしか研究のチャンスがないところ、この方は数十万程度で研究設備を整えられる方法をあみだした上にそれをオープンにして、多くの人に研究の機会を与えたのだと。
そのおかげでBは大学のラボだけでなく、自分で研究部屋を作ってきのこ研究を続けることができたらしい。今もこの方を敬愛していて、今でもきのこ栽培の参考にしている。

それにしても、世界のきのこ栽培はほんとに自由。日本では生産をサポートする団体からの指導や、生産者のアドバイスなどで次に受け継がれるんだろうから、なかなか斬新なアイデアというのは出にくいし挑戦しようとも思わないんだろうけど。Bは「なんで日本人はいつも先生が必要なの?」と不思議でならないようで、自分で調べたりアイデアを出して試すということをしないで正攻法ばかり追う姿こそ奇異みたい。
てことで、奇策も多いかもしれないけど、Bのつくる原木しいたけは、やっぱりおいしいと思う。自然にまかせず、水やりをすることでプルプルは生まれたし、ほだ木をきちんとメンテナンスすることで害菌からも防げているんだろうと今はわかる。今、しいたけ収穫小屋に小さなカエルちゃんに住んでいただき、虫退治に一役買ってもらってるとこ。そういえば昨日見ていた映像の中にも、同じようにカエルで虫対策しているアメリカ人の姿が!

ほんと、世界のきのこギークはおもしろいな。




1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2017-05-23 12:34 | グリーンライフ | Comments(0)