50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
絵を描くせいかつ
at 2017-12-07 09:46
美しいものを見るのはしあわせ..
at 2017-11-30 10:18
生産者は疲れている
at 2017-11-01 17:59
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

カテゴリ:健康生活( 107 )

お茶をつくるという習慣

b0250223_10562144.jpg
今年分のドクダミ茶、完成。
庭に生えたのを抜いてよくよく洗って干して軽く炒って、、だけのこととはいえ、最初の「洗う」というのが結構時間かかったり(根まで使えばいいようですが、そうなるともっと洗うのに手間がかかるので、私は根のところはチョキン)。干している間に束が崩れがちで、緩まないよう締め直したり、天候に気遣ったりなので、面倒くさいといえば面倒くさい。
1年分を作ろうと思うと何度かにわけてこの作業を行うはめになるので、今年はその元気がなくて2ヶ月分程度か。その前に作ったヨモギ茶も少量だったので、ちょびちょび使って残りはわずか。ただの草で作るのだからとはいえ、この手間ひまはまあまあの労力です。

ドクダミ茶はドクダミの花が咲いている頃が作り時。
庭に群生しているのは草抜きしない「手抜き」じゃなくて、これがわが家の茶畑だから。この茶畑にまだもう少しあるから、よしっとがんばって洗って乾かそうかな。雨が続く前の今がいいタイミングかも。
もうひとつ、ビワ茶もわが家の大事な日常の飲み物。こちらは実が終わって次のエネルギーを蓄える(から?)冬の葉がいいそうだけど、最近、実の収穫と一緒に取れる葉が捨てがたく、これをいくらか乾かしました。
今年は大豊作だったビワ。栄養はすっかり実の方に行っているから、葉への成分は期待できないことは承知の助。ま、そっちの方は諦めてもあまりあまる魅力よ。なにしろビワ茶のおいしさったら!甘い香りと優しいオレンジ色、薬草というような強い癖もないので誰にでも飲みやすいと私は思う。

身近な植物でお茶。これ、いいと思うんだけどなかなかまわりの人にも浸透しないのがね〜
農薬は使っていないし、自分の手で摘んで洗ってという安心感もあるしね。
私はたくさん作って、すぐに飲みきれないのは冷凍庫へストックして使います。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2017-06-05 10:59 | 健康生活 | Comments(0)

高齢者福祉って

土曜は「サワコの朝」から始まる私。今日の対談相手は中尾ミエさんで、69歳の彼女からの視点というのがおもしろく。人間どこに才能が発揮できるかわからないのだから、自分で制限を設けず新しいことにチャレンジしていくことや、どんどん人に会って話かけること。いくつになっても自分のことはわからないし、学びは次々出てくるもんだと思うようになった50歳にはいい刺激だった。

特におもしろかったのは高齢者福祉に関すること。私も常々思っていたのですが、高齢者というくくりで音楽企画をするときに、選曲のメインとなるのが童謡・唱歌というのはどうなのか。中尾ミエさんの年齢にしたって「私たちはビートルズを聴いて育ったの。唱歌なんて逆に知らない」って、そりゃそうだ。80歳に近い父も、私が子ども時代に見つけたカセットテープやシングルレコードは、ビートルズとハリーベラフォンテと越路吹雪だった。そんな思いからヘルパーやデイサービスの入居者を主役に、ミュージカルをプロデュースしているという。そのひとつ「ザ・デイサービス・ショウ」は、デイサービスのお年寄りたちがロックバンド作って自分たちの音楽を楽しむ話らしい。なんだかおもしろそう。

もう10年くらい前になるのか、介助ヘルパーの仕事をしていた友人のお母様と話したとき、高齢である自分だから高齢者に寄り添えることがあると。若いヘルパーはその世代が口ずさめる歌なんて知らないから、一緒に歌って楽しむことができない。介助しながら、お年寄りからふと出てくる懐メロに合わせて歌うととても喜ばれるのだと。いつ聞いたか忘れたけど、慰問のごとくやってくる演奏家からクラシックを聴かされても退屈なだけ。あれは演奏側の自己満足だなという話も。たしかに。車椅子で会場に連れて行かれて、きれいだけど興味もない演奏中じっとしておくなんて私だっていやだな。「ふるさと」とか歌わされちゃうんだろうか。どうせならパートを分けてゴスペルにチャレンジくらいさせてほしい。
私が福祉サービスのお世話になるときには、意識も進んで、こういう環境も整っていますように。





1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-02-13 09:10 | 健康生活 | Comments(0)

更年期世代

友人との話題で増えたのが更年期障害のこと。あぁ、そういうお年頃。先輩方の「ほてって汗が止まらなくなる」だの「冷えが辛くて」だの「イライラが尋常じゃなく」だの「体を起こせないほど疲れが」など、他人事のように聞いていたのに、同世代の友人たちが同じこと言うようになっててびっくり!ついには私より歳若い友人からもちらほら。幸いまだ私には症状は出ておらず、このまま乗り越えていけますようにと祈るのみ。

そんな友人とのやりとりから、ホルモンバランスのためにはご主人とのスキンシップは大事なんじゃないかなぁという話に。オキシトシンというのですか。夫のハグが得られないのなら犬を飼うか、もふもふのぬいぐるみを抱きしめるか、、、、いや、なんかそれは虚しいか。別に夫でなくとも、手をつないだりハグしたりする友人がいれば理想的かも(←そのくらいは浮気じゃないでしょと私は思うのですが、人によってはこの程度でもダメっていうのかな???恋愛的な気持ちはゼロでもオキシトシンには関係するはず…)。
私の話。大好きな人と過ごす時間は割とベッタリくっついていますというと、それはとっても意外だったようで、そんな私は以前なら想像できなかったと。あー、そうか。私、それだけ女子力が足りなかったということです。確かにかつての空虚な結婚期間では、スキンシップなんて夫婦間では一番必要ないものくらいに思ってたし、いつも同じデニムとシャツで、アクセサリーもつけず、靴は歩きやすさ優先でヒールなし。まるで女という性を捨てたような期間が10年あり。離婚して心機一転。できるだけスカートでヒールでなにかキラキラするものを身につけてなんてやってると、恋でもしようかという気持ちになるもの。友人としてぎゅっとしてくれるメンズもおり(離婚してからハグをよくするようになりました。素敵なあいさつ!)、オキシトシンはたぶん足りてる(笑)

友人に言ったこと。更年期障害解消のために手をつなぐかぎゅっとするか、せめて頭なでなでで協力してもらいなよ、と。やっぱりね、そういうのは大事と思う。今さらだけど。







1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-02-09 19:13 | 健康生活 | Comments(0)

生かされている私たち

息子、微熱がなかなか下がらずしんどそうと思ったら、目が開けられなくなったという。現物の症状を見たことはないけれど、うっすらとぼこぼこした感じと痛みがあるというので「帯状疱疹かもよ」。翌日病院に行かせたらやはりそうでした。

症状が出て3日目。目の真上が酷く、塗っている薬が盛り上がっているのかと思っていたそれは大きな水疱。痛いんだそうですよ。熱のせいかむかむかするのに吐けないから気持ち悪いんだって。処方薬ではこの調子なので、私なりの対処法をプラスすることにして、自然療法の本を調べて今回はスギナを使ってみました。飲むのと貼るの。しっかり体内から毒だしするのは大事ですもんね。

今回の症状はきっとメッセージでしょう。昼まで寝て、食事も摂らずに慌てて支度して学校に行く(今年度受講している講義のほとんどは午後からなんだそうな)。そのままバイトして、その後でサークルだ友人とのつきあいだはまあ大学生なのだから普通のこと。ただ、その流れで飲みに行けば限度を越え、普通に帰宅しても夜中に飲んだり食べたりしながら友人とのLINEや制作や。そして、朝方寝て、また昼起きる一日。
太陽の動きに合わせて、自然にサイクルを戻しなさいと言ったところで聞く耳持たず。。。。の結果がこれなんですから、自業自得ってことは本人が今痛感していることでしょう。体を思えばあれこれ苦言を呈したいところぐっと抑えていたら、神様がちゃーんと知らしめてくれました。
思うんですよ。「他人のため」だの「寝る間を惜しんで」とか、一見身を挺して働く人がいるけれど、一番身近な人である「自分」を大事にできない人がまわりを大事にできるわけなんてないって。私はそういう人を信頼しない。夜更かしの理由が、サークルのため、作品を待ってくれてる人のためであったとしても、それだけ頼りにしてくれている人がいるのならなおさら我が身を一番大切に扱わなくてはいけないの。そしたらわざわざ「ナントカのため」って思わなくても、自然にまわりを大事にできるようになるから。

6月の空。この宇宙の中で、私たちは生物のひとつとして生かされていることを忘れてはいけないね。
b0250223_954797.jpgb0250223_953864.jpgb0250223_952969.jpgb0250223_951926.jpgb0250223_95321.jpgb0250223_945436.jpgb0250223_944557.jpgb0250223_943762.jpgb0250223_94286.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2015-06-28 09:18 | 健康生活 | Comments(0)

きれいな生活

40代は食べるものや皮膚から吸収するものに気をつけて生活改善に力を入れた。「あれがいい、これがいい」というのを一生懸命に取る前に、毒性のある不要物で体をドロドロにしない方が先に決まってる。ヘドロだらけのところに澄んだ天然水を注いだって、結局はドロドロのえさになるだけなーんて考えたのだ。
発がん性のあるもの、アレルギー性のあるもの、細胞を老けさせるもの。この数十年の間で生まれた化学物質を分解・排出できるほど人間の体は進化してないのだから、それらを体内に貯めてしまうことのないよう、洗剤もシャンプーも化粧品も調味料もすべて信頼できる天然由来のものに換えた。お米も野菜も作り手の見える有機無農薬へ。安息香酸とかパラベンとかずっと毒性がいわれているのに絶対に禁止にはされない化学物質や、肥育された肉や魚に大量に摂取させられている抗生剤や、諸外国に比べて散布量が多いといわれる農薬や。そりゃ細胞から病気にもなるって!そう考えて行動しない方が私にはヘンだと思うんだ。

「健康」を基軸に40代を過ごして、50代から老後へ向けての土壌を作ってきたつもり。「この時代、自然のものだけっていうのできないわよ。できたとしても、そういうのってお金かかるでしょ?」という人もいるけど、そうかな?というのが私の感想。もっとも、そういう人ほどエステやサプリにお金使ったり、外食やファストフードの利用も多いということも見えてきたから、理由はお金云々じゃなくてただの価値観の違いなんだよね。でね、年月を経て、そういう価値観でやってきてた同世代の毛穴の開き具合や吹き出物や病院通いを見るにつけ、「ふふふ、それが結果なのだよ~」と声がここまで出ている。←あ、私の体内にはまだまだ毒が詰まってた!

きれいなものを選んで食べる。そんなに手は込んでいないけど、食材や調味料は見極めたい。果物だけはなかなかちゃんとしたものが手に入れられないのが難点ですが、それも農薬を排除するひと手間を経て口に入れています。

6月に食べたあれやこれ。

b0250223_21404046.jpgb0250223_21403043.jpgb0250223_21402141.jpgb0250223_21406100.jpgb0250223_21395659.jpgb0250223_21394590.jpgb0250223_21391462.jpgb0250223_2139576.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2015-06-15 21:45 | 健康生活 | Comments(0)

細胞

少し上世代の女性ディレクターさんが「流行は変わるのにいつまでも20代の感覚ってことない?だからこの年になって、何をどう着ていいかわからない。そんなことない?」。あー、わかるー。上下の組み合わせや重ね着は、コーディネートのセンスが問われてしまう。だからもうセットアップの仕方に自信のない私はワンピースばかり。感覚も好みも若い頃から抜けていないから、今それをやると結構悲惨。

そんな話から、シミが濃くなっただの歯並びがガチャガチャになってしまっただの。
知り合いの還暦過ぎもシミをレーザーで薄くしたという。もうそろそろ歯が抜けるんじゃないかというこの年齢になって歯科矯正しようか悩んでいるという話も聞く。こと審美性に関しては、女性はいつまでも気にするものなのよ。「もうおばさんだからどうでもいいの」は、そう言ってるだけ。

おばさんの入り口の頃は、お化粧の厚さでごまかせたものも、だんだん難しくなってくるんですよ。だいたい50歳の私。この年になってみると、隠すのではなくて根本から変わることが肝心だったのだなーと思うことしばしば。石油由来のケミカルなものをパッとやめて自然派になったのは幸いだったな、と自分の選択が正しかったことを感じることも増えました。左頬にあった濃いシミは化粧焼けだったのか、自然になくなっちゃったし。ファンデーションも塗ったり塗らなかったりができるのも、この年齢にありがちなどす黒さがなくなったゆえ。40代になっての自然派デビューという遅めの選択でしたが、細胞は日々変わるものだから決して遅すぎではなかったのだなと思う。
徐々に老いていくことは受け止めるとしても、わざわざそのスピードを速める生活しなくたっていいもんね。ビタミンEだ抗酸化だのとサプリメントを摂りながら、細胞を老化させる成分入りの化粧品を使うナンセンス。なんか間違った時代だなと思う。

私は自然派で生きていこ。恋をすることも大事。細胞が元気であれば、多少の服のセンスはカバーできると信じて。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-11-09 09:30 | 健康生活 | Comments(2)

プチ整形的な。

あれー?・・・私の歯ってこんなカタチしていたかしら???と思い始めて半年。きっともう少し前からこんな状態だったのでしょうけれど、ほら。もう自分の顔なんて化粧する時以外しか見ないから。若い友人とのツーショット写真にうっすら違和感をおぼえたのが最初。私の笑った顔ってこんなに老けてるの???シワの方は仕方ない。気になったのは口の中。口元の老け感がほうれい線や頬のたるみだけの問題じゃない。歯が、なんか見え方ちがーう!!!!
なんというのでしょう。斜めに生えている状態が前より進行して、前歯がまっすぐなラインじゃなくて斜めに下がってきたような。それがだらしない印象に見えて、おばさん度も50%増しにしているように感じるんですよ。←自分の老けっぷりをもう全部歯のせいにしちゃいますけど!

年齢と共に歯の隙間やゆがみや伸びが出てきてカタチが変わってくるというの。美容的なことだけじゃなく当然かみ合わせにも影響あるだろうしなどと思うけれど、今さら歯科矯正もないもんだとあきらめていたのです。が、昨日のこと。歯の治療をすることとなり、そのついでにおそるおそる相談してみたところ「少し削るだけでも印象変わるかも」と。えーーー!!!!やりますやります。それ、やってください。あんまりやっちゃうと美人になりすぎるよというのを素直に「そりゃそうだね」と納得して、ほんの少しだけ長さを調整して、面を薄く削って自然なカーブをつけてもらうことに。
チューン、キューン、ゴゴゴくらいの本当に本当に少しのことなのですが、手渡された手鏡を見て「おーーー」。そうそう、私の歯は決してまっすぐではなかったけれど、やっぱりあんなり曲がっちゃなかったよ。これこれ、もう少し若い頃はこんな感じだった!!!
さすが神!もう日本の名歯科医100選に推薦しちゃう!こういうのって腕以上に感覚的なことも大事だと思うのですが、違和感なくいい具合にしていただけたのは先生の高い審美眼のおかげか、と。


と、いうわけであっさりと若さをてに入れた私です。えぇ、プチ整形気分です。
帰ってから鏡の前で高笑いしたのは言うまでもありません。息子に「見て見て!」と言っても「???」だったので、他人様はそれほど口の中なんて気にはしてないんでしょうけれど、当人にしてみたら大きな変化なんですってば。


そーねー。こんなに若返ったんだから(←言い張る)、あとは痩せてキレイになるだけね。昨日、体重計乗ったらまた1キロ記録更新していてオーマイガッ!夜、4キロのウォーキングコースを2回歩きましたわよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-02 09:08 | 健康生活 | Comments(0)

掃除も健康的に

築30年ほどの経年による汚れは諦めなければならないことも多いのですが、こざっぱりとだけはしておきたいので「それなり」程度の掃除はします。今日はお風呂。天井の汚れをしばらく見て見ぬフリしていましたが、今日は重い腰を上げ、、、(^_^;)
天井ってみなさんどうやって掃除してるんでしょうか。私は長い柄のブラシに洗剤をつけてゴシゴシ、シャワーでジャー、柄のついたスポンジでキュッキュ。ずっと以前はこの作業を市販の風呂用洗剤でやっていたので体については困る〜とか匂いが〜とかいろいろ問題ありましたが、完全に自然派に移行した今は安心。噴射力抜群のスプレーボトルに薄めた天然系洗剤を入れてシュッシュッ。匂いや肌荒れなど不安な要素がないので、その真下で何も気にせず作業ができる快適さったら。

不思議ことに。強力なカビ取り剤を使っていた以前には、キレイにして間もなくすると黒ずみが出てきて、お風呂掃除をさぼるわけにはいかなかったのですが、それをやめてしまったら黒ずみが全然出てこないのですよ!!!これは私だけじゃなくて、同じように自然派の洗剤にブランドチェンジした人がみんな言う。タンパク質とむすびついてこびりついちゃう石けんとか強力な洗剤とか、汚れの原因って「きれいになる」と信じているものにあるんじゃないのかなぁ。しかも体につかないようにとか換気をよくしてとか人体にとっても危険だし、排水後の環境に対する影響を考えると、ねぇ。

石けんは使わない。石油由来の危険な洗剤やシャンプーも使わない。そのおかげで掃除も随分サボれています(^_^;)
もし強力なカビ取り剤とか使われている方、しばらくそれ、やめてみてはどうでしょう。私と同じ自然派の勧めるわけではありませんから水洗いだけでも。あんまりCMのいいなりになるのはどうかと、この仕事してても思うんですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-08-17 23:43 | 健康生活 | Comments(2)

いのちのこと

闘病から数年を経てもう癌を克服したかと思っていた友人が再発したと伝え聞く。何年か前に「治ったとは言っても不安なのよ」と相談を受け、病気のことは医師にまかせるしかないけれど、癌になったということはなりやすい体質と心得て、発がん物質を避けるとか免疫力を高めるとか健康に留意したらいいねと話していたのですが。いつも思うのは、そこで止まる人の多いこと。よかれと思う情報であっても流されてしまうなら意味はないのかなと、疎まれる前に口をつむぐのが私。

子どもさんの年齢を考えても、まだ生きてもらわなくちゃならない彼女。活性酸素のことや不安な化学物質の蓄積、それらをいかに取り込まずに日々健康に気をつけるためのことはある程度はアドバイスできますが、病院嫌いの私ですから医療のことは。あ、そういえばいい友人がいた!と、抗がん剤の開発にも携わる友人のことを思い出す。今の自分にはそんなに関係ないので、どういう治療法があるのかフンフンと聞き流していたことを少し詳しく聞いてみると、ほーなるほど。癌治療っていろいろあるのですね。かつて病院では放射線だの化学療法だのしか選択肢がなかったのが、ホリスティック医学を積極的に推進しているところも増えているのでしょう(岡大病院が中心になる岡山はそのあたりが少し遅れて旧態依然とした西洋医学に頼りがちでしょうか)。
大阪にはこんなところがあるのを聞きました(探してみると岡山にも、同じ治療法を導入しているところもある!)。その人が治療にどの程度のお金を費やせるかという問題もありますが、自分の血液を使ってワクチンを作る方法もあるって言ってたかな。保険が効く温熱療法なども有効とのこと。身近な人たちの闘病から考えさせられる治療法。私自身は化学療法は拒否するつもりですが、それで治療が狭まるのではなくて、返って選択肢が広がっていくような。頼もしい友人を持ちました。そして、この情報が彼女の手助けになりますように。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-07-19 09:00 | 健康生活 | Comments(0)

課題。

来月いよいよ40代最後の歳に突入する私。キレイな50代を目指したい、、、と口では言っているクセ、油断していたらすっかりこの体型ですよ。その50代までにカウントダウンが始まるというのに。この腹、この腕、この背中。あと1年あるなんてうかうかしていたら、ホントにホントにもう取り返しがつかない、、、いやいやっっっ、再婚の道が閉ざされるぅ〜(>_<) ←←細身のウェディングドレス着る気満々!

この春先は、体質改善でおさまっていたアレルギーが再発。どうも花粉というよりpm2.5の影響が強いようでウォーキングを自粛したのも影響あり。最近は時々歩くにとどめ、外での運動量が減った分は樫木先生のカーヴィーダンスのお世話になっておりました。
しかーし。それを上回るカロリー摂取ですよ。特に趣味のない私、食べる・飲むは取り上げられたくない一番の楽しみなんですもん。とすれば、動いてカロリー消費するしかない!

で、買ってみました。

b0250223_1748136.jpg



人気DVD3枚をいいとこ取りして1枚に集約したエクササイズ。ダンス好きな人には物足りないのかもしれませんが、もう十分すぎる内容です。ひとつのプログラムで約20分。「上半身」「ウエスト」「下半身」に絞った内容で、ひとつ踊っただけで汗ばみます。
いやいや、踊るというレベルにはほど遠く、「基礎編」で講師がゆっくり動きを見せてくれるうちはまだしも「先ほどの動きに続けてやってみましょう」となると、「は?先ほどの動きって???」と1分前のことがもう思い出せず置いてかれるという具合。
ジャニーズの人たちってダンスを1回みたらすぐに覚えるというの、すごい。若いグループはわかるとして、SMAPみたいなオヤジでさえそれができるんだもんなぁ。あぁ、それになんてこと。私って相当リズム感が悪いようで、見ていた息子が含み笑いしているよ、、、なんか違う、と。

1回目には「なんじゃ、こりゃー」と全然ついいけなかったのも、2回目はなんとな〜くついていけたので、3回目以降は少しずつマシになってくるのでしょう。DVDのいいところは、何度失敗しても叱られないとこ。SAMよ、ずっとこのまま優しく指導してね。1ヶ月後には夢のように痩せている、はず。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-04-12 18:02 | 健康生活 | Comments(0)