50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
きのこ生活を満喫しておりました
at 2017-10-17 11:08
しいたけちゃんに教えられたの..
at 2017-09-20 14:31
素材集めもたのし。
at 2017-09-06 10:29
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

カテゴリ:雑貨・カフェ( 36 )

そんなこんなでアーティスト気取り

もう止まらないのだ。
レジン、おもしろすぎる。
興味本位でちょーっと沼に足をかけたら、、、ズブズブ、ズブ、、、ああ、たぶんここは底なし沼(泣)

ひとつ作ったらまた作りたくなる。そうすると次のアイデアが湧いてくる。あんなのも、こんなのも。
b0250223_18365373.jpg

b0250223_18365329.jpg


太陽光で固めるレジン。これまでのは地道に、材料を入れてレイアウトしてはウッドデッキに置いて固めてきたけど、これでは夜の空いた時間を創作に充てることは無理。雨の日も曇りの日もストレスなく創作できるよう、今日はついにUVライトを注文してしまったよ。とほほほ。
たくさんアイデアはあるし、引き出しをゴソゴソしたら材料は十分に調達できたし、あとはイメージ通りに作れるかどうかだけ。
完全にきれいなのよりは少々いびつなのが好き。私の創作物は共通して、これ(笑)

絵も描きたい。フェルトや刺繍糸でチクチクもしたい。あー、創作意欲がこんなにあるとは。
このいびつな世界は、いつか誰かの目に留まるかな。
minneでも販売中。もうすぐレジンも登場よ〜(たぶん)。

作品はこちらにて→https://minne.com/@miraicci


1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2017-08-08 18:39 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

不思議なエネルギー

昨日はクラフト作家デビューの日(好きなものを好きに作っているので、意識としてはアート活動なんだけど、アートというようなシロモノではなく)。なんていえば大げさで、手作り品などが集まるイベントに参加させていただいただけのこと。
参加者は地元の雑貨イベントや作品展などでよく名前をお見かけする方もおられて、私なんぞが加わっていいんかな?と思うも、せっかくの機会でもあるしまあ賑やかしね。土日にある市街中心部のイベントとは違う気楽さも後押しとなり、これからしいたけ販売でこういう出展をしていくこともあろうかと、その予行演習も兼ねて。←人見知りなふたりがちゃんと接客できることも確認できて、Bも次への自信になったみたい(笑)

あいにくの雨。ほとんどの方が室内に店開きをされる中、そろそろ降ってもらいたい気持ちもあって直前に購入しておいたテントを設営。サイズも機能も大満足で、これが使えたことは結構うれしくもあり、またあまりフレンドリーでないわれらにとっては外の気楽さったら!
途中、会場側の意向で場所を少し移動させなければならなくなって、その際に展示品や持って来た諸々が濡れてしまって早々に退出ということはあったものの(雨天時ゆえ仕方ないアクシデントはあります。身体も冷えてきたところだったので、最後までいなくてごめんなさーいと勝手に店じまいしてしまいまして、、、)、音楽あり、出会いあり、楽しみいっぱいのいい経験に。
b0250223_10142714.jpg
驚いたのは、本物のきのこで作ったペンダントトップの売れ行き。これ、彩りのひとつにとついでに持って行ったものだったのに、やたらと目を引くことに。こんなことならもう少し多めに用意しておくのだったよーと。「きのこが好きなの?」と大抵は変な目で見られますが、こうして本物を見せると「あら、かわいい」となるのね。
フェルトで作った「キノコジェンヌ」ちゃんは、私が好きだなと思うものばかり手に取ってもらえたこと。やっぱりなにか発するものってあるのかな。自分で「これ好きー」と思うものがほとんど売れてびっくり。エネルギーが宿っているのか、「好き」とか「楽しい」という明るい想いはしっかり伝わるものなのかも。このエネルギーごとお持ちいただけたらいいなあ。
「お菓子みたいね」とか「おもちゃみたいでかわいい」とか、私があれこれイメージしながら作ったことをことばにしていただけたのもうれしかったこと。意外だったのは「細かく丁寧に作ってるのね」という複数のご感想。かなり雑に作っているのにそう見えるとは。私のごまかし上手もまんざらじゃないかも。

次の制作意欲につながるわー。キノコジェンヌちゃん、まだまだ作り続けるわよぅ。←すぐその気になる私



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2017-05-25 10:20 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

ぜいたくな時間

Bにどうしてもはずせない用事があり、結婚10ヶ月にしてはじめて4夜もひとりで過ごすことになった。
「えっ、あなたが!!!!!」とたぶん友人は驚くだろうけど(いやいや、いちばん驚いているのはこの自分)、信じられないほどわれらは毎日べったりと過ごしている。もうBのいない日常など考えられないようになっていて、こんなに長く大丈夫なのか?と思ったら、あっさり3夜をクリア。how was today のメールもなし。
というか、気ままな独身時間を満喫している自分にもーびっくりよ(笑)。案の定、夫がいないからとてさびしくて涙するような女じゃなかったのだな。

普段は弁当と朝食作りに追われる時間をゆっくり過ごし、コーヒーだけで朝食もおわり。昼も食べずおやつに甘い物をパクパク。夜はおかずを2品程度という気の抜けっぷり。

理由のひとつは、先日から続けている手作り時間に没頭しているから。
昼間はもちろん仕事をして、その合間の息抜きにチクチク(だから昼食抜き)。夕方仕事を終えてまたチクチク(だから夕食作りを手抜き)。夕飯のあとでチクチク(それで夜更かし)。
Bがいる普段でもこういう時間を持ったっていいようなもんだけど、ふたりでいる時はふたりでお酒飲みながら話している方がやっぱり楽しいしね。

今だけ、つかのまのひとり遊び。
b0250223_22245116.jpg


たくさん作れた。あーおもしろかった。それも今日でおしまい。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2017-02-23 22:27 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

フェルトと刺繍糸と。

最近また、破壊力抜群のものを作り続けている。
フェルトや布をベースに、刺繍糸やビーズで絵を描くようにチクチク。たわいのない作品。下描きなしで適当にざくざく切っては「こんな感じかな?」とやるだけだからいい加減なもので。それが楽しい。
b0250223_115135.jpg

子どものころから何か作るのが好きだった。お菓子の箱とか捨てられなくて、それを切って貼って塗って何かに仕立てて、それで満足してポイ。お人形の服を作るおもちゃのミシンも買ってもらった。針に糸をくぐらせるのではなくて、専用ボンドのようなのが出てきてくっつけるような仕組みだったと思う。自分でパターンらしきものを作っては端切れを切って縫って(?)いたけど、接着力が弱いから人形に着せるとバラバラに。結局、下手ななみぬいでザクザクやってたっけ。

母がとにかく器用だったのだ。子どものころは編み機というやつまであって、それでガーガーとおしゃれなニットを作ってくれていた。かぎ針や棒針でも編んでくれていて、ほどいた毛糸を私の両腕にセットしたらまたくるくると毛糸玉にしていたの。ああ懐かしい光景!
足踏みのミシンではワンピースやスカート。レース編みも刺繍も、とにかく何でもできた人。粘土やフェルトでブローチを作ってくれたり、壁に木を打ち付けて棚にするのも父ではなく母だった。

たぶんそんな姿を見て育ったから。

3歳までの記憶。祖母が小さなかわいいサクランボがたくさん並んだ生地を見せて「これ、おばあちゃんの服にしようかな」と胸にあててみせた(たぶん私をからかったのだ)。私はその布を自分の洋服にしてほしくて「そんなの似合わない!!」みたいなことを言う。片方は赤、もう片方は空色の、ふたつの実がつながったサクランボだった気がする。結局あれは、当時のやっていた化粧品店のディスプレイに使われたんだろうと思う。きれいなものは全部表のウィンドゥに飾られた。公園で母とあつめた赤や黄色の葉っぱが全部そこに入れられた日は、駄々をこねて泣いた。

かわいいパターンとか色とか、子どものころからずーっとそういうのが好きだったみたい。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2017-02-21 11:11 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

うけつぐきもの

実家の改装にともない、父が移り住む予定の離れの片付けをしていたら、祖母が大事にしていた桐箪笥の中から帯。祖母が亡くなったのは10何年か前で、形見分けというほどではないけれど着物をわけた。祖父は若い頃に呉服商で修業していたと聞いている。私が知る祖父母の暮らしは慎ましいものだったけれど、祖母は質のいいものをよく着ていたし、あつらえものがほとんどだったと思う。紫とかグレイとか地味な色中心のラインナップで、お洒落意識はそこそこ高かったんじゃないかなぁ。その祖母の帯だけど、黄色が印象的で華やかであんまり祖母の感じがしない。若い頃に普段使いしてたんかな。くたびれ感はあるから、母がリメイクでもするために残しといたのか?

処分するには惜しいので私が持ち帰るも、着物も帯も畏れ多くてハサミを入れたことはなし。うーん、どうしようか?はずかしながら、私は着物の仕組みもわからんのよ。浴衣もちゃんと着られないしね。で、図書館で着物リメイク本を借りてきて、着物の部位の名称やらほどき方やら洗い方をざっくり頭に入れ、、、、おぉ〜着物(この場合は帯だけど)ってほんとに四角い布に戻るのねぇ。この歳で驚いてるのが驚きだけど、私のような者にも伝えておかないから文化って廃れちゃうんだわ。一時の懐古ブーム的な動きも浸透して定着したせいか、着物を着る人は私の若い頃よりも格段に増えてる。それをもってしても、大正生まれだった祖母の頃からするとね。

はい。その帯を4つにカットして、襟のとこだけ切って処理して、ただ縫い合わせたワンピース。ミシンは不向きと思われるので、ひたすらチクチク手縫いすること5時間。←不器用ですからね。
b0250223_921510.jpg


粗い縫い目も適当な処理も着てしまえばわかるまいて。
軽くていいですねー。田舎のおばあちゃんがくれた丸帯とかもたしか押し入れにつっこんだまま。譲り受けた着物も、そのままではきっと出番なんてないから、ちゃちゃっと手直しして着ようかな。

かなり個性的な出立ちですが、今日はこれで外出しますか。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-08-19 09:29 | 雑貨・カフェ | Comments(2)

天然物の「錆」でございます

山で寝泊まりしているタイニーハウス(と呼ぶただの小屋。もとは物置として建設)は、昨年夏にBとBダディが建てたもの。その資材というのは、たまたま家を取り壊し中の現場を通りがかったBが「それ、要らないんだったら譲って」ともらってきた古材だ。山の一区画を買い、資材を運ぶトラックを買い、整地するためのユンボを買い。それで最低限のとはいえないけれど、とりあえず拠点づくりに必要なものは整った。貯金を切り崩しての生活だから、使い回せるものは使い回したいんだよね。パネルを買って張るだけの小屋づくりなら簡単で早いけど、Bはこういう方法をとっているから何事にも時間と労力が勝負。このタイニーハウスづくりは、古材の釘抜きからスタートしたらしい。で、その古釘はバケツいっぱいにもなって放置されていた。それがなんだか格好よくて「これ、要らないんだったら頂戴」と言うと「これはもう釘として使えないよ。どうするの???」。いやいや、このアンティーク感がちょっとそそるじゃないですか。「古い板に無造作に打ち付けるだけでもアートっぽくない?」というのを全然理解しないのがB。彼はファッションやアートには無頓着で「その感覚がないから、苦手なジャンル」という。私が好きにやるから少しだけあの釘もって帰ってよと頼んでおいたのがこちら。
b0250223_84444100.jpg

ねー、格好いいでしょうー?(一部ピカピカしているのは抜いた釘じゃなくて、小屋づくりの作業で使ってダメージくらった新しい釘)
3本セットで500円とか値段つけて「天然物の錆釘です」ってネット販売したら売れたりして(笑)と半分本気の会話。いやいや、冗談。これで何創ろうかと思案中。


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-08-09 08:50 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

フランス人のように

b0250223_18435183.jpgもうゴムスカート作りはいい加減やめようと思っていたのに。フルート練習したり本を読んだり、でも雨の日はあまりに退屈。この前購入していた布を引っ張り出したらもう手が動いておりました。ゴムスカなんて数十分でできてしまいますもん。ちゃちゃっとマチ針打って、ダーッと縫うだけ。一番時間がかかるのがゴム通す作業ね。縫い上がったピンクのスカートは、布の状態でみるより鮮やか。トップスは何と組み合わせたらいいんだろうか?と手持ちのものをあれこれ考える。こんな色のスカートなんて何年ぶりでしょうか。さすがに派手だなと思いましたが、最近作ったのはサイケデリックなきのこ柄に、黄色地に家が並んだものに、緑の葉っぱ柄に、、、とどれひとつとっても地味はありませんでしたね。友人からの評価は「あなたらしいね」だったので、似合うというこにしておきましょう。別布を挟み込んだのも「私では考えられない組み合わせ」というお言葉、それも「個性的で素敵」ということだと信じて(^_^;)

b0250223_18434028.jpg「もう年だから」と言ってしまうとすべてが台無し。年齢から着る物を探るのではなくて、好きなものを好きなように着る、そんなフランス人のように生きてゆきたいと思います。おそらくは通園バッグにすることを想定して売られていたこのはぎれも、近日中にはスカートになる運命(近日中?ひょっとしたらもう今夜かも)。乞うご期待。
[PR]
by miraicci | 2015-03-01 18:46 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

ソーイング熱

b0250223_2227383.jpgソーイングの1週間。あることが「おもしろい!」となると、一点そればかりにのめりこむ。そのときだけはとことん夢中になるのだけれど、10日もすればブームは終焉を迎えるというのがお決まり。ま、風邪みたいなもんで慢性化することはほとんどないため(きのこは慢性化していますね)、知識も技術もその程度のもん。飽きっぽい浮気性。次に興味の対象が出てくると、プイッと見向きもしなくなるという。
この1週間は何度目かのソーイング熱におかされており、ゴムスカート4着にカーテンを作りました(仕事の合間ですのでね。もし何もなければこんなもんじゃすまなかったはず)。手芸屋さんではぎれを物色する楽しさったらありません。

私のソーイングは仕事の仕方に似ています。計画を緻密に立てるんじゃなくて、まずやってみる。仕上がりのイメージをざくっと描いたら、計算したり考え込んだりしないで手を動かして先へ先へ。問題が起きればその都度対処すればいい、大事なのはイメージに近づけることとそのスピード感。仮に途中でイメージが変わったとしても、ギチギチに計算してないもんで臨機応変です(笑)。
緻密さには欠けますが、即戦力としては頼りになりますよ。ははは、仕事の宣伝になってしまいました。
[PR]
by miraicci | 2015-02-22 22:30 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

てしごと。

日曜日は朝から家しごと。
浴室の掃除にはじまり、2階和室の模様替え。届いたばかりのカーペットをうんしょと運び上げ、苦労しながら床に敷き、家具類をレイアウト。テーブルはそのうち購入する予定でしたが、物置代わりに寝室に置いていた古いテーブルにふと気づき、、、これこれ、昭和のプロカント!おじいちゃんが使っていたの。たぶん私が子どもの頃にはあった気がするから半世紀は経っているのかな。白い天板が汚れているのを(子どもの画材置きとかに使っていたのもあり、テープやらシールやらの跡がある。絵の具は取れない)、天然洗剤でゴシゴシ。お〜、かなりすっきりした!

b0250223_14512665.jpg工具を出して棚を取り付けたり、男らしく働いたあとは、おさいほうの時間。部屋のカーテンか何かに使えないかしらと買っていたはぎれをスカートにすることを思いつき、カットしてまち針打ってミシンでガーッ。あっという間にゴムスカート完成。簡単でいいね。これからまた服作り始めようかな。え、あ。この程度は「服作り」とはいいませんか。


b0250223_14522437.jpg楽しいしごとの手は止まらない。ビーズをジャラジャラとパーツに入れて、レジンで固めたペンダントトップ。
使わないかもしれません。ただ作るのが楽しくて。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2015-02-16 14:58 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

きのこゆびわ

今日は雑貨屋さんの取材という、小躍りしそうな仕事!
キレッキレの営業様のお計らいで自然食ランチをごちそうになり、もう仕事前からやる気満々(笑)
取材嫌いな私が嬉々として仕事できるのも、「楽しんで仕事しましょう!」という彼のスタンスのおかげ。本当にモチベーションの上げ方うまい。またやられた(笑)

で、はじまった今日の取材のこと。


以前からお客として出入りはしていても、なかなかお店の方と話すには至らないものでしてね、私。それもこれも人見知りゆえでのことで、他にお客のいない間の悪さったらなくて、ちょっと「これいいですね」なんて声に出せばいいものをそれができない。が、一転仕事となると「だって取材ですからー」という顔をしてアレコレ聞ける。この仕事、人見知りにはいいのかも。

取材をしながらも目は商品。雑貨屋はきのこモチーフのものも人気なので、ああっ、こんなのが!!!というのもあるのですよ。はい、仕事のあとではお客さんの顔ですね。買っちまいました。すぐつけますから〜なんて言って。

これ。
b0250223_22575274.jpg


どこの国のでしたっけ?子供用のおもちゃリングだそうです。小指くらいかなーと思ったら、薬指にぴったり。左手は「いつか」のときにとっておくとして、右手にはめました。はぁ、可愛いわー。どうしてくれよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-17 23:03 | 雑貨・カフェ | Comments(0)