50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
きのこ生活を満喫しておりました
at 2017-10-17 11:08
しいたけちゃんに教えられたの..
at 2017-09-20 14:31
素材集めもたのし。
at 2017-09-06 10:29
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

<   2012年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ラッピング

友人から届く郵便物のパッケージがすごくかわいらしくて「あれ、いいね」と言ったら本人の手作りでした。紅茶や雑貨好きな彼女、アフタヌーンティーは行きつけのようで店頭のフリーペーパーをいつも持ち帰るのだと。写真が素敵なので捨ててしまうのは惜しくて、封筒にしたり差し上げモノの包装に使ったり。で、私もマネしてみることにしました。
可愛らしくてついつい買ってしまうマスキングテープも使うと、簡単に包装しているだけでかなり見映えもよくなります。納品のお届け物を包むだけでイメージも変わります。楽しくてあれやこれやラッピングしているとあっという間に時間が経ったりして。
あ〜楽しいわ。

[PR]
by miraicci | 2012-02-29 21:07 | 雑貨・カフェ | Comments(2)

健康食のウソ

粗食の提唱者、幕内秀夫さんの本を読んでいます。『「健康食」のウソ』という一冊、昨年秋に出版されたPHP新書です。
幕内さんの勧める食事はシンプルなので取り入れやすいのがポイント。「健康のために食事を見直したい」としても、「これを多めに」「あれは絶対ダメ」なんて言われると初っぱなから続けられない気がしますが、おそらく普通の日本人が普通の生活で食べているだろう食事を少し改善するだけで、理想の形に近づけられるのが幕内さんの勧める「粗食」です。
どうして油がよくないのかとか、パン食が勧められないのはなぜなのかとか、理由も納得しやすいもの。健康番組で「これが健康」と1品をまつりあげることの無意味さや、長寿と食が関連づけられるのは本当なのかとか、真実は別のところにあることを教えられます。

この本を読む前に私は幕内さんの数冊を読んでいるので誤解することはありませんが、所々に感情の混じった強い表現(だから私は前からこれは違うと言ってんだよ!!的な)が出てくるのは少々気になりましたが、健康をうたう食に関した質問に答える形で構成されているので簡潔。
トクホ指定されてる食品はどういうものか、ヨーグルトは本当に腸をキレイにするのか、一日30品目食べる必要はあるのか、青魚で頭はよくなるのか。粗食の良さを深く知りたいなら別の本を薦めますが、さらっとQ&Aで読むにはもってこいかも。




[PR]
by miraicci | 2012-02-29 18:07 | | Comments(0)

奉還町

私が生まれ、幼少期を過ごした「奉還町」をブラーリ。
商店街なのに日曜日は定休日という店が多くて、休日に初めてここを歩いた人は「シャッターがこんなに閉まって廃れてるの?」と思われるかも。でも、私にはこの自由さがたまりません。うちはたまに来る人のために開けてんじゃないのよ!という気骨でしょうか。
路地に入ると何十年も時代をさかのぼったような風景。わざわざ「三丁目の夕日」を観て郷愁にふけらなくても、ここに来ればいいのにと息子は言います。



[PR]
by miraicci | 2012-02-26 21:47 | 日常のあれこれ | Comments(0)

大判ケープ

季節モノがバーゲン価格を超えて「底値」。お買い得感いっぱいな上、まだまだ冬物は活躍する時季なのでネットでお買い物。この1カ月ほどどうかしている。ワンピースを買い、ロング丈スカートを買い、ブーツを買い。生活に余裕はないと言いながら仕事で少しくらいは見栄を張る必要もある。カリスマ性がない分、着るものでなんとか見映えをという魂胆。
で、なんとなくネットで洋服を見ていたら、かわいいケープを発見。軽く羽織りたいけどコートほど真冬っぽくなく、かといってカーディガンだけは寒々してるし、、、、という春先にはもってこい。購入者のコメントでは「写真と色が違いすぎる」だのあまりウケがいいようには感じられなかったけれど、この言い分通りに写真より濃い感じなら私は返って嬉しいわと注文。昨日届きました。うん、思った以上にいい!

せっかくお洒落にも意欲が出てきたんだから、そろそろ引きこもりを脱出しなきゃね。スッピンもやめて、口紅くらいつけとこか。ネックレスもね。
今日は日曜。どこかをブラブラしようかな。



[PR]
by miraicci | 2012-02-26 09:25 | 日常のあれこれ | Comments(0)

伝える仕事

食べてもない味を表現したり、行ったこともない観光地のうんちくを書けるほど、私は結構なタマです。
イメージして表現するのが仕事なのだし、ウソを書いているつもりはありませんがスレスレのところなのかもなぁと感じるのも事実。クライアント様の組織や商品をよりよく売るためのプロモーションなのですからマイナスを正直に言うわけにはいきません。「あれれ?」と思うところにはフタをする分、少しでも光るところがあれば、ある程度の脚色を加えて磨くのが広告だと思うので。

いろいろ足して、本当のところを包み隠すようにして見せている広告が多い中、飾らずそのまま表現してあげたいわ〜という会社やお店や商品に出合うと嬉しくなります。誠実な人ほど表現下手なのでしょうか、「ああ、もっとここを強調したら伝わるのに!」と誰にたのまれるわけでもないのに勝手にコピーを考えたりもしてしまいます。
そんなお店が東広島にひとつ。
友人が「最近のお気に入りのお店の」とクッキーを送ってくれたのが2,3年前だったかな。素材を選び不要な添加物を使わずに作っているというそれは、いわゆる「自然モノ」だけを売りにしたそっけない味ではなく、クッキーとして絶品(味のバリエーションも豊富で、私が特に気に入ったのはカレー風味の)。お店を訪ねたことがないので他のラインナップはわかりませんが、女性店主が「自分の子どもに食べさせたい安心・安全なお菓子を、他の方々にも同じ思いで届けたいから」という心意気で作られているのが伝わってきます。

先日、友人が送ってくれたこの店の「ミニ通信」によると、使用する小麦粉は地元で牛の堆肥で育てた無漂白のものだったり、野菜は自然農法で育てたもの、菜種油、甜菜糖と、原価を考えるとクッキー一枚を売るのにもなかなか大変だろうなというのがわかります。選択の基準が「値段」という人が多いだけに、「どういう思いで自分はこの商品を作り、こんないい材料を使っています」というのを上手に伝えていかないと、お店の存続というのにかかってきますもんね。
こういうお店にがんばってもらいたいし、自然に応援したい気持ちにさせられます。東広島の「シャンボール」さん、お近くの方はぜひ。行ったこともないのに勝手に広告(^_^;)


あっ。友人がここの焼きドーナツ送ってくれてるそうですよ。次回「みらいカフェ」にご参加の皆様、お楽しみに。





[PR]
by miraicci | 2012-02-25 10:08 | しごとの風景 | Comments(0)

けんか

他人は変えられない、変えられるのは自分だけというのを心にとめて行動してはいるのですが、それにしても気になるのは息子の日常生活に垣間見えるいい加減さ。
毎朝布団は干すし自室は自分で掃除するという、男子にしてはアッパレなきれい好きさは言うことなしですが、何しろ時間にルーズ。部屋はキレイでも、それが内面のだらしなさにつながっているといいますか、テレビをいつまでも見続けるとか朝食をとってまた寝続けてギリギリに準備をはじめるとか、そういうダラダラさについ小言も出ちゃうわけですよ。
で、今朝また「これ、一回で聞いてくれてたならこっちも二度と言わなくていいんだよ」と思いながら強めの小言。口答えに冷静に正論で返し、あとは口をギュッと閉じて送り出した。はー、疲れる。

時間がないからあれができないこれもできないという間に、私は誰よりも早く起きて家事をこなして仕事をして入院中の姑を見舞って舅にごはんを届けてるよ…と思うと、誰のためでなく自分が納得するからやってるだけなのにフウッとため息。そういや、飲み会なんて何ヶ月も行ってない。仲間と外でランチ会もしてない(仕事は別ね)。うるおいのない生活なんだよなぁ。

いかんいかん、ちょっとギリギリかも。
パーッと発散できる飲み会したいなぁ。それか日曜までどこかへプチ家出もいいのかも(つまりそれは旅行ですね)。何もかも肩の荷を降ろして、犬だけつれて好きな場所に行けたらどんなに安らぐかなぁ。あ〜。今夜だれか私を連れ出して〜






[PR]
by miraicci | 2012-02-24 10:13 | 日常のあれこれ | Comments(4)

乾物料理

妹に見せてもらった乾物レシピ本を思いだしながら晩ごはんを作ってみました。
この本、乾物をもどすひと手間を省いて調理するというもので、レシピも豊富で簡単。一冊持っていてもいいかなーと思える内容でした。それをササッと目を通して「たしかこんなんだったはず」という程度で作っているので、もしかしたら本とは全然違うものができてるのかもしれませんが。

高野豆腐をさっと洗って切り、薄切りの豚肉を巻き付けます。軽く小麦粉をまぶして焼き目をつけ、水を加えてしばらく煮ます。調理しながら「もどす」ということですね。最後に味付けして完成。適当に作ってみましたが好評!お弁当のおかず用にも取り分けました。

その前に、麩を使ったレシピも試しています。普段は牛乳を買いませんが、ミルクティーが飲みたいというのでたまたま購入していたところ。たしかレシピに「牛乳とバターをチンして溶かし、その中に麩を入れて、、、、」というのがあったのを思い出して。水の代わりに牛乳&バターを含ませ、グラニュー糖をまぶしてオーブントースターで焼くというようなのだったと思いますが(違うかも。グラニュー糖は後で絡めるのかな???)、わが家はバターもストックしていないのでアレンジしてたら完全オリジナルみたくなってしまいました。
牛乳とシナモンパウダーと砂糖(和三盆を使用)を混ぜたのに麩を浸してオーブントースターでチン。やってみたら、バターが要る意味がわかりました。これだとコクがないんです(^_^;)

[PR]
by miraicci | 2012-02-23 19:44 | たべもの | Comments(0)

腸をキレイに!

春はデトックスの季節のようですよ(だからアクの強い山菜が多いのだとか)。
自然のサイクルを大事にするためにも、今日は「便秘解消に挑戦しませんか」というご提案。花粉症の改善にも役立つと思いますしね。

わが家にある健康本は免疫を高めて「予防」するためのものだったり、万が一症状が出た後には安全な改善を図るための「自然療法」のだったり。そのため、食事や温めや運動といったことがカギになってくるのですが、どれにも共通するのが「腸」!読めば読むほど、腸って大事だねと思います。
どうして大切かというと、ここが排出のところであり血を作るところだから。そこが汚れたままではよい血の循環が滞って、万病につながっていく。だからこそいつまでも溜め込んでいないで、きちんと機能させてあげることが必要なんですね。便秘がちの人は肌の方で「体内でトラブルが起きてるよ〜」と発信して知らせてくれるくらいですもん。ニキビとかアトピーとか。体はちゃんとわかってるんだなあと思います。

私は毎朝快便ですが、それでも「ひじき」や「とろろ昆布」を食べると顕著なので、食事って大事だなと思います。なるべく朝食には「りんご」を半個食べるようにしていますが、そうでない日が続くとやはり出方が違うような気もします。
昨夜は、今度の「みらいカフェ」のために購入したダイエタリーファイバーを使ってチヂミを作りました。もう、すごい(^_^;) 毎日快便でも「まだこんなに腸内に残っていたのか!!」と驚きます。ちなみに成分は天然の食物性繊維や海藻、SOD様食品のフラボノイドなど。これを試せというんじゃなくて、私でさえこうなのだから便秘を自覚している人は本当に気をつけないと!ということ。
そして、そういう人からよく聞くのは、繊維質のものを食べても出ないから「冷たい水を飲む」とか「ヨーグルトを食べる」なのですが、私はどちらもいい方法とは思えず(「でも、これでちゃんと出るんだもん」というのは「ちゃんと」じゃなくて、冷えて体が不調をきたしたということだったり、日本人の腸に合わずいわゆる「下した」という現象だったりということは言えないのかしらん。便秘も問題だけど、これも問題だと私は考えますが…)。
人間だって、極寒の状態よりは暖かい方が動きやすいんだから、内臓だって冷やすよりは温めた方が機能しやすいんじゃないのかな。この季節はカイロも手に入りやすいのだし、腸を温めてみるのも一案。発酵食品なら日本食にはたくさんあるということにも注目して、納豆とか味噌のようなものにも目を向ければ(不要な添加物もいっぱいの)ヨーグルトを単体で摂取するより、よっぽど安心で健康的な食事が実践できるんじゃないのかな。繊維質はバナナや芋だけと考えずに、海藻類をしっかり摂取すれば栄養的にもバランスがとれてくるはず。


余談ですが。スポンサーの立場もあるのでテレビの健康情報はすべてが信じられないなというのが私の思うところで、健康に関していうならば、自然療法をうたう本の中の常識は、テレビで伝えられてきた情報とは真反対のことがよくあります。マクロビをかじった方とか子どもの自然食の勉強した方ならお解りいただけるはずですが、腸をキレイにするにはヨーグルトとか、カルシウムのために牛乳とか、パワーを出すために肉食というのは「もってのほか!」で、確かに「それはどうしてか」と書かれているのを読むと説得力はかなりあります(あ、これは日本人に対してのこと。国や地域によってはそれぞれ適した食事というのがあります)。

[PR]
by miraicci | 2012-02-22 09:50 | 健康生活 | Comments(0)

品目

学生時代、栄養学の講義は受けていましたがあまりに情報は古く、食について新しい知識を入れれば入れるほどに「食育」やら「栄養学」やらは胡散臭いものに思えてきて、半分は信用していないのです。そういうのって「栄養が足りてない」とか「カロリー考えて」ばかりが強調されてて、体の機能アップの元になる体温を上げる食とか排出のための食とか、健康作りの鍵になるのが後回しにされている気がしまして。すこーしかじる程度に食には「陰陽」があるとか知っていれば、旬の食材を上手に使って体温調整にも役立てられると思うのですが。

そうはいってもわが家の食事。バランスはどうなんだろうかとふと考えます。
量についても、食べ盛りの高校生に「ごはん、もういい加減にしたら?」とはなかなか言えませんが、満腹になることで消化にばかり機能が集中してしまうのは困りものですし、あるいは「栄養が十分でないから量で補おうとしているのか?」と疑ってみたり。
毎日作っていてもうまくいかない、食は深いですねぇ。

本日の晩ごはん、恥を忍んで食材を並べてみますとね。

ごはん(五分つき米)
おから(おから・鶏肉・人参・ヒジキ・小松菜・椎茸)
根菜の粕汁(ゴボウ・大根・茄子・生姜・イリコ・味噌・酒粕)
ぶりの照り焼き(ブリ・キャベツ)

ちなみに今朝は前日の牡蛎シチューをごはんにかけ、チーズを乗せてチンした「なんちゃってドリア」と「キウィ、イチゴ」。
お弁当は「ウインナー、玉子焼き、黒豆、人参のチーズ乗せ、プチトマト」。私のお昼は「天然酵母パン3種」とまたまた「残り物のシチュー」でした。

[PR]
by miraicci | 2012-02-20 19:03 | たべもの | Comments(2)

週末と週明け

土曜日は父が退院して、かたちばかりの退院祝い。レンコンと挽肉の餃子を大量に作り、春雨のエスニック風サラダ、豚汁。
「月曜夕方までに」というのを金曜夜に原稿をもらい、それが意外にボリュームあり。日曜日は定休日ですが、暇をみつけてちょこちょこ書いたらいいかなという思惑は外れ、午後から取りかかったらガッツリ深夜までかかってしまいました。

朝起きて弁当を用意し、洗濯、掃除、始業前に深夜の続きの仕事を少々。先週は多忙で行けなかった筋トレに今日はどうしても行っておくのだ!!と、自転車飛ばしてジムにて1時間。急ぎ足のトレーニングでしたが少しであっても体を動かす時間は必要なんです。この2週間、あっちの病院・こっちの病院と(親の顔を見にいくのに)自転車走行距離は増えてる上、近所のスーパーへは徒歩でを実践してるので運動量は十分なはず。けれど、上半身の筋肉は意識しないとなかなか鍛えられませんからねぇ。

ちょっと飛ばしすぎました。
昼を挟んでバリバリ仕事したら10歳くらい老けました。十分に寝てないのと短時間に動きすぎたのと頭を使いすぎているのとで、ついに思考がストップ。今、猛烈な眠気に襲われています。
あ、なんとか納期には間に合いました。


[PR]
by miraicci | 2012-02-20 15:01 | しごとの風景 | Comments(0)