50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
言いなりにならないカナダ人
at 2017-05-23 12:34
フラミンゴがおじさんになる夢
at 2017-05-16 11:08
にわか読書家
at 2017-05-13 08:44
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

<   2012年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧

日本の贅沢

今日は赤磐市の上質ギャラリー、カフェドグラス。ただ今、十河隆史さんはじめ実力派の作品が並ぶ『茶のしつらい』の開催中。各作家さんが作る茶器がお茶の香と共に楽しめるという趣向です。
照明や音楽で見せる作品展は当たり前ですが、そういえば「匂い」というのは、、、。会場に入るとすぐにお茶の香り。これがすごくいいんですよ。心が落ち着くといいますか、やはり日本人なんですねぇ。いつもよりゆったりとした気分で鑑賞でき、注ぐマネをしながら急須の使いやすさをたしかめてみたり、両手で包んで湯飲みの味わいを楽しんでみたり。
どの作家さんもそれぞれに個性があり、お人柄のことをうかがいながら作品を見ると、作り込み方にその人の性格のようなものが垣間見えて興味深かったです。

十河さん、お目にかかれず残念でした。背の高いクロのお急須、好きですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-30 20:15 | 音楽・アート | Comments(0)

今日のアートシーン

実家へ筍の木の芽和えを届け、10分だけと草抜きしているところへ義妹。きよちゃんは器を作る人で、実家の蔵を改装した工房が仕事場です。
今日は玉野のサンコアへ、加藤直樹さんの陶展『呼ぶ声』へ行くというきよちゃん。えー、私も行きたい!!とおねだりして連れてってもらいました。なぜか父も。
ピーマンでおなじみの加藤さん。私は作品を通して一方的に存じ上げていますが、実はご本人にお目にかかるのは初めてです。今回の作品はピーマンだけじゃないぞというところを見せてくれるラインナップ。はいってすぐに展示されてるドクロとキノコの作品は圧巻で、どんなチマチマとした作業を要されているのかしらと。他にもキノコ作品が見えたので話をふってみましたらやはりキノコ好きさんだったのですね。6月のキノコ観察会にご一緒できればとナンパしてみました。初対面なのにね、えへへへ。
b0250223_20144786.jpg娘たちがそうして盛り上がっている間、父はひととおり作品を見終えて散歩に出てしまい、たどりついたのは駅東倉庫。ここで羊毛フエルトのニードルワークが見られるというので行ってみますと、なんとかわいい動物の世界。『ちくちく針仕事展』と題された作品展で、動物たちが愛らしくもリアルな姿で並んでいます。注文も受け付けられていて、大切なペットも人形に!15,000円で制作期間は1週間程度だそうですよ。ペットLOVEなそこのあなた、いかがですか。
さらに児島のALAPAAPで「マイニチウツワ展」、昨日に引き続き「キミドリ分校」へも。キミドリ、やっぱり楽しすぎます。参加者のお一人・大神慶子さんのイラストが素敵すぎて、チラシ類をいろいろもらってきました。私もこんなの描きたいなぁ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-29 20:30 | 音楽・アート | Comments(0)

山椒の季節

b0250223_1013157.jpg昨日も大量に筍がやってきて、1/3ほどを友人にもらってもらい、ようよう2回にわけてのアク抜き。うれしい悲鳴。
その前のいただきものは半量だけを昨日豚肉と一緒に炊きましたが、残りはまだ水に浸けた状態。刻んで冷凍にしておくとしても、当分はたけのこ料理が続きそうです。
さきほど、木の芽味噌を作りました。木の芽和えにしていただきます。山椒が欲しいなぁとつぶやいたら、ダンナが仕事場から鉢を持ち帰りました。枯れたみたいになってるからもう要らないというのに水をやっていたら復活したんだって。しっかり葉も茂って摘んだらとてもいい香り。その木の芽で作る一品ですよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-29 10:03 | たべもの | Comments(0)

キミドリ*分校へ

ごめんなさい。まだ買い物したことないのに、何度も足ばかり運んでいるお店があります。
大きなテーブルないかなとかジャンクな庭グッズはないかなとか、行ってみたらばすぐにお腹いっぱいになって帰ってしまうキミドリ。「はー、こうやってディスプレイすればいいのかー」とヒントばかり頂戴して、それが頭から抜けてしまわないようにとそそくさと帰ってしまう。「レトロ」というのか「プロカント」と呼ぶのか、懐かしのアイテムがわんさとあって、ここが以前はスーパーマーケットだったことも思い出せません。私がここに越してきたときにはまだありましたが、ほとんど利用することもないまま閉店。長らく空き店舗になっていたもったいない物件が、今は素敵なお店に生まれ変わっているのです。

そんなキミドリで始まった「14部屋と14人、展」へ歩いてふらり。写真、イラスト、流木アート、陶器などなど、いろんな手仕事が集まったプロジェクト。カホンが作れたり、ランチができたりもします。あんまりよく理解しないまま出かけて行きましたが、かなりおもしろい企画でしたよ。5月6日まで、それも20時まで(5日は19時まで)の開催なのでまた出かけちゃうかも。ひとつね、素敵なカップがあったのです。作家さんのお名前忘れてしまいました。信楽の土を使っておいでだった、と。メタリックな仕上がりでかっこよかったんですよ〜。みなさまもぜひ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-28 18:50 | 音楽・アート | Comments(0)

暮らしに花を

b0250223_822212.jpg庭で次々と花が咲いています。切り花にして玄関に飾ってみました。残念ながら私には生け花の心得はなく、アレンジのセンスのカケラも見つかりません(^_^;)
それでもまあ、いいじゃないですか。のんびり気ままに生きてるように見える私だから、こんな飾り方でも「miraicciらしいや」で通してもらえるでしょう。

昨日は蜂がたくさんやってきました。
クマバチはジャスミンの花からしばらく離れようとしません。私は虫に疎くて、クマバチなどは羽音を聞くだけで「攻撃!」と思い込んで逃げ回っていましたが、クマバチって温厚なんですね。調べてみると面白い虫で、かつてはあのスタイルで空を飛べるのは不可能だとされ、自分は飛べるという思い込みで飛んでる虫という恥ずかしいレッテルを貼られていたとか。今ではどうして飛べるのかもちゃんと解明されて、航空機の設計にも応用されているのですと。そして、彼は花の蜜だけで人間にはほとんど興味を示さないらしく、よほどのことがなければ攻撃などしなさそうです。アナフィラキシーなどの心配もあまりなさそう。
一方、クマバチなんかよりよっぽどよく見かけるアシナガバチ。こっちはある程度攻撃性があって刺されると注意が必要と、ちょっと怖くなりました。種によってはアナフィラキシーを引き起こす恐れもあるので念のために病院に行った方が良いとも書いてある。一度刺された人は特に、、、というと子供時代に一度刺されている私も?スズメバチに刺されるより痛いとか。本当?こいつが昨日は庭にたくさんおり、私の行く手を阻むように向かってくるのです。夜になってダンナにそのあたりをチェックしてもらっても姿はなし。巣を作る場所を探していたんでしょうか。防虫スプレーなど使いたくないので、できれば巣を作る前にすみやかにお引き取り願いたいなぁ。蜜はどれだけでも差し上げますから!
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-28 08:26 | グリーンライフ | Comments(0)

たけのこの思い出

「みらいさーん、筍要らない?」とご近所さん。今年はどこからもいただきものがなく、シビレを切らして先週わざわざ買ったくらいですから、まさに「待ってました!」。ただ今、鍋の中でアク抜き真っ最中です。

子供時代、ゴールデンウィークは祖父母の家がお決まり。庭の向こうに続く田んぼはこの季節は見事なレンゲ畑。花の中を走り回ってかんむり作って、それはそれは楽しい思い出。筍の産地・真備町箭田。持ち山にも筍が生えるので一緒に掘りに行ったこともありますが、大抵は早朝も早朝、おそらくまだ薄暗い時間帯から祖父が掘ってくれていたのでしょう。待ちきれないのかまだ家族が寝ている時間から「筍が掘れたから取りにこい」という電話に起こされることもよくあり、それから支度して祖父母の待つ田舎に出かけて行くのです。
「朝掘りの筍は生でも食える」と言って、薄く切ったのを食べさせてもらったこともあったなぁ。なんと贅沢な話でしょうか。その日の収穫物は分銅を調節しながら目方をはかり、農協に持っていくのです。もちろん私たちの車にもトランクいっぱいの筍。これはどこのお宅へと決まっていて、新聞紙にくるんだものを配りながら帰途についたものです。

私が寝ている向こうが台所。ご飯が炊けるようなのは筍のアク抜きの匂い。今でもそれがたまらなく好きです。ここの筍は他のと全然違うというのが祖父母や母の自慢だった、箭田の筍。本当に、本当にそうなのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-27 19:02 | たべもの | Comments(0)

疲れのピーク

日曜の引っ越し手伝いは、早朝6時半に出発してひと仕事終え、現地を出たのが午後3時近く。こちらで荷物を運び込んで、終わったのは8時近く。たっぷりの肉体労働をしたはずなのに、翌日からの2日間は自宅片付けを午前3時まで。昨日は早朝からゴソゴソやって午後まで。集中して動きすぎたか、ついに体が悲鳴を上げました。
朝から体がだるいし食欲ないなぁと思いながら通常生活。午後、小雨がやんだら請求書を送りに郵便局に行かなくちゃと準備してゴロリ。そしたらそのまま起きられなくなりました。体の節々が痛いのは筋肉痛じゃなくて熱のためだったのね。久々の39度。電話が鳴ってもそこまで行くのに時間がかかり、ようやく受話器を取ったら切れるが3度。通じなかった方、すみません。

デトックス用のお茶をガブガブ飲んで水分補給もたっぷり。恥ずかしいことにおならがよく出ます。体の表面に出ることは腸と連動していることがよーくわかります。あ、薬なんて飲みませんよ。出すもんはしっかり出して、自然に治すのが一番。ごはんを作る気力がないと言うと家族はラーメン作って食べており、私にはアイスクリームと白ワインを買ってきてくれました。体内の悪い菌をアルコールでやっつけないとね。友人がチョコケーキを焼いてきてくれて、それも助かった〜。ありがとう。
犬はよっぽど心配だったのか顔ばかりなめに来ました。私がこんなにぐったりすること、ないもんね。

早く治して明日は元気にならなくちゃ。1階の収納家具と2階のドレッサーの入れ替えを検討中。ひとりで運べるか???←まったく懲りとらん!
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-26 23:04 | 健康生活 | Comments(2)

昨日のその後

日中届く予定だったラックが着いたのは20時半。組み立て式だけど何とかなるだろうと箱を開くと、部材の多いこと!小さなドライバーでチマチマとやっていたら指には早くも水ぶくれ。お嬢さん育ちなものでねぇ。タイミング良く帰ってきたダンナ、ご飯を食べる傍らでウンウンと組み立てる姿を見かねて電動ドライバーを貸してくれる。が、それさえちゃんと使いこなせず四苦八苦。仕方なく手伝うことになったダンナ、こういうのには慣れてるはずなのに1個の組み立てに要した時間は1時間あまり!インドネシアで作っているらしいそれは、値段の割にはいい感じの家具ですが、ねじ穴の大きさが適当なんですよ。明らかに大きすぎるのとかあって、ねじがユルユル。結局穴を一度埋めて新たに作り直したりしたりして。慣れない女性がひとりで組み立てるのは厳しかったかも。

ダンナの活躍をしても、2個のラックが完成したのは23時を回ってです。

それから収納開始。他の家具を移動するのもひと仕事。徹夜覚悟でしたが翌日のことを考えて3時を過ぎた頃に就寝。6時に起きて弁当作り、朝食の後で仕事再開!ノーメイクでパジャマ同然の姿で黙々。パソコン横に置いてたシェルフと書類ケースが空き、パソコン下まですっきり。これまでは「布で目隠し」が常套手段でしたが、それもとっぱらって大丈夫なほど片付きました。やればできるじゃないか、私。
昨秋に「断舎離」っぽく荷物を手放したので、少しはラクにできたのでしょう。これを一度にしようと思ったら大変だったかも、ステップって大事ね。今回、もうひとつ家具を処分したかったのですが、それがまだできていません。それだけが悔やまれる!
にしても。2個のラックを新しく入れて、扉付きラックとチェストとワイヤーシェルフと書類ケースがなくなったわけだからすごい成果。ワイヤーシェルフは庭の裏で植木を並べるのに使おうかと思っています。GWは再び庭造りかな。片付けのご褒美か、飲み会のお誘いがありました(^-^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-25 19:46 | 日常のあれこれ | Comments(2)

片付け中

GWを片付けに充てる予定でしたが、せっかく仕事が暇なので(笑)、今日一日かけてやってしまうことにします。先日注文したラックが交通上の事情が生じなければ今日届くのではないか、と。いや、もう「届く」と思ったら矢も楯もたまらず、昨夜行動開始。20時を過ぎてからですから家族には迷惑なことです。新しいラックの置き場所を確保するために、扉付きラックやチェストが処分対象。中には資料として置いている雑誌やカタログ類、過去にさせていただいた仕事の刷り上がり見本がどっさり。私が書いているところなんて数ページしかなくても1冊頂戴しているカタログ。丸まったままのポスターやカレンダー。布見本までくっついてボリュームのあるカタログ。何部も同じモノがあるDMやリーフレット。面倒臭くなって、あれも要らないこれも要らないと処分してしまいました。第一、自分が何を書いたのかもう記憶になかったりするので持ってても仕方ないしね。生きているうちに自分が処分しないでは、家族にとってはいい迷惑ですもん。
外には紙の山ができ、廃品回収の車をつかまえるのみ。トイレットペーパーがどれだけもらえるかしらん。

新しいラックはどの程度の収納力があるのか。隠せるものを購入しましたので、手元に残した仕事見本やラッピング用の紙類や、資料の雑誌・カタログを収納予定。そんなこんなしていたら、もうひとつシェルフが空きそうです。やった、またスペースが生まれる!

どうやら私は片付けって好きみたい。仕事机の周辺もすっきりさせて気持ちよいスペースにしたいな。月に1度の「みらいカフェ」のために新しいテーブルも入れたいの。10人くらいが集えるようなサイズが希望。200センチ幅くらいの木製テーブルをもてあましておいでの方、おられましたら譲ってください!取りにいきます。
仕事のモノは少しずつでも減らしていかないとね。ゆくゆくはコピーライターではなく、エッセイやコラムのような「書きたいものを書きたいように書く」という人になるんだもん。今は私の肥やしになってる資料をゴッソリ処分する時が早く訪れるようにしないと。そして、ここは同世代女子の集いの場になります。たくさんの人が悩んでいる美や健康のサポートができる人になれるよう、今は食や添加物やメンタルものの知識を増やしているとこ。この場がみんなの元気や笑顔の源になれるように、そのための空間作りです。きれいになったら遊びに来てね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-24 10:02 | 日常のあれこれ | Comments(0)

細くて若い私

私が仕事したという証に印刷物が刷り上がるといただくことはありますが、最近は「要ります」と言わなければいただけないことがほとんど。昔はそうじゃありませんでした。なので、最近やった仕事の見本はほとんど手元にありませんが、昔のは山ほど。仕事のサンプルにも使えないほど昔のものなので今となってはゴミ同然。思い切って処分。トイレットペーパーにでも替えてもらおうと束ねてしまいました。

コピーライターになって20何年か。若い頃は取材の折にモデルになることもあり、私が写っている印刷物もいくつかあります。片付けの合間にそういう懐かしいのを見つけ、息子に「これ、見て見て!!!」。あぁ、なんという細さでしょう。今は理想の43㎏をキープするのも難しいくらいですが、当時は40㎏なかったはず。あんなに食べて飲んでの毎日、今の方がぐんと健康的な食生活なのに新陳代謝のおとろえというのはおそろしいこと。

大学生の頃に描いた絵が採用されたポスターも出てきました。バイトしていた喫茶店は、デザイナーさんたちがよく訪れるお店でした。そのうちの一人・Kさんはとても優しい方で、「私、イラストレーターになりたいんです」と話していたら、じゃあ試しに描いてみる?とチャンスをくれたのです。岡山県内の主な駅に貼られることになったポスター。両親はもちろん祖父が喜んで「岡山駅に見に行ったよ」と言っていたのを思い出します。
下手な絵です。私がディレクターなら不採用にしていたはずで、Kさんの気持ちが今では身に染みます。落書きのようにチャラチャラと描いただけなのに1万円いただきました。それも契機になって今の仕事に就いたのです。このポスターだけは捨てられません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-04-24 03:03 | Comments(2)