50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
絵を描くせいかつ
at 2017-12-07 09:46
美しいものを見るのはしあわせ..
at 2017-11-30 10:18
生産者は疲れている
at 2017-11-01 17:59
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

<   2012年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

世代

息子の友人が結婚したと、しかも奥さんのお腹には赤ちゃん!ひーーーっ!!!と驚いていたら、私よりうんと若い友人がこの夏「おばあちゃん」になるという風の便り。そりゃまあ、ね。同い年のママ友がスーパーでじーっと子ども椅子付きカートを眺めていたので「そんなの必要?」と思ったら「いや、もうすぐ孫ができるからね」と。少し上の世代ではもう次々に息子や娘に子どもが産まれたというしらせ。はー、私、そんな歳になっちゃったんだな。

この頃、自分たちはもう仕方ないとしても、次世代のことを考えてちゃんとしなきゃ、地球にとっても人類にとっても申し訳ないことになるでーと柄にもないことを考え始めたのは、自分がそろそろ「祖先」だの「先人」だのという存在になるからかもしれません。
子どもが産まれたくらいではまだそんなこと思わなかったもの。「この子の未来」への責任はおとなにあったはずなのに、手のかかる子育てに仕事にとあまりにも余裕がなさすぎて、目先の便利や手軽さを優先して安全性をないがしろにしてしまったなという反省。アメリカの先住民は7代先のことまで考えてものごとを決めるという一文にはっとして、そこまで先のことを考えたら「今が便利になるんだから」とか「儲かるし、働く場も確保できるでしょ」とかいう理由でやたらと開発なんてできなくなるよねぇ。

7代先まで考える頭が私にはなくても、2代程度の先まではイメージすることができます。私から子へと受け継いだものに不安要素があるのなら、それをさらに先に持ち越さないようにしなくてはね。原発にしろ、大事な土を覆い続ける開発にしろ、何年も持つ保存剤入りの食品にしろ、香り続ける洗濯ものにしろ。危険をおかしてまで取り入れる理由を、私たちは孫世代に言えるのかな。なんで日本は戦争したの?に祖父母世代が「仕方なかった」としか答えられないように、なんで病気になる薬剤いっぱい使ったの?に私たちが「仕方なかった」はちょっと無責任かな。戦争時のような情報統治や心理状態はなく、目や耳を開けばネットで正しい情報なんていくらでもあるんだもんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-29 10:49 | 日常のあれこれ | Comments(0)

虫除けあれこれ

時々利用している自然食品&雑貨のお店のレター。虫除けの説明のところに「ディートという化学薬品の入った虫除けには特に気をつけて」とありました。あれ、最近どこかで同じ内容のを見たとこ。ディート、やはり危険要素が多いのでしょう。
かつては虫除けスプレーは当たり前にふっていましたし、子どもが小さい時なんて「これなしには」というほど利用していました。でもね、化学物質の害をあれこれ考えるようになると、食べ物よりも肌から入る方が深刻なのだから、無農薬野菜を求めるくせに除虫とか殺虫力があるものを抵抗なく使うなんておかしくない?と思うように。考えたらコワイ。プッと1プッシュしたら何時間も虫除け効果があるという商品まで販売されるようになると、そんなところにペットがいてもいい?赤ちゃんがいても問題ない?と。

じゃあ虫除けはあきらめるかというとそれもねぇ。調べると、ハーブだけでできたスプレーなんてのもあるんですね。という私。実はこの3年ばかり、こうした香りのものが虫が嫌うと知ってアロマを虫除け代わりにしてたんですよ。肌への安全性も考えてね。
それがなくなってしまったので購入しようと思いつつ、自然関係のお店でハーブだけの虫除けを見つけて試しに購入してみました。「化学物質不使用」とありますが、エキス等の抽出時に使用している可能性もありますし、値段的に見てもそっちの可能性の方が濃いかも、、、、。でも、一般的な虫除けよりは安心だよねと使ってみましたが、なんかね。ハーブ臭がきつくてなんとなく私には合わない。これまで使っていたのが、森のようなまろやかな香りだったので余計に刺激臭に感じたのかも。
「かえる印の蚊取り線香」も購入。これは天然防虫菊が有効成分、100%天然素材なんだとか。昨年もこれを使いました。普通の蚊取り線香と同じようなものですが、刺激が少なくマイルドな感じがします。10巻で350円だったかな。そんなに高いものではないし、わずかの差でより安心が買えるならいいんじゃないの?という気がします。庭仕事用です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-28 23:06 | 健康生活 | Comments(2)

コリブリちゃん、再始動!

私の愛車、コリブリ号のタイヤが逝って2ヵ月。自転車置き場の片隅に放置されていた古いMTBを代車として活用していたものの、軽くスイスイ走れるコリブリ号に慣れた体には重くて小回りのきかなさに不満タラタラ。前カゴをつけているので買い物には役立つし、タイヤがガッシリしている安定感もあるし、姿勢としても前屈になってしまうコリブリより自然、としても。

コリブリはデンマークの自転車。ほんとはスウェーデンの軍用モデルの自転車が気に入っていたのに、実物は大きなバイクのようないかつさと、純正タイプではブレーキが足で操作するタイプで手に負えなく、泣く泣く自転車屋さんに「私の体形に合う自転車は?」と相談してすすめられたのがコリブリ。わずかな溝にも反応してしまうほど頼りないタイヤの細さに最初はうへーとなっていたのが、扱いやすい軽さやデザイン性はすぐに気に入り、今ではこれ以外は考えられないほど。
ただし、タイヤの小ささは特殊なようで、パンク修理にも自転車屋が「こういうのに慣れてない人は無理かも」だったり、チューブ等をストックしてなかったり。なので、ママチャリではなくてマニア向け自転車を置いてあるサイクルショップが頼みの綱。
今日はその前輪をはずして布で包み、小脇に抱えて徒歩でショップへ。チューブもタイヤも交換してもらい、ようやくコリブリ復活!黒い車体をキレイに掃除して、さっそく近所まわりをスイスイ。

これで図書館も行きやすくなった〜
打ち合わせもバス使わず行ける〜
放置しててごめんよ、コリブリちゃん。またふらっとお出かけ機会が増えるかも。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-28 18:14 | 日常のあれこれ | Comments(0)

キュウリの辛子漬け

近所の方からどっさりきゅうりを貰いました。何もつけずそのままでもバリバリ食べてしまう野菜好き息子がいるので、大量にいただいてもありがたいだけ。まったく困ることなどないのですが、夏野菜は採れるときにはどっさりですから「あちこちからもらって冷蔵庫占拠、重ねてもらうことになると困るでしょ?」と気遣う表情がどなたにも。いや〜本当に感謝して頂戴してるんですってば〜(^-^)

今回は「粉からし」も一緒につけてくださり、「みらいさん、辛子漬けにでもしてね」と作り方まで教えてくださった!作り方はいろいろありますが、今回教わった分量を覚え書きまで。

砂糖150g
塩40g
粉からし10g
しょうゆ大さじ1

切ったキュウリを混ぜておけば、2時間もすると水があがってくるからと。その通りに作ってみましたら、おいしいのがもうできましたよ。
今夜はごはんと漬け物で何杯でもいってしまいそう。ああ、お米とがなくちゃ!





ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-27 16:57 | たべもの | Comments(0)

データもいいけど感覚もね

最近感じたこと。やはりざっくりとしたところで性の違いはあるもので(もちろん当てはまらない人もいます)、男の人ってデータが好きなんだなということ。私の勝手な解釈ですが、融通のきかない年齢になると新しいチャレンジができにくく、その理由付けでデータを求めるというか。過去の成功事例を持ってきて「これが正解」と自信満々に言われてもうーん。人の感じ方は変わっている、特に最近の意識の変化はスピードが上がっていると感じるだけに、古い概念が詰まったデータなんてなんの意味があるんだろ?とプレゼンを見ていて思うことが時々。これまでにない試みで一か八かの勝負に出て、答えはどこにあるのか探った方が目的に行き着くには早い気がするんだけどなぁ。
その点、感情に流されやすいという女子の欠点はある意味柔軟。その時々の感覚で「好き・キライ」がはっきりしてるから、すぐ売りたいとかヒットに乗せたいというんならデータじゃなくてそっちでしょ?と思うんだけど、年輩の男の人たちが被さってなかなか前に進めないことってあるんだよね。
分厚い企画書も半分は「企画書はこうあらねば」というマニュアルにのっとったデータ資料だったりして、こんなの3ページくらいのぺらぺらのでいいのにーとのんきな私は思ったりします。「根拠が要るんだよ、根拠が!」ってお叱り受けそうですが、だいたいそんな過去の事例が役に立つのぉーっていう私は感覚だけで生きてるような人間ですからお許しを(^_^;)

なので群れるのは苦手。人が多ければ多いほど、みんなを納得させようとあの手この手が要ってくるんだもんね。徒党を組むほどにやりたいことから離れる気がするのに、どうして男の人たちは組合的なのを作りたがるのかしらん。認められたい意識が強いから?
「すぐにこうしたい」とクライアントさんが望むものを、わざわざ大きなプロジェクトにして目的を見失ってる仕事にも時々当たるなあ(それで画期的な結果が生まれたところをまだ見ていません)。シンプルを複雑にするより、簡単は簡単なままでもいいんじゃないのかしら。プライドが許さないの?それではお金取れないから?

私は3人くらいでそれぞれの感性を尊重しながら、おもしろい仕事をするのがいいなぁ。
お気楽な仕事、お待ちしています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-26 09:19 | しごとの風景 | Comments(0)

めもとくちもと

私は若い頃から目元に笑いジワが多く、年齢を重ねたシワとの見分けがつかないので自分の老け具合には無頓着でいましたが、先日久しぶりに会った同世代を前に心の中で「うわっ」。いつまでも若いなーと思っていた彼女が確実に老けていた(^_^;) 
額にはうっすら数本、ほうれい線から口まわり。まだ大学生だった頃、女性って30代が近づくと頬がたるんで顔が丸くなるんだなとしみじみバイト先のリーダーを見てたものですが、そんな年齢をとっくに過ぎて50代に向かうと「老け」というのはスピードを増して、直球でやってくるんだなーと。
……と、いう私もそんな風に見られているのですよ。ええ、自覚はしてますとも。

どれだけ皮膚が下がっているか、ハリがなくなっているか。実感できるメイク法を教わりました。わが家に来るほとんどは同世代女子なので、10分くらい時間ある?と声掛けてはその場でチャチャッとメイクすると100%の確率で顔がすっきり。10歳くらい若返る感じで「わー、本来この人はこういう顔なんだ」と感動に似たものをおぼえたりして(^-^)
目が大きくなる人、頬の位置が変わる人、肌感まで変わって見える人。昨日は私より若い人がノーメークで訪れ、あんなにエステに通っているのにシミは消えないんだなと思いつつ試しに左半分だけメイク。もう全然違う顔になって、本人も「信じられん!!」という表情。そりゃ信じたくないさ。だけど、それが老けるってことなんだよねー

わが家に遊びにお越しの際、ぜひどうぞ。私、みんなのやりたいのよ。だって人の顔が変わるっておもしろいんだもーん(←私の好奇心を満たすためのお誘いです)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-25 10:31 | 健康生活 | Comments(2)

すてき・ステキ・素敵!

アートやクラフトで好きな作家さんというのは何人かいますが、その中でもトップクラスで好きな作家のひとりがオカベマキコさん。バーナーワークでガラスを創っては、「くぅぅ、またやられちゃったぜ〜」というほどお洒落なアクセサリーや雑貨に仕立てる方。こうしてファンの心を打ち抜いているくせにご自身は全然アクセサリーをつけない自然体。パリジェンヌもご愛用的な作品を生み出しながら、ご本人といえばちゃきちゃきの岡山人。お人形さんのようにかしこまってないのがまた気持ちよく、人間としてホレるといいますか。
そのオカベさんがグループ展やりまっせとオカベ夫より情報を入手しちゃあ放っとけないでしょう!最終日の本日、行ってまいりました。。。ら、ば!!!!!!!
b0250223_1784374.jpg

b0250223_1785691.jpg

b0250223_1791568.jpg

b0250223_1792356.jpg

キャ〜ッ!!!こりゃもう、ああだこうだは要らんでしょう。写真で十分。
今回、上之町會舘に移転オープンとなった「こころね」さんの主催による作品展とのこと。木工、ワイヤー、照明、プロカントものの中にオカベさんのガラスが溶け込んで、見事な「ワールド」を展開。一日前に行っていたらば「ほらほら、こんなすごいの。あなたも見に行って!!」と言ったところですが、残念ながら本日最終日。
この世界観を再びというのはエライコッチャですが、その余韻に浸りたい方は上之町會舘3階の「こころね」さんへぜひ。実はこの空間、息子が以前リノベーションを手伝ったとこ。こころねさんは一目で気に入って移転することにしたと言われてて、なんだか私まで嬉しくなっちゃった!KAIが師匠に叱られながら階段を作り、天井を塗りした一室。その作業の厳しさ・おもしろさを毎日聞かされていたところでもあったのでご縁を感じます。

今日はほかにも2つ。
天神山プラザの「美へのまなざし・交差する世界」。お世話になった師や友人など、よく知る方の作品もあり興味深く鑑賞させていただきました。
いいタイミングで、朝、友人からチケットを頂戴して「吉村作治の古代七つの文明展」へも。人間が土偶作っていたような時代のものって形がおおざっぱだったり、ヘンテコだったりですごくキュート。吉村先生がもってきたエジプトものより、私の心を打ったのは中南米のブサイクな容器やフィギュア。日本の縄文土器。なんかね、見てると楽しんで作ってる姿が想像できるのよね〜。自分の心のおもむくままに一生懸命作りすぎて、できたら「ぶはっ、こんなにヘンテコになってたわ」みたいな。子どもみたいな無垢さがあって私は好き。

という一日。息子とふたりの久々デート。こぢんまりとしたイタリアンのお店でランチ、アジアン雑貨店でひとつずつ買い物して帰ってきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-24 17:39 | 音楽・アート | Comments(0)

今日の図書館

休館だった5日間が開けて、待ってましたーと図書館へ。
土曜は利用者も多いので、読みたい本は貸し出し中かもねと思いながらでしたが、「これは必然です」というのか。なんでこの本がこんなところに?という感じで、前から読みたかった本がスルッと我が手に。なんとなく手にした(借りるつもりはなく図書館で斜め読みしようと思ってた)アーユルヴェーダの健康本もなんだかおもしろそうで、6冊借りてきました。

またまたリンゴの木村さん関連で『木村さんのリンゴ 奇跡のひみつ/小原田泰久著』、自然農を調べていたら必ず名前の出る『自然農という生き方/川口由一+辻信一著』、長寿でおなじみ(笑)の著者による『働く。〜社会で羽ばたくあなたへ〜/日野原重明著』など。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-23 14:54 | | Comments(0)

悩めるお年頃

春から一緒に仕事をすることになったディレクターさんはとても感じのよい方で、おそらくは文句の多いであろうクライアントさんからのダメだしもほとんど私に流すことなく、とても気持ちのよい条件で仕事をさせてくださる。もっと意見してくださっていいのにとこちらが心配するほどの丁重な対応に、もしかしたら私、「何も言わせないよ」という態度をとってるのではとふと(笑)
今回あらたに別の会社のディレクターさんと密に連絡を取るようになり、この方も「みらいさんの手をわずらわせては」と、本来ならば「これ、すぐやっといて!」と言われるような仕事までご自身で被ってくださった。そんな丁重な扱いに慣れていない人間です。内職のごとくコツコツ書いているうちに態度だけデカくなってしまったんじゃないかとますます不安。大丈夫なんでしょうか、私。←いや、大変ありがたいのですけれどね。仕事を気持ちよーくお受けできてますから。

その昔。営業さんも制作者も、周囲がみんな年輩者だった頃には、仕事のスタンスに関わることやら学歴にまであれこれ言う方もたまにおり、直接お目にかからない県外の印刷会社からは電話で年齢を言ったとたんに「ああしろこうしろ」と指示が飛んだってことも。なめられたくないのでスーツできつめのメイクでということもありましたが、今やどんなだらしない姿で出て行こうとも皆さん敬語だったりして。若かった私が「年上のデザイナーと組むのはやりにくいよなー」なんて感じていたことを、きっと若い彼らは感じているのだな。かみついたりしないよ、意外と従順だよ。早く気づいてほしいのよ。。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-23 09:13 | しごとの風景 | Comments(0)

たべてばかり

b0250223_1614594.jpg午前中1件打ち合わせをすませた足で、仕事用に必要な情報求めてうろうろと視察。
お昼前にスタバでひと息。ラテとシナモンロール。



b0250223_1615666.jpg次の用事を済ませて帰ろうと思ったら、相手が「お昼は?」というのでつきあうことに。
麺屋匠のラーメン。





おなかいっぱい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2012-06-21 16:16 | たべもの | Comments(0)