50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
絵を描くせいかつ
at 2017-12-07 09:46
美しいものを見るのはしあわせ..
at 2017-11-30 10:18
生産者は疲れている
at 2017-11-01 17:59
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

<   2013年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

お花雑貨

b0250223_16385016.jpg老眼鏡が欠かせないお年頃になっても、好きなものは好き。可愛いものは可愛い。
飾りたいものは飾りたい。

友人たちと手作りワークショップを楽しみました。
今日のお題は「編み物でシュシュ」。不器用な私はみんなの手仕事を見てるだけ〜
2時間でみんなキレイに編み上げて、講師の方がご用意くださったお花飾りをひとつずつもらいました。毛糸で輪になっているのをくるんとシュシュに巻き付けると、可愛いお花の髪飾りができあがり。もちろん他のモノへくっつけてもよいので、さっそくバッグに取り付けてチャームのようにされている方も。

自分で作らない私ではありますが、企画者としての役得。完成品をいただき、もう自分の髪へ。
いいんだもん。年甲斐もなく!といわれながら私は歳を重ねていくんだもん。似合う似合わないじゃなく、選ぶ基準は好きかキライか。いいよね?



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-30 16:41 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

アレルギーシーズンの前に

初対面の人に「私の言うこと信じてね」というのはなかなか難しいものですが、アレルギーのお子さんを持つ方などの相談に乗ることは多く、この半年でもアドバイスさせていただいた方が何人か。病院でもなかなか改善しない症状を知らない人に相談するくらいですから、ワラにもすがりたい方は大勢いるのです。私はアレルギーも病気も根源は同じようなところにあると思っていますので、ただそれを話すだけ。経験として得たこと、本や講演などから得たことを交えて、「これを飲めば(つければ)治る!」ではなく「まず、こういうのを摂取しないだけで違うんじゃないの?」とマイナスの提案をすることがほとんど。

半年くらい前に娘さんの症状をお聞きした方は、いいといわれる病院をいくつも巡ってアトピー治療をされていましたが、もっと気楽に構えて母親のストレスを子どもさんに伝えないようにすることやアレルギーの原因になる化学物質が身近にあるんだよということをお伝え。おそらく初対面だったその日には私を100%信じることはできなかったと思うのにアドバイスしたことを心に留めてくださり、先日は「娘がこの時期、お風呂に入ることができた!」と嬉しい報告(アトピーがひどいと、季節によってはお湯さえ痛くて入浴できないこともあるのよね〜)。
また、生まれつき内臓に障がいがあり、アレルギーもさまざまに生じている受験生のママには、ちょうど受験シーズンに発症するという鼻炎が少しでも軽くなればとアドバイス。ただ、相談にこられたのか秋もおわり頃。期間が短かすぎるので、本人も「この時期は仕方ない。でも次のシーズンまでには」という構え方だったのに、先日「やはり症状は出て薬の世話にはなっていますが、例年に比べて何だか違うと本人にも自覚があるのよ!」と嬉しいメール。よかった〜。

合成の界面活性剤や防腐剤のパラベンや食品添加物など、自分たちが使ったり食べたりするものにどんな害があるのか。どんな作用を及ぼすか。一度調べてみたらいいと私は思います。多用されてるものは避ける、できるだけ天然モノを選ぶという風に。そういうのってお金がかかるからイヤという人までを「こうしなきゃ」とは言いません。健康よりお金という価値観だってあるでしょう。
でも、安いもの安いものと安価な化学物質を選択した先に今の環境があるとしたら、安全で快適な未来を願う身としては複雑なんですけどね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-29 20:15 | 健康生活 | Comments(0)

ひとりぐらし

父の様子をみに、自転車で実家へ。
昨年自宅で転んだ圧迫骨折したのが影響して、腰のコルセットなしにはまだ動きづらい父。ゴロゴロする時間が多くなったせいか足が浮腫んで痛いとか、これまでやっていた風呂掃除や洗濯物干しも辛くなった様子。かといって、自転車でも30分あれば行ける距離ながら、仕事だ何だと理由をつけてなかなかマメに行けない現実もあり。私同様、父も自分に甘いタイプなので、あれこれと世話を焼きすぎると本当に何もしなくなってしまうんじゃないかという恐れもあったりでね。自立できるうちはしてもらおう。母の生前、本当に家のことを一切やらなかった人なので、かなり遅い自立デビューだけれど、生きているうちに「身の回りのことくらいは自分でする」という経験もいいんじゃないのとも思うし。

こちらが余計な手を貸さないと、なんとかしなければと同じく妻に先立たれたような人からあれこれ知恵を借りたりするようで、家事のお手伝いをしてくれる福祉サービスがあるのを知った父。1週間に1度、掃除と洗濯物干しをしてもらうことにしたのだと。1時間程度とはいえ、ごくごくたまーに私が片づけするよりは遥かに細やかだし、腰を押さえて大きな洗濯モノを干すのは無理があり、それを代わってしてくださるのは大助かり。父としても「こういうのは見えるところに置かない方がいいんじゃないの」とか「要らないモノはすぐに捨てるようにしないとゴミなんてたまるだけだからねっ」なんて、娘からぶつくさ小言をいわれながら片づけられるのもあんまり気持ちよくないことでしょう。家族としても助かります。

ある独身男性が「自分の親の面倒をみない人間なんて許せない。養って当然じゃないか」ということを言っていて、それは優しい心意気だとは思うけれど、もしあなたに家族があって、大学受験を控えている子どもがいたら、親よりはそちらにお金をかけることを優先してしまうことってない?その時、パートナーの親が倒れていても自分の親を優先するって言えるの?というと「あぁ、そうか」って。彼のように独身で親が身近にいればこその発想ではあるのだけれど、それぞれの家庭のいろんな事情を斬り捨てて「親の面倒みないなんて冷たい」とは言えない。
そして、自分だって老後にはやっぱり子どもの足を引っ張ることだけはしたくないんだよね。たぶん今の父の気持ち?自立して生きるためにどんなサービスがいくらくらいで受けられるのか、そういうのを知ってるのと知らないとでは大違い。社交性のある父だから自分で情報引っ張ってきてくれるのはありがたい。私もそろそろ勉強しないとね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-27 18:49 | 日常のあれこれ | Comments(0)

妖精のいたずら、か

ものすごーく不思議なことが続けて起きて、笑ってしまいました。
書きやすくてお気に入りの1本になりそうだった茶色のペンの紛失に気づいたのが今年の初め。年賀状を書くのに使ったの後は打ち合わせにも使ったな。バッグの中に入れっぱなしで忘れているということはよくあるので、たぶんそれだろうと探すこと数個。図書館に行く時の斜めがけとか、打ち合わせに持って行った黒いの白いのピンクの。絶対にここにはないだろうと確信持ちながらも買い物用の手提げまで。でも、どこにもないのです。
これは息子が間違って自分のペンケースに入れたのかもと探してもらっても見あたらない。いつも入れてるはずのペン立ては、見ただけでわかるのにわざわざ全部出して1本ずつチェックしたほど。

こんなに探したペンなのに、3週間ほど経った先日、あれれれれれれ!!!!それがペン立てにちゃんとあるのです。どこかで見つけた息子が戻してくれたのだなと聞いてみると「ずっと探してたペン?見つかったの?」。自分は知らないよ、お父さんなんじゃないの?というので、仕事で使っていたのかなと思い聞いてみると、そんなのは知らないって。

えー。
えー。

そして、先週のこと。
モノ作りをちょこちょこやってみたくなった私。刺繍糸とか布とかビーズとかガラス玉とかワイヤーとか、、、全然作れもしないのに道具だけはいろいろ持っており、アクセサリー作りのパーツを入れてる箱を出そうと思ったらそれがない!!!おかしいな、つい先日もここにあったの確認してたのに?!でも思い違いかもしれないからとあちこち探して結局出てこず、諦めていたのです。
それが。今日、最初に探した場所にちゃんとあるのを発見。ここは「確かにあったはず」と確信あったので何度も見返したのになぁ。それも扉を開けたらぱっと見えるところにあって、まずこれを見つけられなかったはずないのに〜(不思議なのは、先日探していた時にはパーツを入れていたのと同じ色の箱がそこにあって中をみたら色鉛筆。なんでこんなのがあるんだろ?とその時は思ったの。それがないよ〜。幻か???)。

わー。

妖精とか妖怪の類はこんな風にいたずらするとか。
それか???それなのか???
それなら夢のある話なので笑って許しちゃうけど、自分の脳の機能的問題だったらかなり危険(^_^;) 大丈夫なのかしら、私。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-26 19:48 | スピリチュアルなはなし | Comments(2)

充実!

結構しんどい数年間があって、諦めたり手放したりしているうちに「それでも私は生きていけてるわ」と思うと随分人生というのがラクになり、昨年くらいからは好きなことだけ選んで生きててもいいんじゃない?というまでに。ついに悟った、、、か!(^_^;)
人生はシンプルに「好き」か「きらい」か、「やりたい」か「やりたくない」かの二択なのだと思う。ただの食わず嫌いや逃げてるだけの「きらい」や「やりたくない」ということではなくて、心が発することに素直に従えばいいだけなんじゃないかと。答えが出ないものは答えが出るまで待ってもいい、直感というものはいつ訪れるかわからないのだし。
そんな日々の繰り返しでいつしか気持ちが解放されたというのか。この頃の私にはフタをするものがなく、とても自由!子どもの進路や親の生活のことで悩みふさいでいる人も少なくないけれど、親でも子どもでも所詮は他人なのだし〜とそんなのまで手放しちゃったわ。自分の責任と思うところまで関わればそれでよし。それ以上は相手のもので私のエリアじゃないもんね。

こんなノーテンキな感じでいる私を心地よいと思うのか、最近は仕事やプライベートで相談事や「手伝って」ということが増えました。自分にとって「不要」と感じる肩の荷はどっさり降ろしましたので、軽くなった分、楽しいことならどんとこーいという感じでお引き受けしています。
楽しいことは楽しいものを引き寄せるのですね。次々と展開してなんだかおもしろいことができるかも〜というのもちらほら。心の中で進行中の企みも、早くカタチになりますように。




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-23 09:43 | 日常のあれこれ | Comments(0)

家事との両立

私の仕事場は自宅の一室で、突然の打ち合わせに備えて毎日掃除機くらいはかけておかねばならないという痛さはありますが(これが家族の生活の場であったのなら、今日はまぁいいかということになりますけどね)、主婦業も両立しやすいのでなかなか気に入っています。結婚前から自営業ですので専業主婦であったことはなく、それをいいことに「家事は手抜き放題」としても、です。

深夜まで仕事はしていても、17時を過ぎた頃から夕飯の準備。炊飯準備をしては仕事。煮物を作るのに鍋を火に掛ける合間に仕事。こんな感じで台所とPCの前をいったりきたりしている間に、仕事も料理も着々進むという具合です。
大学生だった頃、3人の子育てをしながら一級建築士の仕事をし、客員講師として講義を持たれていた先生から「女性だって家庭を持ちながら仕事することはできる」という姿を見せられ、独立して自営できたら私にも?と憧れたのが、まさか実現するとは。ほとんど真面目に聞くことのなかった住居学の授業。名前も忘れたその先生の生き様だけは心に残り「実家にいて母親に料理を作ってもらえる環境にありながら働きにもいかないサザエさんになるな。自分で道を切り広く松田聖子になりなさい!」と言われたのは今も忘れられないことば(松田聖子がアイドルを脱して、結婚してもなお一線で働いている頃だったのか???古ぅ〜(>_<))。

b0250223_1827579.jpgというわけで、本日は仕事の合間に生姜をいっぱい入れた炊き込みごはん。さきほど炊きあがりましたよ〜。わかめの酢の物、牡蛎と大根のみそ汁、豚肉の豆板醤と味噌の炒め物。ちゃちゃっと作っていただきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-22 18:29 | たべもの | Comments(0)

素肌力

今日は車検とお客様ひとりと会うお約束。とりあえずそれだけの予定だったのが、次々と人がやってくるという一日。それも微妙な時間差!絶妙のタイミングなんですよ、すごい(^-^)

お客様のひとりにスキンケアをしました。
私と同じ歳の彼女は営業で様々な人に会うため、お手入れ方法もいろいろ試しているのだなぁと言葉の端々から。それでも年齢なりの肌感、やり方次第でまだまだいけるよ〜ともったいなさも少々。せめて今日だけでもとプチ整形並みのメイクをプレゼントd(^-^)ネ!
普段見ているだけとは違って、顔を触らせてもらうとパーツごとにその人の魅力がわかるのもおもしろいこと。へぇ、彼女ってこんなに彫りが深かったの?こんなに目が大きかった?眉毛の生え方キレイ〜。痩せてるだけにフェイスラインのたるみはほとんどないよなぁ、、、、。
ただ、パーツってメイクでなんとかごまかし効くんだけど、肌感というのはなかなかね。60代、70代でもすごくキレイな肌の方のメイクをしたことがありますが、若さの基準は肌年齢だなーとしみじみ。毛穴の開きや深いシミは、それだけで人を老けさせるものね。若い時には気づかないことを人の肌からも感じるこの頃です!



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-21 21:56 | 日常のあれこれ | Comments(0)

やはりキレイは盛り上がる!

本日は友人宅へ、「美と健康」のお仕事で出張。
若いママたち3人のお悩みを聞きつつ、キレイ体験を楽しんでもらいました。

小さなお子さんに蕁麻疹が出たり消えたりするも、総合病院でも「原因不明」でどうしたらいいかわからないという若いママ。心配ないよ。体内の何かのトラブルをちゃんと外に発信してくれてるんだから、この子のカラダはちゃんとしてるよ〜と言うとほっとした表情。もしかしたら腸が乱れているのかなと聞いてみると、やはり強い便秘症とのこと。便秘が続くと顔に吹き出物が出るという人があるように、お腹の中と皮膚とは密接に関係していますから。病院では指摘されないとしても、改善する余地はあり!それで蕁麻疹がおさまることでもあればラッキー。
主婦湿疹でツメまでボコボコになってた方のは、ずーっと前の私の手に出ていたのと同じ症状(私のほどひどくはありませんでしたが)。そして、その方が使われていた食器用洗剤がまさに私がその頃使っていたもの。あ、やっぱりねという感じ。それをやめてみるだけでもひょっとした改善するかもよ〜と提案してみました。私だけじゃなくて他にも被害が出ているはずなのに、この商品って全然改善されてなかったんだなぁ。

子育て中でお疲れ気味の3人にスキンケアやメイク体験もプレゼント。20代、色白のキレイ肌はさらにキラキラ。一切化粧はしないのよという方は女度アップ。そうそう、この瞬間が嬉しいのよね〜。私はメイクが仕上がった時のぱっと明るくなる顔がみたくてこの仕事をしている気がする。ほんと、やり甲斐あるわ〜と思う。
来週はスケジュールが詰まっていますが、土日でしたらご予約いただけますよ。お子さんのアレルギーや主婦湿疹の相談でしたら、私の体験からお役に立てると思います。スキンケアやメイクはどうぞお気軽に(^-^)





ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-19 20:17 | 健康生活 | Comments(0)

蝕むものたち

治療を続けている腕まわりの痛みが強くなり、開業時間前の整骨院に電話を入れたらすぐどうぞとのこと。ありがたいことに院長先生が対応してくださった。治療をしてその日はよくてもなかなかすっきりとはしない症状(私がマメに通院しないのがよくないんだけど)、症状が起きてからの経過や前日からの痛みを伝えたところ、フンフンとお聞きになっただけで「みらいさんの痛みの原因はここでは?」と、症状があるのとは逆の鎖骨あたりをグイッ。「、、、となるとここらあたりに痛みが出ませんか?」「出る出る。いたーい(>_<)」。筋肉がこうくっついていて、この向きで痛みがあってこっちにはないということは、ああでこうで……と的確なご判断。
おかげさまで痛みが軽減。随分軽くなったのをいいことに、ふふふ〜んとそのまま図書館へ。

借りたのは4冊。感じのいいトーク術ってどういうところがポイントって書いてあるんだろう?とちょっとした好奇心から「話し方」に関するビジネス書を2冊。前にも借りたはずなのにもう一度読みたくなって越智啓子さんの本を1冊。ガムテープでバッグを作るという「これは手芸?工作?」な手作り本を1冊。

そして、もう一冊。以前借りたのに返却期限までに開けなかったグリーン・ライフの本。環境と人に優しい暮らしを徹底して行おうと提唱するアメリカ人著の本。持続可能な未来を確かなものにするために、安心安全な食を選び、生活用品を選び、水さえも環境ホルモンの疑いのあるペットボトルを避けるべきと具体的な対策や「なぜこれが危険か」というのが簡単にまとめられています。
ベッドマットさえもアメリカ製品はヨーロッパでは禁止されている化学物質で吹きつけ処理が義務化されているとかで、化学物質過敏症の人って睡眠時間さえも危険にさらされているのだなぁと考えさせられます。制汗スプレーは私も危険だと思っていましたが、それは(化学物資を脂肪がたくわえやすい性質を持っているのに)胸に近いところで使用されるのが乳がんとは無関係ではないとよく言われているから。この本でも、乳がんから危険視される化学物質のパラベンが検出されていることや、脇には脱毛した毛穴や傷があるので皮膚から吸収しやすくなっているという点も指摘。皮膚吸収って本当にするの?という人のために手軽にできる実験も書いてあって、足裏にニンニクを塗ったら15分もすれば口からニンニク臭がするんですって。へ〜。皮膚から毛細血管を通じて全身に廻り、解毒の機能を持つ肝臓へはその後に行くというので経皮吸収はこわいと言われますが、なるほどそんなに早く運ばれちゃうのですね。キロではなくてポンドで書かれているとか、日本では馴染みのない物質名が出てきたりはしますが、なかなか興味深い本です(まだ読み始めですが)。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-18 09:42 | 健康生活 | Comments(0)

終盤戦

b0250223_9465177.jpg私立大学希望の人の行き先はほとんど決まり、もう授業を受けに来ている生徒は少ないらしい。国公立を狙う人も塾の特別授業に出席という人も少なくないそう。息子のように学校頼みだと休むわけにはいきませんから、はりきって登校してください!いつも一緒に食べている友人がみんな休んでいるということ、少々淋しい弁当風景は想像しますけどね。

ふぅ。弁当作りもあとどれだけ?

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2013-01-16 09:49 | たべもの | Comments(0)