50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
ささやか
at 2017-04-26 09:18
アニバーサリー
at 2017-04-25 09:31
ナイトメア
at 2017-04-18 17:08
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秘めごと

なんでもオープンに見えて、いろんな秘めごとがございます。
とくに恋愛においてはね。大事なことは自分だけがわかっていればいいの。まわりの人にはきちんと伝わらないのだし、その伝わらない部分で微妙な誤解を受けるのなら、最初からうやむやにしちゃえというのが最近の私。仲良しさんの「今、付き合ってる人いるんじゃないの?」にはえへへへ。仕事関係の方には「公式にはフリーということで」とむにゃむにゃと。相手がいてもいなくても他人のことなんてそんなに興味ないはずなのに、独身に戻ると割とよく質問されるのですよ。おもしろいなー。ずっと独身貫いている人にはタブーな質問という感じなのにね(^_^;)

無関係な人を「新しいカレシです」と紹介することも、ままございます。みんな「あー、はいはい」と受け流してくれると思ってのことですが、昨日、仕事仲間に「そんなことばかりやって、カレシできたんだねってホンキにする人だっているでしょうに。紹介のチャンスを失うよ!」と。いやいやいや、昨日それやっちゃった彼はおしゃれイケメンくんですよ。私の相手とは誰も思わんて〜σ(^◇^;)

水面下では燃えるような大恋愛してるかも。
いや、必死で人生のパートナー探しているとこかも。
いずれにしても、ゴロゴロしちゃった土曜日。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-25 20:16 | 日常のあれこれ | Comments(0)

人と人、そしてまた人。

昨夜はエマノンミュージックさん主催の「ガイアクアトロ・コンサート」へ。
女性なんだけど演奏がダイナミックで男らしいんよと聞いていたヴァイオリン。まさしくその通り、ヒーリング系のヴォーカルと内面からわき出すような演奏。それに負けず力強いピアノに存在感のあるベース、大地へ宇宙へ太古へとイメージを膨らませるパーカッション。まさに魂の演奏を見た想い。もしこんなのを子どもの頃に見ていたらクラシックな楽器の印象が払拭されて「ヴァイオリニストになりたい」なんて夢見たかも。音楽は幅広く聴いていた方がぜったいに楽しいと思った瞬間。

そんなコンサートへ10数人のお友だちを誘って行ってまいりました。
それぞれグループが違うお友だちなので、会場でお引き合わせ。スポーツする方には整体師、商品の販路開拓をお考えの方には広告制作者、個人事業主には助け合える関係になるかもしれない個人事業主、おもしろい人にはおもしろい人を。先日のパーティーでご一緒した方や高校時代の友人や私の大好きなシンガーの方とも会場でぱったり会ったりして、私のてんでバラバラな交友関係に笑われてしまいました。
仕事仲間ばかりでつながってもね、幅はいつまでも平行なままで膨らみは薄い。なので「つるむ」ということをいつの頃からかしなくなりました。仕事人としてのつきあいもあれば母としてのつきあいもある。音楽やアートを通じた仲間もいれば、読書を通じた情報交換する人もいる。いろんなところにちょこちょこ顔を出していたら、なんとなくつながってる友人が増えたのはうれしいことで。そんな人たちをつなげたりつなげてもらったりもおもしろいなーと思う。人から人、そこからまた人へとつながるうちに、すごく気が合う人に行き着くこともあるし。

知らない人からメールが来たなと警戒したら、少し前に飲みの席で知り合って意気投合した人でした(←その場のノリで、また飲もうねーと名刺交換していたのでした)。「人の顔と名前を覚えられない」という特技のためにその方のことはあんまり覚えていないのですが、また機会があれば。こんな風にちょっとしたきっかけから続いていくのも不思議で楽しいなあ。
あ、私、こう見えて人見知りなんですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-25 09:24 | 日常のあれこれ | Comments(0)

同業女子

広告デザインの仕事に足を踏み入れたとき、なにがいいって男女に差がないのが抜群に気持ちよかったんだよね。まだ男女雇用機会均等法があやふやな時代、たいていの業種で、女性はお茶くみとコピー取りにブーブー文句を言っていて、賃金格差もあったし、役がつくほど勤め上げる人なんてほとんどいなかった。「寿退社」っていうことばが当たり前に使われてたしね。そんな中で、男も女もなく実力勝負のこの業界。女性が起業するのも、広告デザインなら珍しいことじゃなかった時代。


が、、、、

この前も制作会社のやり手社長と話してて、今、この業界で女性がボスの会社ってないよねーと。私のような個人事業で細々とやってる人はいるにはいるけど、それでもそんなに多いわけじゃない。ましてや数人抱えて事務所としてやってるところってあるのかな???以前はあったけど、今はどうなんでしょ。広告代理店にしても、私と同世代とか上世代で活躍されている人は数えるほどになっちゃった。あれ、あれれれれ。おかしいなー。

という中で、昔からお付き合いのある女性ディレクターと久々のお仕事。最寄り駅まで車でお迎えいただき、1時間ほどの車中でしゃべったしゃべった(笑)
運転する20代の営業くんにしたら私ら「母親」世代。彼にしてみたら、そんな妙齢独身女子の会話は驚きの連続だったかも。仕事、恋愛、日々の生活、老後のこと、、、、まだ20代にはわからんよ的な話を延々しゃべり続けるわけですからね。
お互いおひとり様になったよな。老後どうするの?ちょっと淋しいことない?けど、結婚なんか今さらしないよなぁ。えっ、するの?同棲するパートナー程度でよくね?経済的なこと考えるとかちっとした仕事してる人がいいけど、生活はおもしろくないよなー。やっぱり、ダメンズってくらいの方がどこか魅力があっておもしろいもんな。そりゃ私ら、いい相手なんて見つからんわ、あははははは。

もうどんな仕事でも動じることはないし、責任に応じたものをこなすだけ。残りの問題はプライベートなことなんだよね。がんばって働いたら結婚すること忘れちゃってた。若い時はそれでよかったんだけど、なんだかね。ひとりぼっちの老後を考えると寂しさが骨身に沁みるね〜という話を。ふぅ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-23 09:08 | しごとの風景 | Comments(0)

極めるは、すばらしい。

昨日はキノコ観察会へ。先日ご紹介いただいたばかりのキノコバカ=H氏に連れられ、車で1時間弱の自然保護センター。まぁ、おもしろかったこと!キノコのことは当然のことながら、世の中にはいろんな人たちがいるんだなーと。そして、好きなことを極めるってこんなに楽しいことなんだなと、先輩諸氏の姿にすっかり魅了された一日となりましたわ。

H氏を紹介してくださった方からは「仕事よりもキノコの人」とはうかがっておりました。はい、そのキノコ愛は道中たっぷり感じさせていただきましたが、それプラスの話の興味深かいことったら。私のツボに話が振られるのは、もしかしたらご自身と同じにおいを感じられたからなのでしょうか???コーヒー、アート、自然農、バロック、料理。どれも私の大好物で、ただまったく違うのは、H氏はすべてにおいてある程度のレベルをお持ちであるということ。「コーヒー、お好きですか?」にはいと答えて好きなコーヒー屋さんの名前をあげ「あなたは?」とお聞きすると、「ぼくはフェアトレードの豆を注文して家で自家焙煎して、、、」。「自然農って、もしかして興味があるんでは?」にはいと答えて、いろんな農法があることに興味を持って図書館でそれ関連の本をあれこれ読んでた時期があることを告げると「ぼくは某氏の自然農を学びに行って菜園借りて自然農やってて、、、、」。ひーーっ。どれもホンキじゃないですか!!!!私のなんちゃって知識では、その入り口の話しくらいしかできません。

昨日のキノコ講演会の講師であるS氏とは活動を共にされるお仲間のようで、S氏にぴったりくっついて歩いたらいいですよと先に教えてくださったH氏。で、70人ばかり参加者がおられましたが、そのアドバイス通りに「S氏の彼女か!」くらいの距離感で山道を。このS氏の話がまたおもしろかった!「私、前は松茸ハンターやってたんだよね」「どのくらい収穫されてたんですか?」「多い頃で100本から200本。少ない時期は数本。自分が食べるのは1本くらいで、売るわけじゃないからみんなあげちゃってた」「えっ!!!」。道々で見つけた蛾のまゆや野の花の名前を教えてくれたり、子どもにセンブリ食べさせてにやっとしたり。スズメバチはまっすぐか上しか見ない習性があるから、逃げ切れないときはぱっと身を低くするとスズメバチから姿が消えたように見えるとか、本当は木を伐採や剪定して(若い木はそこから新しい枝がでるので木を殺すということじゃない)手入れしていかないと自然保護にとってもよくないのに、それを知らない人たちの「木を伐るとはなにごと!」という反対運動で山がダメになっている、とか。キノコを極める上では、地質や気象やあらゆる知識が必要となるだけに、博学でもいらっしゃる。どの話も素敵。でも、一番なっとくしたのは「山で道に迷ったら、上から降りるポイントを決めて、道がなくてもコンパスをたよりにそのまままっすぐ降りていきます。これが確実」というの。知識とか知恵とかじゃないところがいい。道は自分で作るものなのですね(^_^;)


オタク気質というのかしら、愛するものにとことん注ぐ人っておもしろい。私もひとつくらい、人を「ほーっ」と言わせるネタを持ちたいもんです。キノコ、これから深めていこうかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-20 09:03 | 日常のあれこれ | Comments(0)

国を超えて思うこと

最近そういうのが増えているのか、Facebookから国際恋愛の漫画を目にすることがときどき。相手はフランス人だったりアメリカ人だったり。私は恋愛とはまた違うスタイルですが、カナダくんと知り合って半年。よき友人として月に何度かデートするうち、いろいろ感じることや発見も多く、最近は「恋愛するなら日本人じゃない方がいいのかも」と思うことしばしば。が、それも条件付で「日本で暮らす外国人(もしくは海外生活の長かった日本人)」ね。
この漫画のカップルについても、たぶん恋愛対象として成り立っているのは、相手がフランス人だから、アメリカ人だからというのじゃないと思うんですよ。他の国で生活しようというユニークで自由な発想持ってる国際人だから魅力がある、そこなんじゃないのかな。アメリカにいるアメリカ人やフランスにいるフランス人や日本にいる日本人より、そこから飛び出してる人の方が遙かにおもしろいでしょ。カナダくんも相当おもしろい。「年齢だとか立場だとか、それが何?いつでも挑戦すればいいじゃないの!」とポジティブにしてくれる姿になんだかほれぼれ、尊敬しちゃうんだよねー。

そりゃあ、いい加減な遊び心で他の国の生活をただ楽しんでいる人もいるのでしょうが、それにしたってどこにも飛び出さなかった私にすれば勇気ある姿ですよ。若い女子なら一度くらいそういうガイジンさんと付き合ってみるのはいい経験になると思うのです。

という私は、日本の中だけできわめて日本的な教育を受けてきたゆえ、最初はちょっとばかり戸惑いましたけどね。若い頃ならいざ知らず、この年齢になると「おばさん」としての扱いしか受けないので、普段の生活で女性ということを忘れてしまいがちでしょう?それがきちんとエスコートされるといいましょうか、歩く時にはさりげなく腰に手を添えられるとか、髪型や服装やなんでもないことをひとつは褒めてもらえるとか。飲みながら仕事の話もクドクドするんじゃなくて、この場ではロマンチックじゃないからやめましょうとスマートな切り上げ。ほー。
もうね。友人とはいえ、そういう経験してしまうともう日本人とは付き合えないなと思うわけですわ。ねー、女子の皆さんわかるでしょう?

てな話を日本男児の友人たちにしたら「そんなこと、小っ恥ずかしくてできるか〜」と一笑されましたけどね。ま、そりゃそうですな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-17 10:01 | 日常のあれこれ | Comments(2)

キノコ仲間

b0250223_17451636.jpg雨天決行のキノコ観察会ですが、さすがに台風はまずいよなーという判断で参加を断念した今日。秋のキノコシーズン。楽しみにしていたイベントなのでいつもの私なら地団駄踏んだところですが、今日の私は余裕なんですよ、ふふふん。と、いいますのもね。前々から「キノコバカがおるんよー。行くとキノコの写真ばかり延々見せられて、もうええ加減にせえっちゅう感じなんよ」という方の噂を聞いており、「会いたい会いたい」と言い続けていたら先日ついにご対面!!!!!紹介された直後から「この前の●●先生の観察会行きました?」だの「この前、いいキノコ見つけたんですよ。あ、写真見ます?」だの「■■先生の著書はいいでしょー。体験に基づいてるから説得力あるんですよねー」と矢継ぎ早。なんだ、このおもしろい人!
キノコ観察会に行き始めて数年、そこでもかなりヘンテコな人と知り合ったけど(私にだけ「これ、毒って分類だけどおいしいよ」とコッソリ食べ方伝授してくれる人とか)、ちょっとレベルが違うキノコ愛。岡山のキノコ界を押し上げていかねばと熱く語られ、足がないから観察会に行けないというのもわざわざお迎えに来てくださると!!!
いいタイミングで、いい方と出会えたよ〜ん。

同じくキノコつながりで出会ったカナダくん(←なんでガイジンと友だちになってんの?!と聞かれますが、最初はキノコの話で意気投合。彼は自分の話をあんまりしたがりませんが、趣味でキノコの菌を培養していたキノコバカ。仕事でもキノコエキスを取り扱ったり。付き合えば付き合うほど興味は尽きず、今、国籍も年齢も超えてサイコーで特別な友人です)に報告したら「ボクモソノ会ニハイリタイ」。よっしゃ、一緒に岡山のキノコ研究会に入会じゃ!彼はしばらく里帰りなので、まずは私だけ観察会に参加よ。たのしみー\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-13 17:27 | 日常のあれこれ | Comments(0)

いい気の流れる場所

先週はいろんなところに行って、たくさんの人に会った。久しぶりの人から電話があったり、会いに来てくれたり。動きのある1週間だった〜
天皇陛下から授与された勲章見せてくださった方からは、儲けるために働いたことは一切なくて、お客さまのためにああしようこうしようと思ってたら「気づいたらお金に困ったことはなくて」といううらやましいお話。だから仕事とは全然関係なくお客さまにアドバイスしたり、本当に「困ってる人を助ける」って感じで駆けつける姿が垣間見えて、この人の福耳は後天性のものだよなとまじまじ。仕事より趣味が大事という方の、人生楽しんでいるからこその充実の笑顔もすばらしかった。地域のためにおもしろいことをと取り組んでいる方のパワーを感じたり、仕事がそのままライフワークになっている方の、素敵な人に囲まれた生活に感動したり。
人を魅了する人ってみんな「仕事が趣味」とか「仕事一筋」みたいなビジネスの小さな枠にとらわれていなくて、のびのび大きくていいなーといつも思う。で、そういう人ってみんな「いい気を発している」と感じるし、空間そのものをいい気に変えたり、そういう方一人ひとりがいい気のある場所に集まるからすごいパワスポみたいなのが生まれるんだろうなーと勝手に解釈。魅力のない人って、やっぱり光らない場所や人に引き寄せられているというか、これは「類が友を呼ぶ」ってやつだから仕方ないんだな。
なので、勉強会とかセミナーでの自分磨きも大事かもしれないけれど、そんなことより私は「いい気」の人や空間を見つけて、一緒に時間を過ごすことの方が大事なんじゃないのかなと。行き詰まっている人は一旦仕事を休止して、いい仲間に囲まれてキラキラしている人の集まりに行ってみたら流れが変わるかもしれないよ(重くてよどんだ空気うずまく勉強会やセミナーじゃなくってね)。ま、気とかオーラとか、私にゃ見えないけどね(^_^;)





ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-12 17:08 | スピリチュアルなはなし | Comments(0)

言いたい放題

あれやこれや、たくさん毒を吐きながら働いてきました。
今日の仕事チームは仕事をご一緒する機会はそれほど多くはないものの、長く知っている面々。少々の毒は許してもらえるでしょうという心やすさから、仕事の質や進め方や前々から感じていたあれやこれやを直球でドーン。黒い私が顔を出しました、エヘ。

そういえば最近の私は素直です。

会いたいときには会いたいというし、好きな人には好きという。かわいいと思わない人にはかわいいと言わないしね。

生きるのはシンプルがいいな。嫌いなのに好きとか。したくないのに泣く泣くやるとか。これまでたくさん我慢してきたけれど、そんなことまでしなくていい(だって私もう、だいたい50才だもぉん。許されるよねー。ねー)。今日もそんな一日。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-11 19:49 | しごとの風景 | Comments(0)

満月の夜に

b0250223_10565137.jpg岡山市の中心部にある石山公園は、アートとか音楽とかオープンカフェとか、よくイベントに使われるスペース。そして、岡山城をのぞむ絶景ポイントでもあるのですよ。私、このあたりからの眺め、好きなんです。
「満月バー」というイベントが始まったのはいつからなんでしょう。岡山駅からほど近い西川緑道公園で定期的に開催されていましたが、人が多くてゆっくり飲めなさそうだなと行ったことはありませんでした。それが先月、スペースも広い石山公園に場所を移し(西川と日にちを変えて開催)、しかもこの絶景ポイントに向かってカウンターが設置されるというじゃないですか!ローカルニュースにも取り上げられたりしてちょっとした話題にはなっていたし、たまたま仕事で情報収集の必要性もあったので、昨夜カナダくんと行ってまいりましたよ。

昨夜は満月。しかも皆既月食。赤い月が見られるという日。晴天にも恵まれて空はいい感じ。最高の条件が整いウキウキ。まず10枚綴りのチケットを5000円で購入して、それを各コーナーで食べ物や飲み物と引き替えるという仕組み。あまったチケットは最後に精算して返金してもらえるので安心です。1綴りでいいんじゃないの?というのにカナダくん2綴り購入。ま、結果として正解でした(^_^;)
イタリアンやタイ料理や中華や自家製生ハム、、、食事メニューも祭りの屋台じゃございません。ワインや日本酒のラインナップもすばらしく、ふたりで初めてイタリアンビールも飲みました(←これ、おいしー)。人はゴチャーといましたが、運良く月と旭川と岡山城をのぞむカウンターコーナーへ。キャンドルに照らされて乾杯。おほほほ、たまにはロマンティックなデートもいたしますのよ。

こんなにちゃんと天体ショーを見たのは久しぶりです。月が昇り、まんまるから欠けてゆく様、赤くなり、また輝きを取り戻す姿、自然ってすごいねーと言いながら飲む飲む。途中でキャンドルが消えてしまい、隣のキャンドルからもらい火をしようとしたのがきっかけで、その前にいたカップルとも意気投合。女同士、男同士、混合の場合でもあきらかに会社の仲間という人たちが多い中で、外人さんとおばさんの組み合わせは目立ったのでしょう(スタッフの方に写真も撮られましたしね)。「実はずっとふたりが気になってて、話しかけようかなと思って隣に来て飲んでたんです」って。で、4人でしゃべりながら引き続きの天体ショーを楽しみ、すっかり打ち解けて次の店。さらに次の店では、初めて会った人やマスターともお友だちみたいな感じで楽しい時間。

あれ。私、こんなに人なつっこかったですかね?満月パワー、、、ということにしときましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-09 11:12 | 名所・観光 | Comments(0)

軽薄なまいにち。

石橋を叩いて壊すほど慎重。えぇ、かつては言われたもんですよ。かつてって、ほんの数年前のことですが。明日のことさえわからないのに、あなたは見えない未来のことまで考えすぎと友人から諫められたほど(その友人の方が先に逝っちゃいましたから、後に、見えない未来ばかり考えたって仕方ないって理解できました。一寸先なんて本当にね)。ま。けど、そのくらい自他共に認める慎重派だった私は、一体どこ行っちゃったんでしょうか。

いろんなことを経験した結果、お金も仕事の有無もさしたる問題じゃなくて、命さえあればなんとかなるもんだと悟ったら強いもんです。その上に、結婚という縛りから解放されて自由度を増したのですら、もうもうもう!!!!!最低限の責任さえ果たしたら誰にも文句は言わせんよとばかり、気ままで楽しい人生を邁進中のワタクシ。諸々問題が出てきても「いいのいいの、考えたって仕方ないもんはもう考えないもーん」と笑っている間に通り過ぎていたりして、軽薄バンザイです。

明日なくなる命かもしれないと思えば、どんな人も存在が愛おしく感じられるし、先延ばしにしないでやりたいことやっちゃいなと弾みはつくし。これまで躊躇していたこともそうやって無駄に考えることがまどろっこしく思えるもので、「世間体より自分の気持ちでしょ」とか「金は後からついてくる!」の信念でぱーっと行動に移してしまうことも増えました。
まあね。昔のクセで時々考えてしまうこともあるのですが、それも短いことですよ。

おもしろそうだから行ってみたいという気持ちのまま、お遍路旅も今月末くらいに実行することにしました。何持っていこうとかお作法はどうすればとか、もうね、あんまり考えないことにしたの。半分計画して半分無計画で、寝るのはテントか車でいいじゃんくらいの予定で行ってきます。台風のこともあるし、いつからいつまでとは決めてないですが、「明日決行、行ける?」「OK!行く行く」のタイミングで突然行っちゃう可能性もありなので(しかも数日間)、月末の仕事予定は入れないことにしました。人生は楽しいこと優先。いつ死んでも「楽しい人生だったー」と言えるよう心置きなく遊びます。←という「月末は休みますよー」告知でございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-10-03 10:22 | 日常のあれこれ | Comments(2)