50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
ささやか
at 2017-04-26 09:18
アニバーサリー
at 2017-04-25 09:31
ナイトメア
at 2017-04-18 17:08
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

<   2014年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

どちらさまも、メリークリスマス

遠距離恋愛のカレとのデートは望めず、ひとり淋しく過ごすんだという女子を伴って焼き肉食べに行く。という話にほっとした私のイブ。あぁ、去年はイタリアンレストランでワイン飲んだっけなー(遠い目)。
もっと心配なのは、大学生のくせ女子とのクリスマスデートがないという息子ですよ。近所のイオン系スーパーで寿司とキチンを買い、サラダくらいは用意して、二人でワイン乾杯。ケーキではなくミニシュークリームでなんとなくクリスマスだなーという気分を出してみました。えぇ、そんなハートウォーミングなイブでした。

b0250223_925527.jpgどうせ家にいるんでしょ!と見破った友人からうれしいプレゼント。そして同様、どうせ一人で過ごしてんだろと確信して電話してきた幼なじみ。「ロマンチックじゃないイブを過ごしてる」というと「ロマンチックの語源からすると本来の意味は、、、」と講釈聞くハメになった今年のクリスマス(号泣)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-25 09:31 | 日常のあれこれ | Comments(0)

今年の仕事、来年の希望。

今年は今まで以上に「人」にまつわる仕事をしたなーという実感。私は、ひとつの仕事への集中はハンパないのに終わってしまうと根こそぎ忘れるというタイプ。それで、その仕事に関わっている期間は鮮明なお名前も顔もほとんど忘れてしまっている、、、とのいうのはあるのですけれど、そんな私がきちんと内容を覚えていられるほど印象深い取材が多かった一年。
会社のトップや特別な功を遂げたというのではなくても、なにかその道でコツコツとやってこられたことへの魅力。それを短い文章でどう伝えればいいのだろうと頭を悩ませた。それだけ人に関わる仕事がおもしろかったのね。私はこういうジャンルが好きなのだなとも認識しましたよ(これまで意識してこなかったのも不思議ですが)。

b0250223_1030829.jpg去年あたりは「食」に関わる仕事がおもしろく、それ以上に「人」がおもしろいと感じた今年。そして、なんとなく来年は「旅」についての仕事の幅を広げたくなりました。そう思って浮かんできたのは雑誌『日々』(←創刊から間もない頃には手に取ることの多かった!今でも続いているのですね)。
好きな人や場所やモノを訪ねてふらっと出掛けて取材する。本当に「好き」だけを大事にしているから、写真も文章も心が入っていて臨場感あふれるのが心地いいのです。あぁ、こんな旅取材なら楽しいだろうなー。いかにも、ガイドブックやグルメ本みたいな型どおりのものが苦手な私向きです。こんな媒体でこういう仕事をという企画もタイトルももう頭の中にはありますが、広告費が取れるものになるのか営業的にはどうなんでしょ。こういうモノは一緒に旅も仕事も楽しめるチームがいいなあ。提案してみようかしらん。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-24 10:33 | しごとの風景 | Comments(0)

朔旦冬至なんですってよ、みなさん

全然知りませんでしたが、今日は19年に一度の「朔旦冬至」なる日なのですと。新月と冬至が重なる日で、スピリチュアル的にも意味があるようで。そのせいではないのでしょうけれど、この数日、いつもは楽天家の私のメンタルがすこーしダウン。「え、こんなことで?」という小さなことでネガティブ思考に襲われ、「私らしくないな。でも、こういう思考もたまには大切だよねー」と(←ああ、もうこのあたりが立派な楽天家なんですが)言い聞かせながらやり過ごしておりました。

なにか変化があるときにはやたらと「33」「333」を見るようになる前々からの現象も2日ほど前からやってきて、このメンタルダウンもそのための準備なのだなーと構えていた中、今朝は髪の毛をばっさり切ってショートボブにするという夢。普段は夢などみないほど熟睡派ですが、そのシーンだけ覚えていて、それも「似合ってうれしい〜」とか「失敗したぁ」という感情ではなく「これ、似合ってるのかな。どうなのかな。ま、切っちゃったんだし、これでいいよね」みたいな、よくわからない感じ。

この朔旦冬至も今朝知ったばかりで実はよくわかっちゃいませんが、普通の新月よりはパワーがあるのでしょう。リセットして、新しい志を立てるにはもってこいかと。19年に一度のタイミング、せっかくなのででっかい志を示しておくことにしましょう。私の人生においても、社会のためにおいても。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-22 10:36 | スピリチュアルなはなし | Comments(0)

雨の翌日

昨日は冷たい雨が降り、今朝は晴天。それでも山の空気はひんやりしているだろうかと、くるぶしまでのレギンスをはいてパンツを重ね、ヒートテックの上にセーター。迎えに来てくれたカナダくんとピザトーストとフルーツ。簡単な朝食をとって里山へ。冬のきのこ観察会は毎回寒い。寒い思いをしてもなかなかきのこには恵まれず、サルノコシカケやカワラタケのような地味なタイプのきのこが見られるくらい。それで「きのこ観察会に行ってみたい」という友人にも、初めての参加なら冬場はおすすめしないと伝えていた。

そして今年は、早く猛暑が訪れたと思ったら長雨続き。夏の天候が無茶苦茶だったこともあってきのこの生育にも影響。いつもは冬のきのことして期待できるエノキタケも少し早めに出てしまったとか、この時季には姿を消しているはずの種が顔を出していたりとか、普段の冬とは違う様相だとのこと。エノキタケが見られたらいいんですけどねーと言いながら山に入る。
数年、この会に参加して初めての散策コース。きのこ先生たちが前もって目をつけていたところらしい。それが大正解!この一帯は柿の産地。エノキタケは柿や梅の木に見られることも多いのだそうで(その他にもいろいろ。私のきのこ師匠はカエデでも見たというし、この前連れて行ってもらったところではシイに生えていたはず)、いくつかの場所で生えているのを確認。やはり早い時季に出てしまったのか、老菌も多かったものの、カナダくんは柿の根元から顔を出している若いエノキタケ発見!株の半分ほどを収穫させていただいた。

エノキタケは市販品のそれとはまったく違う。野生種に比べると、市販品はもやしとかスプラウトのような感じ。自然の中ではどっしりと育ち、一見してそれとはわからない。が、においはほんのり甘いようなエノキタケの、そのもの。私たちが見つけたりは柄が白くて下の方だけ黒かったのですが、もう少し生長したものは柄の全体が黒いのが特徴。間違えやすい毒性のニガクリタケとはそこが見分けのポイント。また傘の裏がエノキは白、ニガクリタケは黒。
きのこの知識が少しずつでも増えるのはおもしろい。そして、どんどん山が好きになる。冬の山は落ち葉がいっぱい。積み重なってフワフワしたところを歩く気持ちよさったらない。雨の翌日だからか木々はキレイに洗われて景色がフレッシュ。土と葉が入り交じったような香りも立つ。大自然が身近にあった暮らしをしてきたからなのかな。カナダくんは山にいるとき、本当にうれしそう。いつも飄々としているけれど、それ以上。心からリラックスしてるんだろうなーと思う。

b0250223_1894996.jpg収穫物はふたりで早速お昼にいただくことにしました。持ち帰って土を落としてよく洗い、アゲや白菜と一緒にお味噌汁に。卵焼きをつくり、昨日の残り物のアミ大根を添え、スーパーで買ってきたお寿司をシェア。エノキ汁は香りも歯ごたえもよく、抜群のおいしさ。山歩きの後だからなおさら。

余談ですが。フィールドワークのあと、同定に参加。今回、講師陣のひとりとして参加だったきのこ師匠と話をしていたら、カナダくんと師匠が同じ本を読み、「興味深い」と思っていたこと判明。マジックマッシュルームを自分で試した体験を踏まえた博士の著書らしく、以前、カナダくんが私に聞かせてくれて「それ、読みたい」と思っていた一冊だった。きのこ師匠が持っているとのこと。借りなければ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-21 18:28 | グリーンライフ | Comments(0)

おうちでランチ

今週は取材やら打ち合わせやらがドバッ。今日くらいはと何とかやりくりして(それで昨夜はおそるべき仕事量に)ランチデートの約束。行きたいねと話していたフレンチもいいし定食屋で魚料理もいいしと思っていたら「刺身買っていく。ごはん炊いててね」。はいはい、サイドメニューは味噌汁とサラダと卵焼きくらいでいいですかな、、、とおうちごはん。

昨日は自然食ランチでその前はクラムチャウダーのパスタでねと、最近外食したおいしい話をしながら、なんでもないごはんを食べる。
ほっとできる、こんな時間が私の栄養源。

さぁ、まだまだ仕事。今夜ももう一息、がんばろうっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-18 19:18 | たべもの | Comments(0)

きのこゆびわ

今日は雑貨屋さんの取材という、小躍りしそうな仕事!
キレッキレの営業様のお計らいで自然食ランチをごちそうになり、もう仕事前からやる気満々(笑)
取材嫌いな私が嬉々として仕事できるのも、「楽しんで仕事しましょう!」という彼のスタンスのおかげ。本当にモチベーションの上げ方うまい。またやられた(笑)

で、はじまった今日の取材のこと。


以前からお客として出入りはしていても、なかなかお店の方と話すには至らないものでしてね、私。それもこれも人見知りゆえでのことで、他にお客のいない間の悪さったらなくて、ちょっと「これいいですね」なんて声に出せばいいものをそれができない。が、一転仕事となると「だって取材ですからー」という顔をしてアレコレ聞ける。この仕事、人見知りにはいいのかも。

取材をしながらも目は商品。雑貨屋はきのこモチーフのものも人気なので、ああっ、こんなのが!!!というのもあるのですよ。はい、仕事のあとではお客さんの顔ですね。買っちまいました。すぐつけますから〜なんて言って。

これ。
b0250223_22575274.jpg


どこの国のでしたっけ?子供用のおもちゃリングだそうです。小指くらいかなーと思ったら、薬指にぴったり。左手は「いつか」のときにとっておくとして、右手にはめました。はぁ、可愛いわー。どうしてくれよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-17 23:03 | 雑貨・カフェ | Comments(0)

呪縛

昨日の選挙結果はちょっと不思議なモノだった。みんなあんなに文句を言いながら、他に選びようがないというだけでこの結果?国民なめんなよという動きの少しでも見られるかと思っていたから(沖縄は想像以上でしたけれど)、なんだかがっかり。気が抜けちゃった。
四季があるから風景も食べ物も豊か。優しい国民性でおだやかに暮らせる。私はそんな日本が大好きだけれど、生きていく環境としての大前提である「平和」が覆されるのなら、ここにしがみつく理由はない。

これまでずっと今の住まいを安住の地と決めてかかっていたところはあったのに、最近その考えが変わってきていたとこ。暮らしていくのに便利だし、地域の人も親切だし、好きな環境には違いなくても、夢見る暮らしはまた別。バス路線がそう遠くない程度の田舎で、少しばかりの野菜作りながらたまーに好きな文章書いてお小遣い稼ぎするような悠々自適の暮らし。どこか行くたびに「ここもいいなぁ」と眺めたりしていましたが、「どこか」というのは別に日本じゃなくていいよなと思った昨日。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-15 19:31 | 日常のあれこれ | Comments(0)

腐葉土

b0250223_9435628.jpg昨日は地下生菌の探索にお誘いいただく。数年の間、年に3回程度参加してきたきのこ観察会。私のきのことの関わりというとその程度だったのに、この秋、きのこ愛20年というH氏にお引き合わせいただいてからきのこ街道まっしぐら。

10月に自然保護センターでの観察会にお連れいただき、11月には県北の森林公園で2人観察会。そして今回。その合間にご自身撮影のきのこ写真を学名付で送ってくださり、知識を深められるようにと私のレベルに合ったきのこ図鑑をお貸しくださる。もう至れり尽くせり。今回は20年前に出版されたものという図鑑。

という感じでズブズブと「きのこ底なし沼」に引き込まれている今日この頃。初心者の私がいきなりの地下生菌ですよ。ご案内くださるのは、トリュフハンターでこれまで8キロのトリュフ(正式にはまだ認定されていない。生息環境も違うので亜種ととらえられていますが、色形も香りもそのままトリュフです)を獲ってきたという方。その方が「ここは前々から“ある”と睨んでいる」場所で、地下生菌がどういうところに生息しているかポイントをレクチャーの後、がさがさと積もった落ち葉を掻くという地道な作業を開始。トリュフに限定しているのではなく、ショウロとか、その他にも地下生菌はきのこ好きでもほとんど知らない種があっておもしろいのだそうな。

b0250223_9451069.jpg結果として、誰一人発見できず寒い思いだけしたのですけれどね(その後、車で1時間かけて移動しながら2箇所。3箇所探して地下のは不発に終わりました)。
それでも楽しい。これまで意識したことはありませんでしたが、ガサガサと落ち葉を掻いて見えてきた世界のおもしろかったこと。堆積された葉でできる土って違うのだなと気づかされたり、菌類が分解している様が感じられたり、発酵が進んだ香りを嗅いだり。自然に恵まれ、雨の多い地域に生まれ暮らした友人が言っていた。雨の降った森の香りが好き。葉が土に還る前の、この強い匂いのことを言うのでしょうか。
堆積された葉と、その下のまだ若い土の上はフカフカ。いつも以上に、自然の力にうーんとうなる。


ここからはおまけの話。

b0250223_9452796.jpgトリュフハンターが手ぶらで帰すのは気の毒だから、、、と熟成した黒トリュフをくださいました。
11月は師匠が獲ってきた数個のトリュフを贅沢にいただきましたが、「香りはあるけど味や歯ごたえは何てことないね」というイメージだったトリュフ。が、が、が!!!それは調理次第だったのですね。トリュフ料理の試食用にフレンチのシェフに頼みましたというライスコロッケとポテトサラダ。ああ、トリュフの香りって鼻に抜けるのだ!ちゃんときのこらしい歯ごたえがあるのだ!これまで外でお目にかかった「トリュフ使ってます」というのも刻んだようなのが申し訳程度にかかったものだから知らなかった〜。なんという華のある食材なんでしょう(濃厚にチーズを効かせたマッシュポテトとかだと抜群と思う。赤ワインでいただきたいなあ)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-14 09:45 | グリーンライフ | Comments(0)

いろ

友人がカラーセラピーのようなものを学び始め、それがすごくおもしろいのだという。夫や子どもや友人との人間関係も色にしてあらわすととてもよく理解できるのだ、と。自分が相手を何色でイメージしているか、そして相手から自分は何色でイメージされているか。それだけでもなんかわかったような気がしない?ふんふん、そうかもねー。

たしかに人には色がある。
そして、私が思っている自分の色と人から見た色は全然違うのかもしれないし、一致しているのかも。スピ系の何人もが「あなたのオーラは黄色」といい、全然見えない人からも「みらいちゃんって黄色」と言われるから私は黄色キャラなのでしょう。以前好きだったのは紫色で、最近よく使うのは緑。着ているとほめられるのは赤、それはインパクトのせいでしょうか。ただ、似合うのは意外に黄色なのかしら。

私はコピーにも色をつけます。
それは、この仕事に携わるようになってからずっとのクセのようなもので、音楽とか形とかよりも色をイメージしながら仕事をしているところがあります。それが何なのか、クライアントさんのイメージなのか私が勝手に創り上げているものなのか文字からくるものなのかは無意識すぎてわからないのですけれど。


今日のブログは途中がオレンジで、全体は薄いきみどり。


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-12 09:30 | しごとの風景 | Comments(0)

スタンス

コピーをつくる仕事は天職ではないとしても、私の性格や資質に「合ってる」し「好き」なこと。ストレスなく生活費を稼げるのだから、こんなに楽しいことはありません。ただ、これを事業として考えてしまったら、合理化や循環の代わりに、独り占めできている楽しみが半減しそう。だから、誰彼の指図は受けず今のやり方でのびのび働くのがいい、というのが私のスタンス。

私が持っているのは事業家になる資質ではなく、自分で何かを興すタイプじゃないことは重々承知。それが最近、事業を自分で興さなくても、私の持つ「企む」「けしかける」というズルい力を上手に発揮すれば社会を動かす事業が展開できることにハッ。自分が理想としていたぼんやりとした形に小さな点ほどのスポットライトが当たり、そこに続く道があるよということがなんとなーくわかってきたとこ。
まだまだぼやけて見えないけれど、数年うちには砂利道でもいいからポテポテと歩いていたいなと思う今日この頃。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2014-12-11 10:09 | しごとの風景 | Comments(0)