50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
絵を描くせいかつ
at 2017-12-07 09:46
美しいものを見るのはしあわせ..
at 2017-11-30 10:18
生産者は疲れている
at 2017-11-01 17:59
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

たのしい生活

引っ越し直後の友人は、新しい部屋をどうアレンジしようかなんだか楽しそう。いいなぁ。今、すべてをリセットして新しい拠点で新しい暮らしをスタートできるならと考えると、なんだかワクワクする。私は断捨離好きですが、見えないところまで整理整頓すると思うとクラクラしてしまう。暮らし始めて20年超え、手がつけられないところは家の中にはなんぼでもあるのです。


うちはこんな感じにしているよーとパシャとiPhoneに撮ってすぐ送信をいくつか。繕うひと手間をしていないから、ポットもクッションのその位置のまま。カップもさっきそこで飲んだ状態で出ていたり。布団はぴしっとしていなかったり。まあ、ほどよく生活感が伝わっていいかなと言い訳で。
b0250223_10331455.gif

改めて見てみたら、自分のセンスというのがよくわかるものですね。白色と木の組み合わせだけでシンプルにすればなんとなくすっきり見えるものの、落ち着かない赤系が必ず入り込んでいるという。デザインにずれが出てきても、古い椅子やソファもそのまま使っているから、他人目で見ると「これ、格好わるいよ」というのがあそこもここも。

いかん、、、また模様替えのムシが騒ぎだしそう。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-01-29 10:35 | 日常のあれこれ | Comments(0)

もしもご縁があるのなら

18歳の愛犬を失って2ヶ月半。私が薄情だからかと思う程に気持ちは平穏。思い出すことはあっても涙することはなく、犬との暮らしは幸せだったなーという記憶が刻まれているだけ。排便の始末や日々の掃除、シャンプー、晩年は軽い介護。ドアや窓の開け閉めにどれだけ気を使っていたか、人間だけの暮らしならそうはならなかっただろう習慣にも気づく。大きな窓を開け放して掃除してもいい、起床や帰宅時間を気にしなくてもいい、旅行だって自由となると、なんてラクなんだろうとも思う。

それでも愛すべき犬との暮らしを経験してしまうと、もう一度あの幸せの中にいたいもんだともね。

今度はブリーダーからではなくて、里親という形でもいい。と思ったら、そっちの方が厚い壁でした。友人や知人から「こういう犬がいるよ。どう?」とご案内があったりしますが、大抵は犬の保護活動をしている団体からの流れ。私も活動内容や想いには賛同して素晴らしいことだと思っているのですけれども、ただひとつネックがあり。「避妊去勢を必ずすること」の条件は飲めないのです。18年生きた愛犬は持って生まれた生命力というのもありますが、カラダにメスを入れなかったということも無関係ではなかったと思っています。雌犬などは避妊手術をしていないとガンになりやすいというのもあるようで、病気にするのはかわいそうでしょうというのもわからないではないものの、「子宮を持ったままでも病気にならない子はたくさんいるのにね」とぽつり言う愛犬家も。人間が「ゆくゆくは病気になるかもしれない」という理由で子宮やお乳をとったら倫理的なことも含めて意見が分かれるというのに、犬は倫理より先に都合というのも優先される、私にはそんなイメージ。雄犬はどうして去勢するの?と質問したら(逃亡時の交尾だけの問題かと)、それをしないとマーキングなどをして飼いづらくなるからというのがひとつ。たしかにうちの犬もそういう時期はありましたが、獣医さんから「去勢すればマーキングの問題だけでなく個体の大きさを制限したり、性格をおとなしくさせたりできる。でも、ぼくはそのための手術はしなくていいと思っている」と、マーキングを解消させるアドバイスを受けてすぐに解決した経験が。犬の保護活動の中で「たくさんの犬を見てきたんだからこれが正論」のように言われると返す言葉はありませんが(活動する人たちがみんな一生懸命で、きれいごとばかりじゃ世話できないというのも重々承知しています)、犬を犬としてよりも生命という目で見る私は、やはり私の考えで飼ってやりたいのです。

重ねて。いろんな方から「こんな子がいるよ」とのお声がけ、ありがとうございます。
恵まれない犬がしあわせな一生を送れるよう私も手助けできたらと思っています。ただひとつ、譲渡の条件として去勢の有無は私に決定させてくださるところからのをご紹介いただけたらありがたいです。

●かならず室内飼いし、近所に迷惑かけないよう責任を持ちます
●成犬、子犬、場合によっては老犬でも
●雄で6キロ程度。動物病院までは徒歩で行きますので、万が一のときに抱きかかえられる大きさ
●理想は黒色ですが、犬種等問いません。相性が合えばOK

ご縁がありましたらぜひ。


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-01-28 11:54 | 日常のあれこれ | Comments(0)

縁は続くよ

絶大な信頼を寄せるヒーラー友だちから「あなたたちはツインソウルよ(ツインレイ、ツインフレームなんてのもあるんですね。そちらの方かもしれません)」と言われて意識するようになったこの関係。この春で不思議な出会いから2年。いまだに一番困るのが「どういう間柄?」と聞かれること。というのも、私たちはお互いを恋人には位置づけないけれど、ただの友だちというにはそっけない(親友というのもしっくりこない)。パートナーというほど日常生活や仕事を共有してはいないけど、他の誰にも明かさない大事なことは知っていたり。常識で通じるような「括る言葉」はいまだ見つからず、結果としてまわりを煙に巻いているよう、な?

ツインな関係ってどういう感じ?と聞かれると、親しい友人やこれまでの恋人の誰とも違う不思議な感覚というのかな。血を分けた人々とのつながりには、いいにつけ悪いにつけドロドロとしたものがあるけれど、そういう粘着系のものでもなく、もっとふわりとした次元でつながってる感覚?年齢も国籍も全然違うのに「うん、わかるよ」と一瞬で理解できてしまうとか。私たちの間にある時間とか空間の捉え方もたぶん特殊で、他からは理解しがたいことが多いかも。たぶんね、こういうのがツインというものなんでしょう。

こういうスピリチュアルな概念を抜きにしても、人の縁というのはおもしろいもの。生きていく中での出会いや関わりには全部意味あるのだという想いは歳を経るほど強まるばかり。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-01-26 11:06 | スピリチュアルなはなし | Comments(0)

簡単!片付けのスピリット

昨日は大好きな友人宅へ、引っ越し準備の手伝いに押し掛け。私、死ぬまでには手荷物ひとつにしておきたい断捨離派。テレビや読み物でこんまりさんの話を聞くたびに、そうそう、まったくそう!!と共感。残念ながらあそこまで美しく整理整頓はできないけれど、しまい込んで忘れるくらいなら処分して空間を優先したい、と。

片付けは苦手。どう片付けたらいいの?と友人。彼女ばかりでなく、よくそんな声を聞きます。私も好きなだけで得意ではないゆえ偉そうなことは言えたもんじゃありませんが、とっかかりは「机の上と床にモノを置かない」を徹底させることなんじゃないかな?掃除機を毎日かける習慣をつければ(片付け苦手な人の話を聞いていると、掃除機かけるのは週に1,2度とか。私は一日家を空けていたとしてもこれが毎朝の習慣。でも、床の拭き掃除は月に2度くらいしかできていない、、、)床にモノがあるのは邪魔ということになるものね。仕事机や食卓など、テーブルを拭くのは朝の掃除のとき必ず。そうしておけば、もう片付けざるを得ない(笑)。あとは食事の前後や汚れたタイミングでこまめに拭くというの。これでざっと8割は片付いて見える気がするんですが、どうでしょう。見えるものは縦のものは縦に、横のものは横にしておくだけ。

で、机や床に散乱しがちのモノにもそれぞれ居場所というのができますから(そういうスペースを作らざるを得なくなる)、使って終わったらそこへということに。新しいモノが増えるとその収納スペースが窮屈になるため、ひとつ増えたらふたつ処分するというくらいの気持ちで、徐々にモノを整理していくのもいいんじゃないかなぁ。
私は、新しい服やくつが欲しくなったらその前にあるものを処分。決まった空間に入るだけのものしか持たないことにしているため、持ち物は少ないもんです(笑)。目安は「2年」。2シーズン着なかった服は、これからも出番はないだろうと判断。「まだ着られる」と思うものも第三者の目で見て、クタクタだと映れば思い切ることもあります。思い出の品やいただきものも、見えないところにずっと押し込んであるような場合は、気持ちは十分に頂戴したと思って処分。それで困るようになったことはなく、執着するほどのモノはそんなにないなと気づきます。
もうひとつ。自分が以前やっていたことで失敗と感じるのは「布で隠す」というの。あれを片付け苦手という人が用いるといかにも「隠しています」という感じになって、よっぽど上手にやらないと逆効果な印象がないですか?

とはいっても、普段目に触れないところまできちんとしておくことはできにくかったりしますから、引っ越しなんてラッキーなチャンス。うらやましいなぁ。家事嫌いな上、ある程度の物欲があった若いころと違って年齢なりの知恵もついた今、ゼロからの生活をスタートできるなら、すっきりシンプルな住空間が作れるんじゃなかろうかと、、、


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-01-25 09:30 | 日常のあれこれ | Comments(0)

レジェンド

b0250223_11292789.jpg芸能人が死んでファンが泣き叫ぶのを冷ややかに見るタイプだったあなたが、、、と友人をいささかあきれさせております今日この頃。X JAPANファンの方、尾崎ファンの方、おくればせながらごめんなさい。ジョン・レノン、マイケル・ジャクソン。「私にはシド・ヴィシャスが死んだときの方が衝撃だった」なんてもうこの口慎みます。

ようやく涙から解放され、故人を偲ぶとともに、今、偉大なる彼の業績を顧みて驚嘆しているところです。さらっと聞き流していた作品も聴き返してみると素晴らしいものが多く、ビジュアル表現の質の高さも再認識してはため息。時代の寵児というより、ほんとにほんとに「天才だ!」。生まれつきそなわった感性、美学というものが貫かれているのに、間合いというのかなんというのか、聴く人観る人にイメージを渡してくれる余白というのが絶妙。彼の詞は理解が難しいというのも、受け手にあわせて幾通りものストーリーが描けるだけのこと。私は私で、あなたはあなたでこの歌を聴けばいいのだというような。

だから、評論家の解説文なんて別に読みたくないんだよと思いながらも、あぁ、、、つい注文してしまいました。すでに発売のものを改訂して売り出されるムック本。2月8日に発売だそうです。

ところで先日、小学校時代にボウイのことを話せる数少ない友人であったひとりから電話があり、若い子に最近のニュースの話をしたら、某アイドルグループの解散とか某芸能人の結婚のことしか言わないから「もっと大きなニュースがあっただろ。DavidBowie!」と言ったら「誰それ?」だったそうで大きなショックを受けたと(たしかに日本のワイドショー系の扱いも小さく、いい歳をしたコメンテーターが「歌ってるの聴いたことあります?」的な発言してて、えええっ)。いかんいかん。
塾にもいかさず育てたうちの21歳にはそういう教育だけはやっててよかったかも。DavidBowie、ゲルニカ、寺山修司、山海塾、歌舞伎、大竹伸朗。えーっと、、、ちょっと間違って育ててる?少なくとも、Bowieの美意識を理解できる人になったことは正解。せっかく同じ時代に生きたんだもの。




1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-01-15 12:03 | 音楽・アート | Comments(0)

永遠の憧れ

b0250223_1773031.jpg発売されたばかりの最新アルバムを手にした翌日、まさかの訃報。世界中から悲鳴が聞こえたようなDavidBowieの死。体中から力が抜けて昨夜はごはんも作れなかった。新作のできばえが素晴らしく、次は何年後になるのか、今後の活動にものすごく期待してしまったからなおさら惜しい。
と、少し冷静になって考えると、この新作は自らの死を想定して作られたものだったのですね。世に出るきっかけになった「SpaceOddity」のその後を彷彿とさせる映像や、病室のベッド上で撮られた演出。歌詞は遺言。ブラックスターというタイトルもまた。してやられた。

出会いは小学生のころでした。「RebelRebel」のカバーから、元歌はDavidBowieという人だと知ってオリジナルにたどりついたのが最初。チャンネル数の限られたテレビしかない時代、NHKがときどきやっていた海外アーティストのロックショーで映像を見て「Heroes」「FiveYears」のドラマティックな世界観で虜に。小学生から中学生になるころです。心酔しました。アルバムを買い、とくに「Ziggy Stardust」はレコードがすり切れるんじゃないかというほど聴いたっけ。グラムの流れの作品が好きだったので、日本で爆発的な人気を得た80年代は逆に熱も冷めていたものの、年を経て改めて聴いたアルバム「ScaryMonsters」の素晴らしかったこと!そして、50歳代からの作品もまた素敵。アルバム「heathen」なんて繰り返し聴いてじわじわくる。
なんだかんだ思い出の尽きないBowie。いえ、思い出ではなく“大好き”は現在進行形で、「理想のタイプは?」に今もって「DavidBowie」と答えてはみんなの失笑を買っていたのでした。ルックス、声、センス、ストイックさ。なにをしても彼に勝る人はおらず、私の永遠の憧れ。どうしてもその完璧を求めてしまうがゆえ、リアルなパートナーが見つからないのか。

Bowie好きと知る友人たちから「大丈夫?」とご心配のコメントやメールをいただきました。ファンの方々とも悲しみを分かち合いました。幼なじみや海外の友人や、たくさん気にかけてくださってありがたい。majorTomのように宇宙を漂う間もなく、starmanは還るべきところにまっすぐ還ったんだろうなというのが今の気持ち。私も一緒の星に行けますように。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-01-12 16:53 | 音楽・アート | Comments(0)

京都でアート。

b0250223_9445369.jpg
美術番組で目を引く作品の収蔵場所として名前がよくあり、興味を持った清水三年坂美術館。一度訪ねたらそれはそれは素晴らしく、日本のお家芸とも言える緻密な細工に心酔。それがまた見たくなって、昨日はふらり京都へ。本命は彫刻の安藤緑山。超絶技巧の象牙彫刻で知られるものの、弟子も取らず、どうしたら象牙にこんな彩色を施すことができるのか謎も多い作家。何しろ作品はリアル。「超」がつくほどなのに、なんというんでしょうか。ちゃんと緑山らしい感性が息づく作品なんです。洒落っ気もあって、昨日常設展示の中に見たものは「松竹梅」というタイトルで、松ぼっくり・筍・梅の実を寄せ合ったもの。「三茄子」では一富士二鷹がなくて、茄子がみっつ。葉の虫食いまでも見事に表現され、うーんと唸ってしまうような、、、でもどこか飄々としていてほっとさせられます。
今回の企画は、櫛や煙草入れ、印籠、刀の鍔などに施された「よそおいの細密工芸」。ここに緑山の作品はありませんが、金工や蒔絵の様々な作家に出会うことができました。金工の正阿弥勝義は、正月くらいしか休みをとらず、ただひたすらに黙々と仕事を続けてきた真面目な人。知りませんでした。勝義は津山出身で、岡山藩抱えの彫金職人の婿養子であった人。上品で粋な作品です。もうひとり印象に残ったのは蒔絵の白山松哉。これまで蒔絵に興味を持ったことなどありませんでしたが、じっくり鑑賞してみると「蒔絵ってこんなに美しいものなのか!」と。漆で描いて金粉を重ねてまた漆。それを研いで仕上げていく。ざっくりいうとそれが蒔絵。それでどうやったらこんな細やかな線が出せるのか。相当根を詰めなければできないであろうことだけはわかります。
大きな作品というのも目を引きますが、手のひらに乗るようなものの中に魂を注ぎ込むような日本の芸術には、ただただ驚嘆。これを見るだけでも京都に行く価値はあるというものです。

と、いいながら。まあついでですから駆け足でいろいろ見て回りました。約6時間という限られた時間ですが濃厚ですよ。京都駅到着3分後にはもう市バスに乗り、茶わん坂から清水寺へ。地主神社でしっかり良縁祈願。10分程並んで音羽の滝でご利益いただき、三年坂美術館。イノダコーヒーで軽食の後、バスで銀閣寺(これが殊の外よかった!!)。哲学の道を通って南禅寺に向かおうかどうしようかと迷いつつ、結局バスで糺ノ森。河合神社で美人祈願、境内をきのこ観察がてら歩いて本殿。どれが河原町通なのだ?と迷っているところを地元の方に助けられて、無事に京都駅行きのバス停。繁華街で一旦降りてふらっと錦市場。帰りの高速バス出発時間30分前に駅に到着したら、駅前で噴水ショーが始まるというラッキー。高速バスと京都市バス一日パスのおかげで交通費は7千円。入館料・拝観料・軽食まであわせて約1万円ですから、これほどリーズナブルで充実の旅はありません。





1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by miraicci | 2016-01-07 09:47 | 名所・観光 | Comments(0)