50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
ログボットなわたくし
at 2017-03-27 10:04
防災費ってなーんだかな?
at 2017-03-21 11:30
天国はどんどん楽しいところに..
at 2017-03-14 17:41
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

<   2016年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ぞうけい

あんなに頻繁に足を運んでいた美術館やギャラリーに、そういえばほとんど行かなくなった。観たいのがないわけじゃないけど、たぶん気持ちが満腹状態。現代アートに求めていたヘンテコさや自由さの刺激は、なんだよー神様すでに作っていたじゃーんと山に行くたびに思う。静かにしろとか、そのきのこや粘菌さわっちゃダメなんて言わないし、制作の意図とか作者の想いとかあれこれ議論吹っかけられる心配もなく、自由気ままに心ゆくまで鑑賞できるしね(笑)

おかげで私はどんどん心が解放されて、最近よく絵を描いています。誰に見せるわけでなし。山にこっそり発生するきのこよろしく、評価云々の枠を超えると、子供のように身軽でたのしい。

私の刺激をくれるきのこの造形。不思議、ヘンテコ、神々しい。
b0250223_10102293.jpg

b0250223_10103416.jpg
b0250223_1010936.jpg
b0250223_1095874.jpg
b0250223_1094777.jpg
b0250223_109364.jpg
b0250223_1092753.jpg
b0250223_1091611.jpg





1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-28 10:13 | 音楽・アート | Comments(0)

ただのきのこ好き

土曜日、所属するきのこ研究会で行うきのこの調査研究に参加してきた。通常は採取御法度の保護エリアにつき関係各所の許可を得て実現したこの調査、、、に、プッ。メジャーなきのこの名前ひとつわからんお前が??って。こういう機会はそうあるもんじゃないし、迷惑かけませんからーという顔をしてこっそり参加させてもらっちゃったのよ。ああ、いい勉強になりましたわ。
いつもなら採取したものを「私、わからんしー」とすぐに匙を投げて同定は人まかせのところ、今回はきちんと採取現場の写真をおさえ、広葉樹か針葉樹かどういう種類の樹木帯のどういう状態に発生してたのか、その科・属・種は何かというところを『同定カード』に記載するところまで責任もってやらねばならず、採集するだけで「あー、集合場所に戻ればこのきのこの種類を私が調べにゃならんのね」と若干ブルー。うう、それなのに。しまった、わからんものどっさり採ってしてしまったよ。図鑑開いてもちーっとも載ってないし、いつもは「これ、何?」気軽に聞ける人たちもみんな自分の採集物の同定作業で忙しい。「この本に載ってないわ」と早々に諦めていたら「ほら、そこに載ってるでしょ。写真だけで見比べるんじゃなくてしっかり文章読んで特徴とらえてごらんよ」と先生からご指導。ははは、あまりに初歩的。それでもほとんどは「科」とか「属」レベルでしかわからず(そこまでできただけでも私にしては上出来なのだ)、その作業の先にある私の採集物をじっと見ていた方から「あなたって、小さいきのこが好きなのねぇ」。そーなんですよー。そーなんですよー。だから余計に名前がわからないのが多いのかも。
採集しているときによく感じることなんだけど、特に男性は「それ持ち帰っても名前なんてつかないでしょ」というの。大きくてわかりやすそうなきのこばかり選んで採集する人もいるくらい。でもでも、いつも思うんだけど、私は同定するためにきのこ見てるんじゃなくて、ただきのこが好きで、その中でも小さなのが好きなだけ。名前なんてつかなかったらつかないでそれでいい。しつこく調べようと言う気もないし、乱暴な言い方すれば「所詮人間がつけた名前。そんな小さな範囲におさまると考えている方がおかしいわい」と。
きのこそのものが好きというより、実は分類学が好きだからきのこにハマってるという人も多いんじゃないかしらと感じることもしばしば。この模様の付き方がとかこの形状がなんとなく、、、と「若干違う」というのをあげて異なる種としているからどんどんきのこの種は増えるような印象を私は受けてて、そういうのって「この人、肌の色が少し違うから日本人じゃない。この人、指が1本少ないから人間じゃない」と分類されているような気もするんだよねー。亜種とかなんとかいって、そんなにどんどん増やさなくたっていいのにとちょっと思うこの頃。「新しいの発見した」とか「この違いをオレが見つけた」とオタクの心を満たすためには必要なのかな。たぶんきのこにゃ全然関係ない話。
私はそんな名前なんかより、「この場所が好きだから出てみちゃった♥」というきのこの気持ちを受け止めたい。いつの観察でも樹の下や川べりで「なんて美しい景色をつくってるんだろう!!!」と、きのこの絶妙な発生場所に感動することばかり。名前はざくっとわかっていればそれでよし。何ならもう勝手に名前つけちゃうわ。

土曜の調査会と日曜のプライベート山ブラで見つけたきのこたち。
b0250223_10453883.jpg
b0250223_10452511.jpg
b0250223_10451189.jpg
b0250223_10445514.jpg
b0250223_10444393.jpg
b0250223_10442971.jpg
b0250223_10441931.jpg
b0250223_1044981.jpg
b0250223_10435823.jpg
b0250223_10434217.jpg

b0250223_10502626.jpg




1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-26 10:52 | グリーンライフ | Comments(0)

こうして野生児は生まれたのだった。

入籍からまだ5ヶ月。どおりでこの私が飽きずに結婚生活を送っていると思ったら、まだ半年きてなかったのだ。山での拠点づくりと併行しての結婚生活なので、毎日決まった時間に帰るという生活にはならない。というか、あんまり一緒にいられないだろうことは承知していた。週に1,2度一緒に過ごすだけになるのだと思っていたのに、意外。我ら、ほぼ毎日顔を合わせるどころか、一日まるまる一緒にいる日も結構あって、たぶん普通の夫婦より共有する時間はずーっと長い。で、「え、まだ5ヶ月?」という調子。

そんな5ヶ月。私までこんなに山にハマるとは想像だにしてなかったのだけど、月に何度ここで過ごして来ただろう。我らの住まいから車で1時間半のなーんもない山の中。プライバシーを重んじるBがデートでここに連れて来てくれたことはほんの2,3度。頻繁に訪れるようになったは結婚を決めてからで、もうそこから私は働き手として拠点づくりを一緒にすることになった。
テントより快適でしょう?くらいの感覚で、そこに寝泊まりしている小屋がぽつんとあっただけ。
その隣にまずはぶどう苗のストックハウスを作り、、、
b0250223_8574056.jpg
b0250223_8573060.jpg

柱は山を開拓するときに伐っていたものらしい。ここらは鹿やイノシシが普通に生息しているため、苗を放置していてはやられてしまうのです。で、過保護だけど苗のうちは守ってやる必要性が生じましてね。
b0250223_903132.jpg

現在順調に枝葉を伸ばしているとこ。このハウスは周囲からの虫よけのためにさらに改良を加えてパワーアップしとります。この頃は「30㎝土を掘る」と言われただけでもヒャーだったんだよね。今じゃ、ハイハイと当たり前にやってのける私がここに。

お次はトイレを兼ねた収納小屋作り。誰も見ていないとはいえ女性が毎度「そのへんで用を足す」というのはさすがに、、、、と思ったか。小さな小屋なので作るのは比較的簡単。廃材を測って切って打ち付けるという作業を黙々とこなせばなんとかなるもんで、最初は「えー?小屋を建てるの?ガラス窓も入れるの?ドアロックはどうやって?」などいちいち「???」だったのが、もはやこの程度の制作は「簡単、簡単」。慣れってこわいよねー。足と体で板を支えて電動ドリルでガーッだもん。
b0250223_984172.jpg

b0250223_985033.jpg

ところがですね。トイレできたーと喜んでいたのは一瞬。きのこ栽培を目指すBが手に入れた藁を収納するためここを明け渡すこととなり、便器は外へ。そして今はこの便器も撤収されて、また「そのへんで」になっている。泣ける。
b0250223_91148100.jpg


そして、いつかは家を建てるのだと張り切って整地をしていた場所にはなぜかきのこ栽培ハウスを作ることになり、、、
b0250223_9125920.jpg

解体現場から頂戴してきた廃材を釘を抜いてカンナで削ってきれいにして土台にし、農家さんが「持ってっていいよ」と言ってくれたらしい中古のパイプと組み合わせ、、、
b0250223_9143195.jpg

これまた農家さんから譲り受けた中古のビニールを被せて、、、
まさかこんなのがたったふたりでできるとは思ってもなかったけれど、なんとできちゃった。
b0250223_915974.jpg

ビニールは幅数メートルでたぶん長さは25メートル。広げることもできない重さ。というか、農家の方に聞くと普通のビニールハウス作りでも5人くらい必要なのね。空調が何やらで(←プランはすべてBの頭の中。私は全然理解していないまま動いております)この下にさらにビニールハウスを築くとかどうとか。ということで、我らの挑戦はまだまだ続くらしい。

夢として。このハウスは何年かしたら撤収して(別の場所に設けて)、この場所にふたりの家を建てるんだって。その頃にはふたりもっと腕を上げているか、、、いやいや、そんなことより私が還暦迎えるまでにはしておくれ。そろそろ体力キツイから。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-22 09:32 | 日常のあれこれ | Comments(0)

赤いシリーズ

きのこファンのみなさん!
いま、岡山後楽園が大変なことになっています。入園料400円でまるっと一日楽しめるくらいのきのこ発生量。いやいや、そんな時間もお金もないのよという方は、入園ゲート前だけでも十分かも。そこかしこに、きのこきのこ。今年はきのこ当たり年なんでしょうか。きのこ仲間たちからは各地の観察スポットで「大発生」情報が続々です。

きのこ写真を撮りすぎちゃってまとめきれません。
あんまりめずらしい種類はないですが、目を引く赤いきのこだけ集めた「きのコレ」。こんなベニタケちゃんやアカヤマタケちゃんがたくさん観られます。

b0250223_8434340.jpg
b0250223_8433485.jpg
b0250223_843241.jpg
b0250223_8431330.jpg
b0250223_843176.jpg
b0250223_8424950.jpg
b0250223_8423530.jpg



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-20 08:45 | グリーンライフ | Comments(0)

性懲りなくきのこの話

きのこというのは昨日今日(どころか数時間で)でぐんと生長するもので、1週間も開けば山の中は様相が一変。先週はベニイグチが顔をのぞかせていたくらいだったのが、あらまー。あたりはイグチだらけになってたり。見たくてたまらなかったキツネノハナガサが獣道の脇に生えてて驚喜したり。見たことのない美しいすみれ色の小さなのに出合ったり。持参した愛用のきのこ図鑑はほとんど用をなさず、同定なんてできないよーとすぐにあきらめ。私のような初心者は、きのこは根元をいためないよう掘り起こしてす子実体のすべてを観察するのが鉄則。ひだの形、ツボやツバと呼ばれる部位の有無、においはどうか、傷つけたら色が変わるかどうか、乳はでるか、触り心地や裂け方や、土から抜きやすかったかどうかまでもが同定の大切な要素に。胞子の形を顕微鏡で確認することも欠かせない、、、のですが、私ときたら実体顕微鏡持ってるだけなので細胞観察まではできないし、なによりきのこを抜いて調べるのは観察会や勉強会のときだけ。なんというのかなぁ。「そのまま」にしときたいんですよ。他に誰も観る人がいないとて、「ここにきのこがある」そのまんまの風景をとどめておきたくなるのです。
きのこを学ぶにはそれではいかんということはわかっちゃいるんだけどなぁ。でも、私は分類学をしたいわけじゃなし。所詮名付けなんて人間がしたことで(それを超えるくらいにきのこはあるはずで)、そんな人間の領域を超えてきのこを愛するというスタンスでもいいかなぁと最近思うように。え?名前が全然おぼえられないもんの言い訳?うーん、まあ、、、そうとも言うかな。

そんなこんなで同定できない私の、今回のきのこコレクション。略して「きのコレ!」
b0250223_14481844.jpg
b0250223_1448560.jpg
b0250223_14475485.jpg
b0250223_1447444.jpg
b0250223_14473676.jpg
b0250223_14472697.jpg
b0250223_1447164.jpg
b0250223_1447623.jpg
b0250223_14465934.jpg
b0250223_14465169.jpg
b0250223_14464360.jpg
b0250223_14463316.jpg
b0250223_14462411.jpg
b0250223_14461634.jpg
b0250223_1446717.jpg
b0250223_14455736.jpg
b0250223_14454996.jpg
b0250223_14453959.jpg
b0250223_14453167.jpg
b0250223_14452277.jpg
b0250223_14451241.jpg
b0250223_1445089.jpg
b0250223_14445045.jpg
b0250223_14443987.jpg





1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-18 14:50 | グリーンライフ | Comments(0)

すてきなベニイロちゃん

先日、Bの山で見つけたきのこの写真。
早朝から働いて働いて、いい汗かいて夕方仕事じまい。車に乗り込み発進するやいなや、いつも私は窓へベッタリ。「あ、きのこ見つけた!!」「あそこにもきのこがっ!!!」と、まるで子どもでござります。

と、いつもは見つけるだけで満足してるんだけど、「とっ、とーめーてー!!!!!」。
大声出したのはフォトジェニックなやつを見つけたからで。

これら、ベニイグチのはず。
あー、いい姿。美しいねぇ。うっとりうっとり。
b0250223_2005298.jpg

b0250223_201121.jpg

b0250223_201275.jpg


我らの土地でいくつか見つけたこれはベニイグチの幼菌なのかな?
b0250223_206316.jpg


この日は他にあんなこんな。
b0250223_2017457.jpg
b0250223_20173240.jpg
b0250223_20171758.jpg
b0250223_2017578.jpg
b0250223_20164764.jpg


あー、山はいいな。楽しすぎ。


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-15 20:18 | グリーンライフ | Comments(0)

人生かけて遊んでいます。

我らのヘンテコ山仕事。現在は、いつの日か大事な収入源になるだろう「きのこ」のための栽培ハウスを建ててるとこ。新品を購入したり建設してもらう費用はないから、もらいものの資材をつぎはぎに自分たちで組み上げる。まーあ、これがおもしろい!早朝から夕方まで肉体労働しているのだから体はくたくたのはずなんだけど、好奇心が先立つせいか遊び感覚で疲れ知らず。電動カンナで古い木材を削ったり、ノミや鎚を使って掘ったり、威力抜群の電動ノコで伐採したり、ショベルで土を掘ったり、ネコ車で砂利を運んだり。子ども時代、砂遊びをしたり木切れや紙で工作したりが好きだった。ああ、その感覚を思い出すなあ。仮に資金が十分にあったとしても、こんなおもしろいことを他人に譲るなんて〜!!!こんな規模で自由にできるんだもん、なんて贅沢な遊びなんだろうと思う。

すぐそこの道に入ればかわいいきのこ。虫やトカゲも近づいて来る。頭上では野鳥がさえずる。自然の中にいればこその体験もいろいろで、なんてすばらしいのー!!!と感動は尽きず。
b0250223_934658.jpg


この遊び、人生かけたスケール感。ふふふ、オトナが本気で遊ぶとはこういうことですぜ。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-13 09:07 | 日常のあれこれ | Comments(0)

夏のきのこよ、ありがとう!

夏の、に限られるわけじゃないですが。6月半ばから8月、夏に見つけたきのこ写真をまとめまで。
b0250223_22485176.jpg

b0250223_22491315.jpg

b0250223_2249297.jpg

b0250223_22494765.jpg

b0250223_2250250.jpg

b0250223_22502047.jpg

b0250223_22503845.jpg

b0250223_22505290.jpg

b0250223_22511484.jpg

b0250223_2254156.jpg


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-10 22:54 | グリーンライフ | Comments(0)

夏の暑さとカラカラ天気

北海道、東北、九州。Bと一緒に山仕事で3日間。戻ってみたら台風であちこち大変なことになっていた!!晴れの国岡山も雨は降ったのだけれど、台風の影響というほどのことはなし。今そんなことを書くのは不謹慎なのかもしれないけれど、カラカラ天気が続いており、きのこ仲間からすると雨はまさに恵み。きのこ。そのきのこの基礎的な学びをする「きのこ基礎講座」を受けるため、山仕事3日間の前日には私は別の山にいまして。午前中は座学できのことは何ぞやを学び(3回目の今回は、n+nとか2nとか、きのこの栽培には必要になる結合から先の話、、、でチンプンカンプン)、約1時間フィールドで各々きのこ採取して、午後からは胞子やらシスチジアやら顕微鏡観察もしつつ同定していくという流れ。
が!恐るべききのこ目を持つきのこ研究家たちが探しまわったとしても、えー、これだけー?なきのこしか見つからず。いつでもどこでも出てるような硬質菌さえ状態は悪く、私などビョウタケ見つけたくらいだもんね。たったそれだけ。夏の暑さの影響か?雨が降らない岡山。先日の雨1回くらいではどうにもならんのか。山は乾いている。

みんなが採集してきたものを並べてもフォトジェニックなきのこはおらず。今回はマクロレンズで部分撮影してみました。粘菌観察会を開催されている方も受講者におり、なぜかきのこに混じってこっそり粘菌が並べられているのもご愛嬌。きのこの仲間だもんね。そして、見ればみるほど粘菌すばらしくアート。きのこの中でも冬虫夏草好きは小さな世界が好きなのか、そのIさんと私はきのこのツボがとっても似ており、そしてそれは粘菌好きとも近いものがあるようで、みなが同定している間にも「この粘菌のこのカタチ、美しい!!」と驚喜。

今日はそんな写真を。

b0250223_915396.jpg

不明。髪の毛のように細く小さなきのこ。

b0250223_9154387.jpg

不明。硬質菌の一種か。未成熟だから名前がつけられないとのこと。

b0250223_9162955.jpg

不明。脳みそのようなフォルムに感激。

b0250223_9171061.jpg

アケボノアワタケ。柄の色がきれい。

b0250223_9175342.jpg

クチベニタケを半分に切ったとこ。

b0250223_9181737.jpg

ロクショウグサレキン。私が好きな小さくきれいな青。

b0250223_918569.jpg

粘菌、マメホコリ。プワプワした触り心地。

b0250223_9193323.jpg

粘菌、クダホコリ。レーズンのような。

b0250223_92001.jpg

粘菌、ツノホコリ。形の美しいこと。


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-07 09:22 | グリーンライフ | Comments(0)

何が大事って、それはやっぱり…

パンクしちゃった、としょんぼり戻って来たのは10日くらい前のことか。山道になんでこんなのが?と思うような金属棒がぶっすり貫通しておったと。その日は交換ままならず、仕方なく資材運搬用に使っているトラックで帰路へ。タイヤ1本を求めて車用品店やタイヤ専門店に向かったらしいのだけれど、どこも4本セット。車に合う廉価の単品タイヤもなく、取り寄せで対応してもらえないかと頼んでも「それはできない」だったと。CMでおなじみのお店なんてスタッフに全然知識がないんだよ、できないって言うんだよ、信じられる?とB。そんな中で、親切にもメーカーや取引先に電話で交渉してくれたタイヤ屋さんがあったらしい。結局、タイヤ単品での販売はかなわなかっものの、ネットであなたが購入してきたらそれをつけてあげるよと提案してくれたという。え?そこでタイヤ買わないのに???購入だけして交換ままならず置いてあるトラックタイヤのことも相談すると「ここにいるみんなができるわけじゃないけど、自分ならできるから持ってらっしゃい」と言ってくださったという(しかもわずかな作業料金で)。もう感動しきり。
ネット販売で取り寄せたタイヤは、そのへんで売ってるのよりクォリティが高いのに格安だった。それをもってそのタイヤ屋さんに向かった昨日、Bは「何か忘れ物でもしたの?」というほど短時間で戻って来た。「すごいよ、彼はもう仕事してくれた。それもお金は要らないっていうんだよ。トラックタイヤ交換のお金だけでいいから、またそのときにって」。

えー、なんかすごくない?Bは出会う人出会う人、みんなに親切にされ、助けられて生きている。いくら相手が外人さんだとて、そこまで日本人は親切にしないでしょ?ということがいくつもあって、そのたびに私まで感動してしまう。
たどたどしい日本語が放っとけない感を出しているからか?威圧感のない顔をしているからか?交渉上手なのか?いやいや、あれこれ思うもやっぱり笑顔か。Bはよく笑うから、あの口角が上がった顔は福を呼ぶんだろうな。私は神様だって人間と同じ、キラキラ美しいもの無邪気なもの面白いものが好きなんだと信じてきたけど、ほんとにBを見てると確信するんだわ。試練はいくつもあるけど、それ以上にいつも素敵な助け舟が用意される男、B。苦しいときほど笑っとけというけど(言わないか?私はそう思ってる)、いつも楽しそうにしている人は神様の目に留まりやすいのかもね。

で。
タイヤも揃ってうきうきとビジネス英会話講師のアルバイトに出かけたBですが、昨夜ゲラゲラ笑って戻りましたわ。「あのねー、またひとつパンクしちゃったんだよぅ」。うーむ、神様。我らの資金はすっかり底をついておるのですよ。もうね、夫婦で笑います。


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
by miraicci | 2016-09-01 08:33 | 日常のあれこれ | Comments(0)