50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
ささやか
at 2017-04-26 09:18
アニバーサリー
at 2017-04-25 09:31
ナイトメア
at 2017-04-18 17:08
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

きのこを育てる人

Bの栽培場の近くに同じように原木椎茸を栽培しているところがある。半世紀近くしいたけを育てている方と聞いてBは勝手にリスペクト。ひそかに話すチャンスを狙っていた。栽培しているのは山道から見えるところにあって、先日たまたまそこを通りがかったところ、またとないタイミングで栽培場にいるおじいさんを発見!
Bのいいところは誰にも臆することがないというとこ。これはチャンスと思ったら、まずは話しかける。日本人のサガで、外国人とみると目を合わせず話をまともに取り合わない人もいるけれど、親切に対応してくれる人も多い。このおじいさんもそんなタイプだったようで、Bが今直面しているしいたけ作りの疑問や質問にも答えてくださったとのこと。その上、黒いカバーに覆われた栽培ハウスにも入れてくれて、どのように育てているかを見せてくれたって。

極意を教えてくれるなんて、いい人だねー。よかったねー。
「、、、、、」。あれ?反応が薄い?で、どうだったの?
おじいさんのハウスは薪ストーブが入っていて、夏や冬の温度対策は万全だったらしい。それはBが一番なんとかしたい問題で、そのために太陽光発電を取り入れたいものの「資金力」というふかーい問題に阻まれて実現できないでいる。
温度対策なく自然にまかせているとしいたけは育ちにくい。それはこの冬思い知った。われらにとって、温度管理ができるハウスというのはうらやましい限りだ。その日は雪もちらついたのに内部はぽかぽかで、しいたけには理想的な温度だったと、、、、ところが!!!!!なんと、その「うらやましい」おじいさんの栽培場にはしいたけがひとつも育っていなかったと。

温度管理ができていない私たちのだって、ちゃんと次の世代が生まれているって時季に???

かつてはパートさんまで雇って大々的にやっていたというくらいの栽培場は、規模を縮小したとはいっても2千本程度のほだ木があったんだって。その規模をみてもしいたけ生産者としてまあちゃんとやっていると映ったのに「仮伏?そんなのしない」と菌を植えたらそのまま。温度管理だけちゃんとしているのに、水の管理はほとんどやっていないようだったって。「ほだ木がドライすぎる。あれじゃ、しいたけできない」。栽培2年目の新参者がつぶやく、、、いや、もしかしたらそこに極意があったりして(笑)


岡山の県南と違って県北では生産物販売のお店には普通に原木しいたけが並ぶ。たまにふたりで「勝手に視察」に行くんだけど、これはすごいというクォリティに出合えたことは正直まだない。
たぶん生産者の意識は似たり寄ったりで、「この道何10年」のこのおじいさんみたいな栽培なのかもしれないなぁ。キャリアを年数だけではかるとわれらは太刀打ちできない。経験してないことの方が多いから、問題に直面したときには弱い。そして組織に属していないゆえ、簡単には開けないことや貴重なアドバイスを逃していることも、たぶんある。

けど、われらの意識が劣っていることはなさそう。


たぶん今の日本の原木栽培を支えている人の多くは、もう10年もすれば激減するはず。栽培工場の中で管理できる菌床栽培の方が安定生産はできるし、なにより作業はらくだもんね。なんという現状なの、、、、

、、、、なーんてことを、実はわれらはちっとも憂いてはいない。
むしろチャンス。

うふふふふ。このままあと10年経験を積めば、ひょっとしたら「名人」と呼ばれるようになるかもしれないもんね〜。なんとチャンスに恵まれた仕事かしら、原木栽培。そう考えるだけで頬が緩むってもんでね。
さぁ、それまでこの意識がもつか。その前に体力が続くか。あとはクォリティを一番に、きちんとしいたけ作るだけ。

これが今年つくったほだ木の一部。よくがんばりましたよ。
b0250223_92759100.jpg



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
# by miraicci | 2017-03-10 09:36 | グリーンライフ | Comments(0)

ふたりからひとり

つばた夫妻の日常を追ったドキュメンタリー作品「人生フルーツ」を観てきました。よかった〜

つばた夫妻の本を図書館で見つけたのは何年前のことだったかな(出版からそんなに経ってなかったかと)。へー、日本にこんなご夫婦がいるんだ!!と感動して、とても印象に残ってた。
建築家で元大学教授の修一さんと奥さんの英子さん。自宅は住宅地のど真ん中にありながら、そこだけ森のような感じになっていて、枯れ葉を栄養に土を耕し、果樹や野菜を育て、収穫物は食卓にという暮らしを営んでおられる。
b0250223_1412546.jpg

本の中でも英子さんの朗らかさは伝わるけれど、映像の英子さんはもっとはつらつとしてアクティブで、そして結構大雑把(笑)。その姿がとっても愛らしく、時々きりっと意志の強いところを見せられてはっとさせられるような。口数が少ない修一さんは、のんびり穏やかに見えて実は芯が強い。頑固な気質も持っていそうで、この人を支えていく奥さんというのは賢くないといけないだろうなというのがわかる。英子さんというパートナーがいたから実現できたことは多かっただろう。

印象的だったのは食卓の風景。
いつも思う。豊かさの基準は経済ではかることが一般的だけど、実生活で豊かかどうかの見極めってやっぱり食卓だよなあ。1億資産があるとしたって、ファストフードやコンビニ食、いくら贅沢に見えたとしても毎度外食というのもなんだか寒々しい。現金やその人の持ち物を見せられないとリッチと感じないって、ほんとの豊かさじゃないような。
お豆やひじきやおじゃこであっても、きちんと手をかけて作られた食のある風景には幸福感が漂っている。心が潤っている気がするもの。

つばた夫妻の暮らしは私の理想。残念ながら修一さんは先に逝ってしまわれたけれど、90歳まで元気で幸せに生きたというのはすばらしい。しかも天晴な幕引きだった。
私たち夫婦もかくありたいと思う。Bは私のひとまわり年下だから、うまくいけば同じタイミングで逝ける(笑)。自然に囲まれた山暮らしを楽しんで、仲良く天寿を全うしたい。


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
# by miraicci | 2017-03-08 14:25 | | Comments(0)

足りなくてちょうどいい感じ

週末ごとに過ごすようになった「ふたりの新居」の話から。
築40年のその家にはすっぽりとキッチン設備がなく、風呂もなく、汲取式のトイレはなんとなく使いづらい(カビ臭いため撤去予定にしている増築部分にある)。電気はとりあえず契約したものの、水道・ガス・汚水管理の契約はしていない。
「新居」といっても、山仕事の後で寝るだけのシェルター的な役割。温泉街にあるので風呂は周辺で選び放題(笑)。トイレはお店とか公衆のとかですませ、なんとか問題をクリア。炊飯器と卓上コンロと冷蔵庫だけは持ち込んだので、簡単な料理もできる。手軽に調理できるよう炊き込みご飯だったり鍋だったりパスタだったりするけど、なんとか日常のごはんは食べられる。
洗い物は手早く。ボウルを洗い桶に、自然派の洗剤と限られた水で手際よくする(でもピカピカ)のもうまくなってきた。食後の団らんは、ヒーターの他に毛布を肩と膝にかけて暖をとる。ここはちょっと寒い地域なのだ。

テレビはないからその日のニュースも入って来ない。私たちが大事な出来事を知るのは、生活拠点である自宅に戻る翌日の夜。かつては朝の情報番組にはじまり、昼・夕方・夜のニュースと全部見て、新聞やネットもチェックして「知らないことは罪」とばかりにやっていた自分がいたのに。
新聞を取るのは去年やめた。結果として何も困ることはなかった。そして、こんな情報なし時間を送るようになると、それはそれで足りている。社会に無関心かというとそんな風にもなってはないし、ネガティブな情報に振り回されず、逆に公正に寛大に社会が見られるようになった気がするのは、、、気のせい?
なんでもかんでも「知るべきでしょ」と情報を押し付けられるのはね、と思うようになった。病気、虐待、放射能、戦争、貧困、動物愛護、、、世界にはたくさん問題があって、そのひとつに一生懸命な人は無関心な人を責めるけど、たとえば犬猫保護には熱心な人がトランスジェンダーに理解があるかというとそうじゃない。やっぱり誰でも関心があることしかきちんと関われないんだから。

足りないくらいでちょうどいいなーと思う。
返って充実していて、自分の目で物事が判断できる。
仕事も足りないくらいでいいんじゃないのかな。ワーカホリックになって心や人生を失うのは、ちょっともったいないよね。



1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
# by miraicci | 2017-03-07 11:20 | 日常のあれこれ | Comments(0)

沁みた時間

Bのしいたけ栽培場がある山はまるごとBのものではなくて区画ごとにオーナーがいる。と、いっても平地の「区画」ではないからそれなりに広大。お互いの土地がどれくらいか、たぶん自分たちでも把握できていない。
下の方に週末を優雅に過ごしていそうなログハウスの別荘と小洒落た山小屋風のお宅で暮らす家族があるくらいで、あとは得体の知れないオーナーが数人。植物観察を研究対象にしている方がその活動拠点にと土地を購入していたり、簡易的な家で気ままに一人暮らしする男性がいたり、さらに上ると自力で家を建てているイギリス人、とか。人の気配がするのはそれくらいかな。
そこからさらに険しいルートを上るとBの敷地で、近辺にはうまい具合に同じような自由さを持つ3オーナーが集まっている(本当はもうひとり近くにオーナーがいるけど、かれこれ1年姿を見ていない。たぶん山での活動を諦めたんだろう。もっと北にあるまちで古民家を買ったとも聞いた)。隣地には四国から来られているSさん。道を挟んだ向かいには岡山県南から来られているSさん。ふたりとも70歳前後で、Sさんは月に1度程度。Hさんは畑作りを楽しんでいるから10日1度くらいここにいるかな。冬は寒いのと道がぬかるんで上れないのとかで(唯一の車道が、山のハイキングコースなんかよりひどいダートコース。四駆でないとのぼりきれない感じだった。がっ、最近ちょっとラッキーなことに、ここが近所の工事のための通過コースとなり、道が簡易的に整備されることになったよー)長らくお目にかからなかった。それがやっと先日、3人顔をあわせた。

Sさんはときどき心細いことを言う。もし自分が倒れたら、二度とこの山には来られないだろう。「そのときはあなたが好きに使いなさいよ」とBに言ったこともあるらしい。昨日も「ぼくらは10年も生きてはいないだろうから、若いBくんの未来のために木を使ってくれたらいいんだから」と自分の敷地の木を自由に伐らせてくださる。
そしてHさんも「うちの木も伐ったらええが」。いつも元気に畑仕事に精を出し、いつかはここで暮らしたいからとコツコツ簡易的な小屋を整備していたそのHさんがぽつん。「もうここでは暮らせないかもしれんしなー」。一緒に老後をここで楽しみたいと思っていた奥様がご病気らしい。それが思わしくなくて、ひょっとしたら数ヶ月。「せめて80まで生きてほしいけど…」。奥様は私の母が亡くなった年齢に近い。Hさんはその頃の父と同じ年齢。Hさん、そんな話淋しすぎるよ。

よく働く日本人は、お金や仕事を優先して「やりたいことは定年後にゆっくりね」なんて考えがちだけど、ふたりの話を聞いていると定年後にはゆっくりする時間なんてなさすぎる。やりたいと思ったら、そしてそれが人生を豊かにすると思うのなら、お金や仕事なんかよりそっちに向かっていいんじゃないのかなとBと話す。
Sさん、Hさんは山での大事なご近所さん。3人3様でとても気ままにしているから、プライバシーの線引きみたいなのが自然にできていて(車は見えても顔は見えず、会話もしないこともある)、それでいて人里離れたこの空間で存在は心強い。Bのファームの理解者で、成功を楽しみにしてくれてる。私たちの仕事を一番近くで見て来てくれた大事な人だけに、先日の話はちょっと沁みた。
[PR]
# by miraicci | 2017-03-06 12:18 | グリーンライフ | Comments(0)

実践英語レッスンなのだ

国際結婚だというと、当然のように「英語力あるのね」と言われてきた。が、うちの場合、Bが片言で日本語しゃべってくれている。私はほとんど英語はできない。日本で暮らしているんだし、そういう夫婦があってもいいじゃ〜ん!と開き直っていたけれど、そうとばかりもいかないことによく直面する。

たとえば、Bの家族との会話や手紙等でのやりとり。Bの外人友だちを交えた会話。テレビの音声を「英語」に切り替える場合。

日本で生活する国際結婚とて、大抵の日本人妻は英語でコミュニケーションが取れるというのは、なるほど、そういうことであったかと。私、気づくの遅すぎるって。
私、昭和の日本人らしくとにかくすごいレベルの英語力だから、これを一体どうしてくれようとよく思う(が、全然勉強しない)。

Bも「もうちょっと何とかしろや」と内心思っているのだろうな。先日もこんなことがあった。
1泊しての山仕事に持って行くため、昼食に弁当を買った。ハンバーグ弁当だった。
「コレヲ英語デドウ言ウカ、アナタワカル?」「ん?ハンバーグのことでしょ?」。ヘンバーグ、ハンムバーグ、ハンベーギュ、、なんとなく英語に聞こえる発音をしてみたら、、、「アノネ。コレハ“ハンバーガーパティ”ダヨ(ふぅ←ため息)」。ほーーーー!!!!
と、こんな程度で感心しとる私の英語力ってホントに(涙)


1 クリックしてね!
⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
# by miraicci | 2017-02-27 16:31 | 日常のあれこれ | Comments(0)