50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
絵を描くせいかつ
at 2017-12-07 09:46
美しいものを見るのはしあわせ..
at 2017-11-30 10:18
生産者は疲れている
at 2017-11-01 17:59
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
環水平 アーク もしくは..
by 梅 at 08:04
こんな地味なページにうれ..
by miraicci at 22:27
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

年齢不詳で。

夫と私の年齢差は12歳(私が上!!)。はじめてバーで会ったとき、赤いキャップにラフな服装のBは実年齢よりもずっと若い印象だった。いくつ?と聞いたら30代だった。「私なんて、もう老眼の年だからね。あなたは若いねー」なんて恋愛対象になろうとは夢だに思わず。それからしばらくして観光案内役のような感じで再会したとき、Bがデートのような感覚でいるのを「いやいや、この年齢差ですよ!!!」と牽制。
そのとき言われたのが「日本人は年齢のことばかり言いすぎ!!それのどこに意味があるの?」。
うーん、たしかに。年齢を聞くって年功序列の日本スタイルを守るには必要だろうけど、世界では「だからどうした?」って感じだわな。

はじめて会話する日本人から聞かれることは決まってて「どこから来たの?」「なんの仕事してるの?(あるいは「英会話の先生?」)」「あなたいくつ?」なんだって。どこから来たの?はまあいいとして、年齢なんて聞いてどうするの?と思うらしい(それと初対面でいきなり仕事聞くのも不思議らしい)。

だから日本のテレビ番組で、逮捕された人や芸能人の年齢が名前とともに紹介されるのに違和感があったんだって。
私はどっぷり日本人だから、そういうのを当たり前に見ながら「この人、まだ20代だって。老け過ぎ!!」とか「へー!!この女優さん、もうこんな年齢だったのね」と言ってみたり。ニュースでも何でも、なぜか年齢とセットで紹介されるもんね。

そこに感化されたのか、ついにBからこんな告白。
「年齢聞くのはナンセンスと言っていたオレが、Nさんに初めて会ったときに“あなたいくつですか?”って聞いてたんだよ。Oh, no!!!!!」。
という風になってしまったBと、「私は63歳です」なんて明かしながら「ほら、実年齢より10歳若く見えるでしょ?」的な美容液系CMを「実年齢くらいにしか見えんよね」と悪態ついています。ほんと、大体その程度にしか見えないよね。
さらに言えば、高齢だからしっかりしてるとか頭がいいとか、若いから発想がユニークなんてのもないもんね。
年齢? たしかにたしかに。それがどうしたと思うわね。





1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
# by miraicci | 2017-07-06 10:10 | 日常のあれこれ | Comments(0)

情緒的なアプローチ

土曜日はきのこの勉強会だった。
ようやく講師が何を話しているのかうっすら解ってきたような気がする(けど本当に理解できているのか定かではない)3年目の参加。昨年、一昨年とほぼ同じ内容だから話を聞くのも3回目。そりゃあ理解できて当然というなかれ。パキパキの文系脳には生物の構造的なこととか顕微鏡で見える世界とか苦手意識が先立って、脳の動きがストップしてしまうものなのだ。私だけかもしれないけど。

さらに私、こんな勉強会に参加しながら「分類学なんてねー」と思っているところがある。所詮人間が便宜上作ったもので、自分たちのルールの中でかちっと枠組み決めてるだけのことじゃないかと。はみ出しモノやそのルールに納まらないものまで自分の理解内でねじ込もうとするから、意見が割れたりね。
分類するためにきのこを理解したいわけじゃないから、という言い訳で私はいつまでたっても「何科の何属のなんという名前」はわからないでいる。ああ、そんな名前聞いたことあるわ程度の理解。

図鑑には大きさや色形のことや発生環境や毒性や味、におい、胞子の形状などが書いてある。
先日、そんなひとつを「これは何?」と同定していた時に思ったこと。誰かが調べた図鑑に、その種のにおいについて「いやな臭い」というような記載があって、それを読んで嗅いだ人が「臭い気がする!」。別の人は「そんなに臭いかな?」。何人かが嗅いで、ある人が小さな声で「ぼく、塩素のような臭いに感じるんですけど、鼻がおかしいのかも、、、」。続いて回って来た私にも「確かに薄い塩素のような」。
これは不快な臭いというよりむしろ清潔感を連想させるようで「これ、衛生臭といった方がいいんじゃない?」と言ったらくすっ。ね? そうだよ。私なら図鑑にそう記述するよ。

図鑑を構成するのに生物学的な研究者だけじゃなくて、情緒的な見方をする人を加えてもいいんじゃないかしらん。理系に強い人で絵を描いたり文章を書いたりは大の苦手という人を結構たくさん知っているから(そして私はその真逆)、人間の脳って偏りはあると思うんだよなぁ。それぞれの見方で図鑑を作ったらきっとおもしろい。
私は色やにおいを「それそれ、そうそう」という表現で出して行くことができるしね。情緒的な主観でできた曖昧な図鑑もおもしろかったりして。数値化できるものだけが大事な情報ってわけじゃないしね。

写真は昨日、山で見つけた地下生菌。ショウロの仲間かな。
白いのがぽろっとあるのを見つけて、そのまわりや「ここ怪しい」あたりを熊手で掻いたらぽろぽろ出てきたよ。

b0250223_14334002.jpg
b0250223_14334189.jpg
b0250223_14334121.jpg





[PR]
# by miraicci | 2017-07-04 14:41 | グリーンライフ | Comments(0)

タイムスケジュール

日曜日に自宅にいるなんて久しぶりのこと。大抵は山にいるからなんでもないことが新鮮だった。

朝はトーク番組、ビジネス系番組、ニュース、それから「日曜美術館」。101才の女性画家の密着で、作品よりも人間紹介としてなんだか愉快だった。開催中のアートイベント情報のコーナーでは茂田井武展のこと。「セロ弾きのゴーシュ」の絵本でもおなじみの絵本画家で、私も好きなひとり。絵本以外の作品も盛りだくさんな企画展を今東京でやってるって。いいなぁ。

あれこれ用事をすませてオーガニックのイベントへ。
最近は岡山駅周辺で買いものすることないし、おしゃれ情報を吸収しようと言う意欲もないし、あれほど好きだったアート展なんかもほとんど興味が失せて、よっぽど食指が動かないと出かけない。山に行くとなるとしっぽを振るくらいの勢いなのにそのお尻は重く、なんかこう特別な「街に繰り出す」という感覚。自転車でも行ける距離なのに。
今回の行動は、いつかはこういうのに出展するかもしれないというので、予習的に「勉強させていただきます」ということで。

友人を誘ったらちょっと楽しくなった。オーガニックなブルーベリーを育てる生産者の店で、豆乳と甘酒を混ぜたドリンクを飲む。さっぱりおいしい。ステージもあって素敵な演奏に聞き入る。そんなお客の中に、たくさんのステージで活躍する友人の歌姫の姿も見つけ、またちょっと楽しくなる。うん、やっぱりたまにはこういうフィールドに出て行かないといけないね。最近、引きこもりすぎだったわ。

街中をテクテクよく歩いた。こんなところにもあじさいは咲いているんだな。


b0250223_18344228.jpg
昼頃帰って、こんどは自転車。
少しずつ飲めるように缶入りのワインを買って「父の日」に。いい大人なのに、今の私にはこれが精一杯だ。

今日はよく動き過ぎ、夕方少し寝る。
冷凍庫にレモングラスをストックしていたことに気づいて、牛乳やパクチーなんかも駆使してなんちゃってタイ風カレーを作るも、ただのカレーになった気がする。なんでもない日曜日。






1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
# by miraicci | 2017-06-18 18:48 | 日常のあれこれ | Comments(0)

山暮らしはすてき

待っても待っても仕事がやって来ず、勝手に平日休業。山に逃避した。
よし、今日は家の仕事をしようねとBが言う。GWくらいから週末は山小屋で過ごすようになり、ここでの時間が増えてきた。新しく風通しのよい窓を取り付け、食器や調理器具を収納する棚を作り、壁にクロスを貼って、どんどん快適な空間になったらさらに欲が出てきちゃったから。
Bはもらいもののカウンターテーブルを使ってフォールディングタイプのテーブルにするという。彼が頭で描いていた設計図を形にする間、とくに手伝うこともなさそう。おお、そうだ。私は外用のテーブルを作ることにしよう!
寄せ集めの古い資材はいろいろあるので、手頃なサイズを集めて長さを測ってBに切断だけ頼む。それに電動カンナをかけ、きれいになったのを金槌で打ち込んで、、、
b0250223_18120083.jpg
オイルステインを塗ったら完成。脚はそこにあった金属フレームを活用。テーブルトップだけ作ってそこにはめ込むようにしている。

b0250223_18134390.jpg
さて、その間にBはテーブルの取り付け。
b0250223_18141988.jpg
立派なフォールディングテーブルが完成していたよ。びっくり!

b0250223_18143959.jpg
続いて外にキッチンスペースの作成。
b0250223_18154374.jpg
うわうわー、こんなのができた!!!後日この洗い桶に穴をあけてパイプをつなぎ、地面に穴を掘って排水するように。ほとんど汚水を出すことはないけれどね。

b0250223_18174859.jpg

ああ、ますますたのしい山暮らし。このままここに住みたいわー。









1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
# by miraicci | 2017-06-17 18:28 | グリーンライフ | Comments(0)

おたく的生活

昨日はきのこ仲間と自主活動。
アマチュア研究家として熱心な活動を続ける方や各地の観察会等で講師をつとめる方などメンバーは超豪華。私が永遠のアマチュアであるのは言うまでもないことだけど、あわせて永遠のビギナーであることも間違いなし。観察会等に参加するようになって10年超え。きのこを基礎から学べるなかなか本格的な勉強会にも顔を出し、その上まわりはこんな豪華な研究家に恵まれているというのに、もうぜーんぜんきのこの名前を覚えることはなく、ただ見つけるだけで満足している永遠のド素人。
最初は特徴などを丁寧に教えてくださっていた方も「もうこの人は仕方ない」と見切ったか、あれこれ指南もされなくなって野放し状態。そのうちに心は虫にとりつくきのこにとりつかれてしまい、虫草仲間と「こんなん見つけた」と報告し合っては自由気ままにやっている次第。

みんな各々好きなきのこジャンルに突き進んでおり、それぞれ専門の「きのこ目」が磨かれている。
昨日は地下生菌に目覚めて猛進しているNさんが「このあたりでアオゾメクロツブタケを見つけた」という。地下生菌の一種。
b0250223_13091694.jpg
地下生菌っていうのはトリュフのように地面に潜って発生するきのこのことね。というと「地下なのにどうやって見つけるのよ」と聞かれるんだけど、きのこに通じている人の知識や経験からくる勘ってやつをあなどっちゃいかんのよ。
どういう木があってどういう地形・地質をしているかというのからあたりをつけて「なんかありそうな」と軽く土を掻いたらあった、みたいな。私はこのあたりにあるはずよというアドバイスを聞いてから白・黒のトリュフを見つけたことはあるけど、自力では土から少し顔を出していたチチショウロやホンショウロやジャガイモタケを見つけた程度。ものすごく知識が広いきのこ仲間のKさんは、「こういうところにあるんじゃないかなと思ったらやっぱりあったのよ」とピンクの地下生菌を見つけたとかいう話。すげぇ!

私の目は完全に冬虫夏草に向いているみたい。
地下のものや大きなものには全然目がいかないけれど、小さなものにはとたんにフォーカス。老眼だから小さいのは苦手なはずだし、きのこ仲間にさえ「どうやって見つけてるの?」と言われるけど、見つける意識はほとんどなくて目に飛び込んで来るという感じなんだよね。
b0250223_13103042.jpg
あ、これはBが見つけたやつだった(笑)
今朝カフェで珈琲のみながら虫草をテーマにした一冊を完読。その中で紹介されていた本が気になって、先ほど冬虫夏草研究の第一人者の方が書いた本を注文したとこ。永遠のビギナーもビギナーなりに突き進んでおり。いや、ズブズブと底なし沼に沈んでいるような、そんなこの頃。




1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

[PR]
# by miraicci | 2017-06-14 13:31 | グリーンライフ | Comments(0)