50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
なんやかんやいろいろあって
at 2018-06-28 12:11
ワンコインリフォーム
at 2018-04-12 11:00
勉強するのはなぜか私
at 2018-03-29 13:11
以前の記事
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
梅さま、いつもありがとう..
by miraicci at 09:07
今から楽しみです。 予..
by 梅☆ at 07:46
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

クラウドファンディングはイベントにはいいけれど

われら夫婦は2016年に入籍した。
で、その年の春に菌を植えてしいたけ数種類のテスト栽培を開始して、
2017年に1000本のほだ木を自力で手に入れて本格生産をスタート。
温めてきた想いとこれからの生活のためにと夏から行動を移して、
ウッドワークの機器や太陽光設備のあれこれを購入。
はい、Bはほぼ全財産を投入したのです。

こうして地道にコツコツ仕事の道を作っていると
「補助金制度を使ってお金をもらえばいい」と
「クラウドファンディングでお金を集めれば?」は必ず助言される話。

補助金制度の中にはいろいろ制約もあって
自由にやりたいことをやるというのにブレーキがかかってしまうものもあり、
行政の思惑も絡んで、本来の自分のやりたいこととは若干異なるカタチに
ならざるを得なかったというような事例も耳にした。
なにより煩雑な手続きはBには難しい。え、私?
それはもっと苦手かも。

クラウドファンディングにはふたりとも思うところがある。
もし私たちがなにか開発をするのなら、
その設備のために資金を募ったり開発資金として協力してもらい、
これを元にできたものを優先的に特別価格で頒布する
というスタイルのものなら「やってみたい」と思う。

けれど、今日本で聞くほとんどのは
お金を100万集めています。1万円協力したくれた人にはこれ、
3000円協力してくれた人にはこれ、と
後でなにかを謝礼的にプレゼントするような(というイメージ)。

イベント的にはありだし、みんなで盛り上がりもするのだけど
そしてもちろん受け手として感謝の気持ちはたくさん出るとしても
軌道に乗った頃に約束の物を送らねばならないというのを考えると
時間や気持ち的に「その余裕はあるのだろうか?」と躊躇。

もし、「がんばる人を応援したい」という気持ちが心からあるのならば
クラウドファンディングではなくて
まだカタチにならない段階で先にモノを買う・紹介するということで
起業する人や立て直しを図る店が軌道に乗ることを
応援し続けることになるんじゃないのかな。

がんばっている新進作家さんにいいねと言いながら
個展では「見るだけ」とか
がんばって自然農法に挑む農家さんの野菜を
「スーパーより高い」と買わないとか
がんばって店をオープンさせた夫婦に
「応援してる」と言うだけで店に行かないとか
クラウドファンディングというカタチにならお金を出す人が
身近ながんばりを応援してないことっていっぱいある。

ということを書いてみたのは、
しいたけを販売したり木の製品のネットショップを開設したりしたことで
見えてきたものがいっぱいあるから。

親しいおつきあいをしているわけではない方が木の作品を購入くださったり
「これはあなたの技術にもつながるだろうから」と陰で注文入れてくださったり
「しいたけがたくさんできた時に」と販路を提案してくださったり
「どんな状態でも全部買うからがんばれ」と助けてくださったり

その一方では
知らない人から「しいたけの試食用(無料)はないの?」とねだられたり
お店の人から「しいたけ作ってる?持ってきたら買ってあげるわ。安くね」とか

表面上はニコニコやんわり対応するものの
価値基準が違うのだろうし、「もらっていただかなくて結構」と私は高飛車です。
その上、ふたりともとても要領が悪いことも自覚しています。

私たちに限らず、続けて行くためにはお金も要る。
もしクラウドファンディングにはお金を出せるという余裕があるのなら
そういう人や店に日頃から愛の手をと思う。
まちの小さなお店がつぶれたり、素敵な作家が本業を離れたりしたときだけ
「ああ、惜しいね」とならないために、
全部が全部応援できないけれど、私もその気持ちはあるのです。


ということで、これを軌道に乗せないといけないため必死です。
が、営業が苦手なふたりゆえ、どうしてよいのかわからないのも現実。
「これもひとつのクラウドファンディングだ」と
思って「助けて」くださるとうれしいわ(笑)

好きなことをおやりなさいとまるっと投資くださるのも歓迎よ!
↑ただしスポンサーの言いなりにならないわれら


1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by miraicci | 2018-02-23 08:59 | しごとの風景 | Comments(0)