50歳で再婚。カナダ人の夫“B”との毎日はシンジラレナ〜イ異文化体験の連続!
by みらい
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
プロフィール
たべもの
健康生活
しごとの風景
グリーンライフ
雑貨・カフェ
音楽・アート
スピリチュアルなはなし

名所・観光
日常のあれこれ
最新の記事
なんやかんやいろいろあって
at 2018-06-28 12:11
ワンコインリフォーム
at 2018-04-12 11:00
勉強するのはなぜか私
at 2018-03-29 13:11
以前の記事
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
最新のコメント
梅さま、いつもありがとう..
by miraicci at 09:07
今から楽しみです。 予..
by 梅☆ at 07:46
そうそう!!!その「なん..
by miraicci at 09:35
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ナチュラルライフ
画像一覧

自然発生的コミュニティ

自宅と山とを行ったり来たりの暮らしだが、もうひとつ大事な拠点がある。拠点というよりシェルター的な感じかな。酷暑や極寒で山小屋では無理!と思ったタイミングで逃げ込めるとこ。築40年の家だが状態はかなりよく、少しのリフォームで素敵な家になることはわかる。わかるけどお金はないし、ここに住む気もないから「小屋」のような感じ。電気は契約したけれど、キッチン設備もトイレもないから(汲取式のがあるけど使いたくない)水もガスも契約していない。

物理的なことだけではなくて、住みたくないのは他に理由がある。

それは地域活動。ごく近くの方々は親切に接してくださる一方、次第にここには狭い仲間意識があることが感じられるようになった。飲食店が集中するエリアだが、そんなサービス業をやっているような人でさえ、あちらから挨拶をすることはない。目を合わせようともしない人もいるしね。
それが日本の田舎なのだと私には薄々わかるけれど、外人のBにすると、友だちを作ろうとして居酒屋的なところでしゃべったことが曲解でもされて「あいつは悪い外人」とでも言われているんじゃないだろうかと、恐々としてたことすらあった。
さすがにそれはないと思うけれど、ヒソヒソ何をささやかれているかはわからない。狭いコミュニティは受け入れる度量は狭いのだろうなとこちらも判断して、できるだけ接触がないように利用することにした。そもそもシェルター的な利用だけなのだし、町内会には入っていない。地域活性とかいろいろ言うけれど、それを望んでいないのは実は昔から暮らす住民そのものなんだろうと思う。衰退や過疎化は不便だから生まれるんじゃない。

ひるがえって。
山の住民というのはとても感じがいい。山のふもと近くには一人暮らしの男性、初老のご夫婦、関西から移住されたような若い家族がいて、ここまではきちんと「家」を作って生活されている。唯一の車道(?)から小径を入ったところに、ひっそり居住する人がいることもごく最近わかってきた。
中腹からは自由気ままな利用者のパラダイス(笑)。生活拠点とガーデンをコツコツ築いている外人S、四国から年に何度かやってきて自由な時間を楽しむSさん、仕事の合間を縫って有機的な菜園を作っているHさん、他県から移住して「いつかはここで生活を」と夢見る素敵なご家族、そして私たち。これまでに1,2度姿をみかけたご家族は、プライベートキャンプのためだけに土地を購入されたんだろう。たまーに訪れて植物研究をするために土地を確保している男性もいる。
ほとんどみんなこの地区とは関係ないところから集まった移住組で、それも他県からの方が多いゆえに土地についてはわからないことだらけ。そんなときに頼りになるのが農家のYさんで、山を下りた近くの地区に住まう彼が頼みごとに応えてくれたり知恵をくれたり。
町内会の類いはないけれど、山の住民それぞれに会えば情報交換。どこにきれいな水が湧いているかとか、電気やトイレはどのように作っているかとか、砂利はどこで調達しているとか。自力でやらないといけないことが多いから、こうした情報提供や協力は惜しまないというのがみんなの「当たり前」なのだ。
人里離れた山に住む人は、よっぽどの変人か人嫌いなんだろうと以前には思っていたものだけど、、、、確かに雑多な人間関係の煩わしさからはずれたいという気持ちがあっての山暮らしだけど、決して人間嫌いなどではなく。逆に思いやる心が広い方が多く、「水がないならうちのをどうぞ」「薪がいるならとりあえずこれを」「いい水源を教えてあげますよ」「道が通りづらかったから私が直しておきますね」「コーヒーでも飲みに来ませんか」と、本当に素敵な人たち!
助け合いの精神というのが自然に生まれている。これこそがコミュニティだよなーと思う。義務や縛りをともない保守的なものと違って、ほどよい距離感と結束で気持ちがいい。私、人生の最後に住むならここがいい。
そんな昨日、夫婦で一緒に住むことを夢見ていたHさんの奥様が亡くなられたと聞いた。ご近所になるはずだった方がひとり減ってなんだか寂しい。Hさん、ひとりでもここで暮らしたらいいじゃない。私たちみんなで集まって楽しく暮らそうよと話した。


1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
# by miraicci | 2018-03-05 09:16 | グリーンライフ | Comments(0)

クラウドファンディングはイベントにはいいけれど

われら夫婦は2016年に入籍した。
で、その年の春に菌を植えてしいたけ数種類のテスト栽培を開始して、
2017年に1000本のほだ木を自力で手に入れて本格生産をスタート。
温めてきた想いとこれからの生活のためにと夏から行動を移して、
ウッドワークの機器や太陽光設備のあれこれを購入。
はい、Bはほぼ全財産を投入したのです。

こうして地道にコツコツ仕事の道を作っていると
「補助金制度を使ってお金をもらえばいい」と
「クラウドファンディングでお金を集めれば?」は必ず助言される話。

補助金制度の中にはいろいろ制約もあって
自由にやりたいことをやるというのにブレーキがかかってしまうものもあり、
行政の思惑も絡んで、本来の自分のやりたいこととは若干異なるカタチに
ならざるを得なかったというような事例も耳にした。
なにより煩雑な手続きはBには難しい。え、私?
それはもっと苦手かも。

クラウドファンディングにはふたりとも思うところがある。
もし私たちがなにか開発をするのなら、
その設備のために資金を募ったり開発資金として協力してもらい、
これを元にできたものを優先的に特別価格で頒布する
というスタイルのものなら「やってみたい」と思う。

けれど、今日本で聞くほとんどのは
お金を100万集めています。1万円協力したくれた人にはこれ、
3000円協力してくれた人にはこれ、と
後でなにかを謝礼的にプレゼントするような(というイメージ)。

イベント的にはありだし、みんなで盛り上がりもするのだけど
そしてもちろん受け手として感謝の気持ちはたくさん出るとしても
軌道に乗った頃に約束の物を送らねばならないというのを考えると
時間や気持ち的に「その余裕はあるのだろうか?」と躊躇。

もし、「がんばる人を応援したい」という気持ちが心からあるのならば
クラウドファンディングではなくて
まだカタチにならない段階で先にモノを買う・紹介するということで
起業する人や立て直しを図る店が軌道に乗ることを
応援し続けることになるんじゃないのかな。

がんばっている新進作家さんにいいねと言いながら
個展では「見るだけ」とか
がんばって自然農法に挑む農家さんの野菜を
「スーパーより高い」と買わないとか
がんばって店をオープンさせた夫婦に
「応援してる」と言うだけで店に行かないとか
クラウドファンディングというカタチにならお金を出す人が
身近ながんばりを応援してないことっていっぱいある。

ということを書いてみたのは、
しいたけを販売したり木の製品のネットショップを開設したりしたことで
見えてきたものがいっぱいあるから。

親しいおつきあいをしているわけではない方が木の作品を購入くださったり
「これはあなたの技術にもつながるだろうから」と陰で注文入れてくださったり
「しいたけがたくさんできた時に」と販路を提案してくださったり
「どんな状態でも全部買うからがんばれ」と助けてくださったり

その一方では
知らない人から「しいたけの試食用(無料)はないの?」とねだられたり
お店の人から「しいたけ作ってる?持ってきたら買ってあげるわ。安くね」とか

表面上はニコニコやんわり対応するものの
価値基準が違うのだろうし、「もらっていただかなくて結構」と私は高飛車です。
その上、ふたりともとても要領が悪いことも自覚しています。

私たちに限らず、続けて行くためにはお金も要る。
もしクラウドファンディングにはお金を出せるという余裕があるのなら
そういう人や店に日頃から愛の手をと思う。
まちの小さなお店がつぶれたり、素敵な作家が本業を離れたりしたときだけ
「ああ、惜しいね」とならないために、
全部が全部応援できないけれど、私もその気持ちはあるのです。


ということで、これを軌道に乗せないといけないため必死です。
が、営業が苦手なふたりゆえ、どうしてよいのかわからないのも現実。
「これもひとつのクラウドファンディングだ」と
思って「助けて」くださるとうれしいわ(笑)

好きなことをおやりなさいとまるっと投資くださるのも歓迎よ!
↑ただしスポンサーの言いなりにならないわれら


1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
# by miraicci | 2018-02-23 08:59 | しごとの風景 | Comments(0)

得意分野だけがんばるのだ

Bはあれで、きれいできちんとしたものが好き。
だからウッドワークも「なんでこんなに時間をかけるのだ?!」というほど細部にも気を配って丁寧に丁寧に仕上げる。
私たちのウッドワークは電動ツールを使って削り出しを行うのだけど、その図面を書いたりデータを入れたりはB。ツールの選択や時間やサイズの設定はしていても、思わぬ時間がかかったりうまくいかないこともあるので、そのデータもメモにとってきちんと残してある。いろいろ細かい。
で、私はというと、完成度よりは感性度を重視するタイプ。アイデアだけはたくさん浮かぶから、それをちゃちゃちゃーっと仕上げて満足。不完全でもカタチになればうれしいし、返ってその不完全さを愛しむタイプ。

そんなだからBの作業に手出しをしようとはぜーんぜん思わない。
「もう十分じゃん!」とかはこっそり思うけど、本人が納得してこその仕事だから、まあそこは尊重。
でもって仕上げの作業だけ参加という具合。

ところがね。
こんなにちゃちゃちゃーっとが好きな私である一方、不思議なくらいきれい好きな面もあって「きれいなものはきれいにしたい」というのも私。
ここまで丁寧に仕上がったものを前にては、いい加減は私の気持ちが許さない。
なので、磨きの工程となると電動のやすりがけできれいにした上でもさらにこまかい箇所までチェックして小さなツールで削りにかかったり、オイルも何重にもかけて磨きあげたり。
そんなこんなでできたものに愛着がわいて仕方ないのよ。

その上、日頃の仕事で鍛えた宣伝力というのがむくむくと起き上がり、すぐにこんなものを作ってしまうという。
b0250223_20031516.jpg

デザインはできないから本職のようにはいかなくとも、写真の上に文字を置いただけで、なんとなく素人目にはごまかせるでしょう(笑)
こんなものをちゃちゃちゃーっと作るツマですよ。
それぞれの持ち場でがんばっておりますのよ。応援してね。



1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
# by miraicci | 2018-02-22 20:10 | しごとの風景 | Comments(0)

やっぱり辞めていないのだった

もう仕事なんて〜と心がザワついたのは、結局のところ1日でした。
そりゃね。たまには暴れたくなるほど「やりたくない!」ってことだってあるのです。反抗期のような。
けれど、いざ作業に取りかかるとスイスイ調子が出てきたりして。
単純ゆえにまだ仕事を続けています。今日もコピーを書いてます。

パートナーの仕事も新たな局面。
結婚当初すでに「ウッドワークやりたい」というようなことを確かに言っていたのですが、私が全然本気にしてなかった(笑)
そしたら本当に本当に本気だったようで、私の見えないところで着々と準備を進めて、気づいたときにはデザインも製作もできるようになっていたという。


私がぼんやりしすぎでしょうか。


今さらですがあれこれ協力しています。
ネットで販売してみたいというので、手始めにminneに登録してみました。
これこれ
写真を撮ったりコピーを書いたり、いつもの仕事の延長のようなものですがこれが楽しい。
さっそくお問い合わせをいただいたりご購入いただいたりでうれしいことです。


ご覧くださいね。シェアも歓迎!


1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
# by miraicci | 2018-02-14 13:07 | しごとの風景 | Comments(0)

降りようと思ったはなし


仕事に対してはそれなりの期待に応えられる自信もあるし、友人関係もつつがなく、わりとバラエティに飛んだ仕事や人間関係を築いていると思う。が、最近の私はそのすべてをぶちこわしたくて(安心して。仲良しさんとの関係性は大事にします!)
仕事がらみの関係性にはこれでも割と気を遣っていて、まあここで私がグッと飲めばスムーズに運ぶだろうとはいはいと聞くことも少なくなかったのだけど、それは相手がプロだと思えばこそ。もう毒を吐いちゃうけど、最近、ご自身の学歴・職歴や会社の名前はひけらかすのにちっとも仕事ができない人(おおむねディレクター的な立場ね)に遭遇するのが何度かあり、仕事がぜーんぜん面白くなく。逆に信頼していた営業さんやディレクターさんやデザイナーさんが新天地へと向かわれることが続き、ますます面白さ激減。

そんなこんなで私の精神が廃れ切ってしまった頃に小室哲哉が引退するっていうじゃないの。
そうかー、こんな人でもボロボロになって辞めちゃうんだ。

はっ、辞めていいのか!

子育てのときも親が病気のときも自分自身の体がしんどかったときも、少しセーブしたりはしたけれど辞めなかったのはなぜだろう?とつきつめたら、仕事が好きというよりも「クライアントさんに迷惑かけられない」というのがあったんだなって。
この私が、自分より他人を先に考えていことにドキッとした。
では、今の私が私のことだけ考えるなら、この仕事を続けたいの?と自問したら「いいえ。、、、いえ、わからない」。
書くことは好き。企むことも好き。でも、仕事だからと面白みのない案件に携わるのはもうごめんだ。そういうのに限ってギャラの面では申し分なかったりするのだけど、担当者に振り回されて神経すり減らすのには見合わない。
依頼された仕事をディレクター的な立ち回りで外注するのも下手。クライアントのこと、デザイナーやカメラマンのこと、双方にメリットがあるようにと思うあまりに自分はボランティアになって、どちらにも頭を下げてというのも正直疲れたんだよなー。

今さらー?
そんなのわかってたことじゃないかー!!
、、、、だよねぇ(笑)

なのに悶々としてる私です。
しいたけさんは上半期の双子座をこう暗示しておいで。
ああっ!はぁ〜!
思い当たりすぎてこわいくらい。今は、そういう時期なのね。

うんうん、空白をたのしもう。


1 クリックしてね!⬇ ⬇ ⬇ 
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
# by miraicci | 2018-01-22 09:43 | しごとの風景 | Comments(0)